寺尾さとしのブログ

日本共産党前千葉県議会議員・千葉2区医療福祉対策委員長・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2021年04月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、日本共産党前千葉県議会議員。衆議院千葉2区(千葉市花見川区・習志野市・八千代市)予定候補。市民と野党の共闘で自公政権を終わらせ、国民・県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

訪問活動とともに花見川区長作台の廃棄物投棄現場に伺いました

4月も最終日。昨日とは打って変わって汗ばむような陽気になった今日は、午前中は検見川地域、午後は長作地域で訪問活動を行いました。


その後、もりた真弓市議とともに花見川区長作台で問題となっている廃棄物の投棄現場に伺い、住民のみなさんから状況を聞きました。


現地を見てみると住宅街に隣接する敷地に建築廃材やがれき、畳、一斗缶などが積み重なって捨てられ、地面が盛り上がっている状態でした。どう考えても産業廃棄物が含まれていそうです。


住民のみなさんにはまったく情報がなく、数年前から運び込まれいつの間にかこうした状態になっていたということ。虫が発生したり、劣化した廃材のシートが飛散したりするなど被害も出ています。廃棄物は住宅との境界であるブロック塀に寄りかかるように投棄され倒壊の危険もあります。火災も心配です。


もりた市議から市を通じて所有者を確認し対応を求めることにしましたが、住民のみなさんの不安を速やかに取り除いてほしいと思います。


IMG_4589
花見川区長作台の廃棄物投棄現場で

IMG_4586
IMG_4581
畳の下にも何か埋まっているのではないかと思わせます

5月に開催される幕張・若葉食材もってけ市にご参加を

千葉市は久しぶりに一日まとまった雨になりました。午前中は花園、会議を挟んで午後は朝日ヶ丘で訪問活動に取り組みました。


さて民青同盟が学生のみなさんに向けて行う食料支援活動「食材もってけ市」が5月も開催されます。5月16日は第3回目の幕張食材もってけ市。午後1時から会場は前回と同じ幕張公園です。


そして5月22日には初めて若葉区での開催となる第1回若葉食材もってけ市。千葉市内で4ヶ所目のもってけ市になります。若葉区には母校である東京情報大学、植草学園大学があります。午後1時から会場は千城台公園です。


コロナ禍で苦しむ学生を直接支援するとともに、学生の願いに応える政治を求めて政府や自治体を動かすとりくみでもあります。学生のみなさん、ぜひご参加ください。


「障害者の権利と生存権を守れ」-千葉市を訴えた天海正克さんの裁判判決が5月18日に行われます

今日は日曜日に続いて習志野市で街頭宣伝。風が強い中でしたが荒原ちえみ市議、入沢俊行市議、谷岡隆市議とともに訴え、「高齢者の医療費2割負担は絶対にやめさせてくれ!共産党はもっと力をつけてがんばれ」という方などたくさんの声援を受けました。


そして今日はしんぶん赤旗に注目すべき記事がたくさんです。1面には共産党の志位委員長と立憲民主党の枝野代表が会談し、総選挙に向けた協力のための協議を開始することで一致したこと、3面には核兵器禁止条約の批准を求める滋賀・米原市長と京都・亀岡市長のインタビューが掲載されています。


SCN_0141 (2)
天海裁判について伝えるしんぶん赤旗


しかし今日は何といっても14面、千葉市に住む天海正克さんが千葉市を訴えた「天海訴訟」の判決が5月18日に千葉地裁で行われます。


障害者総合支援法7条にある「介護保険優先原則」によって、65歳になると障害福祉サービスを利用していた障害者も介護保険申請を強いられ、介護保険サービスを利用することを求められます。


脳性麻痺で障害がある天海さんは介護保険サービスの利用で1割負担を強いられ、障害が重い人ほど負担が重くなる「応益負担」は許されないと介護保険申請を拒否。ところが千葉市は介護保険申請をしなかった天海さんの障害福祉サービスの利用を却下しました。天海さんは「千葉市が障害福祉サービスを打ち切ったのは憲法25条(生存権)違反」だと裁判に立ち上がりました。千葉市の対応については県議会でも取り上げ、県に指導を求めてきました。


同様の問題で岡山市の浅田達雄さんが提訴した裁判は、2018年12月に広島高裁で浅田さんの勝訴が確定しています。天海さんもぜひ浅田さんに続きたい。5月18日の判決に注目です。


IMG_4578
習志野市内で荒原ちえみ市議と訴える寺尾さとし

訪問介護・通所介護の従事者にもワクチンの優先接種を-千葉市に申し入れました

25日に投開票された衆参の補欠選挙・再選挙での野党統一候補の勝利の興奮も冷めやらぬなか、今日は朝の新検見川駅で中村きみえ市議、もりた真弓市議と訴えた後、幕張北地域での訪問活動を経て、午後は千葉民医連の加藤事務局長と介護サービスを行う千葉勤労者福祉会の門脇さん、ヘルパーステーションなのはな幕張の小松さん、中村市議、かばさわ洋平市議とともに千葉市に介護従事者へのワクチンの優先接種を求める申し入れを行いました。


IMG_3385
介護従事者への優先接種を千葉市に求める参加者


新型コロナのワクチン接種が医療従事者や高齢者から始まっていますが介護従事者については後回しにされています。厚労省の「接種順位の考え方」では、医療従事者への接種に続いて高齢者への接種が行われ、その後高齢者以外の基礎疾患を有する者、高齢者施設等の従事者等への接種、60~64歳の者という順序で進められることになっています。


接種順位の考え方
厚労省の「接種順位の考え方」


高齢者施設等の従事者は原則、入所・居住系施設に限られていますが、加藤さんたちは訪問介護・通所介護など在宅高齢者へのサービスを行う従事者などについても優先接種を求めました。厚労省は事業所が意向を示せば市町村の判断によって優先接種の対象にすることを可能としており、速やかな対応が求められます。


市の担当者からは「ワクチン供給量との関係で優先順位がつけられており人数把握が必要になっているが、患者や濃厚接触者に直接接する事業所が意向を示し登録すれば優先接種の対象にすることは可能」と答えました。


加藤さんや門脇さん、小松さんらは「優先接種を受けるための手続きをすること自体がハードルになる」「通所系の施設でもクラスターで業務停止になっているところもある。ヘルパーは身体介護など利用者と密着せざるを得ないサービスを行っており、自分が感染しないためにも相手に感染させないためにも優先的に接種させてほしい」などと訴えました。


市からは「訪問・通所系でも入所施設と併設されていれば同時に接種は可能」という答えもありましたが、そこにとどまらずぜひ要望を受け止めてほしいと思います。


また65歳以上の高齢者にワクチン接種券が送られ、コールセンターや医療機関に問い合わせが相次いでいることについても実態を訴えました。訪問診療や長期入院患者への対応などワクチン接種が困難な事例も明らかになりました。市として相談窓口を拡充するなど対応を強化することが必要です。


ワクチン接種に関して様々な課題を認識することができました。市側からも「現場のみなさんの率直な提案を伺いたい」という声があがるなどこうした機会は重要だと実感しました。どうもありがとうございました。


1619528869000.
朝の新検見川駅で中村きみえ市議、もりた真弓市議と訴える寺尾さとし

習志野市内で街頭宣伝-たくさんの応援と街頭での対話に励まされました

今日は習志野市で街頭宣伝。よく晴れて気持ちのよい天気の下、入沢俊行、荒原ちえみ、谷岡隆の各市議とともに訴えました。


1619350026580.
入沢俊行市議と

1619349996691
谷岡隆市議と


各演説箇所には地域のみなさんに加えて寺尾さとし勝手連・「寺尾組」のみなさん、持続化給付金の申請支援などを行った事業者の方などたくさんの方が応援に駆けつけてくれました。演説を聞いてくれる方がたくさんいるのはやっぱり気合いが入ります。大感謝です。


今日から東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に3度目の緊急事態宣言が発令されましたが、まさにやるべきことをやってこなかった菅政権による人災です。


ある演説箇所では年輩の女性が話しかけてきて「うちは自民党のポスター貼ってあるけど菅さんはダメ。落としてちょうだい、入れてあげるから」と訴えられました。別の場所では「消費税引き下げ!生活保障しろ!」と叫んでいく男性も。怒りが渦巻くなかで情勢の激変が起こっています。


今日行われた衆参補欠選挙・再選挙。衆院北海道2区と参院長野選挙区は野党統一候補が見事に勝利!あとは参院広島の再選挙です。菅政権の終わりが見えてきました。

無償教育の実現へ教育予算の抜本的増額を-学生班の学費・奨学金学習会や青年訪問に参加しました

4月最後の土曜日。午前中は民青のみなさんと青年訪問。「息子が寺尾さんのファンなんです」というお宅や、本人には会えなかったもののご両親が「いよいよ総選挙だね。がんばってよ」としんぶん赤旗を購読してくれたりと確信の深まる行動になりました。一方で働き方など切実な実態もつかまれ、さらなる対応が求められます。


IMG_4575
民青学生班の学習企画「大学では話せない学費・奨学金のコト」


午後は民青学生班の企画「大学では話せない学費・奨学金のコト」に参加。講師は千葉大学名誉教授で「奨学金の会」会長の三輪定宣さんです。首都圏の私立大学生の月平均仕送り額は1994年の12万4900円から8万2400円へと66%に低下し、家賃を差し引いた生活費は18200円(1人あたり607円)と信じられないような実態が明らかになっています(東京私大教連調査)。この間の食料支援活動でも切実な声が寄せられました。


コロナ禍によって社会のあり方の根本的な転換が求められているもとで、21世紀の山積する課題を解決する最大のカギは教育にあり、そのために国連やユネスコもくり返し無償教育の必要性に言及しています。国際人権A規約にある高等教育の無償化条項をようやく批准した日本ですが、OECD諸国のなかでももっとも授業料が高額で私費負担の割合が高いなど、実態は教育の無償化からかけ離れています。


無償教育の完全実施に必要な費用は約2兆円、さらに20人学級(1兆円)や大学生300万人に年間30万円の給付制奨学金(1兆円)、教職員の多忙化解消などを含めても、いまより教育予算を約5.9兆円増額すれば実現できます。OECD諸国並みに教育予算(公財政支出)を引き上げればよいだけです。


夕方の訪問活動の予定があったため途中で会場を後にしましたが、参加した学生のみなさんにとっても大きな希望になる話だったのではないでしょうか。三輪先生、どうもありがとうございました。


明日25日と28日は習志野市で街頭宣伝です。総選挙に向けてギアチェンジ、お近くの方はぜひお聞きください~。


習志野宣伝ビラ

「生理の貧困」への対応を求める日本共産党千葉県議団の県議会報告ができました

日本共産党千葉県議団の新しい県議会報告は「生理の貧困」についてです。先日の食材もってけ市でも生理用品は大変喜ばれました。


県議団はこの間、県に対して①県の責任で生理のある人への無償配布、②公共施設のトイレへの生理用品の常備、③学校のトイレに生理用品を常備、を申し入れてきました。


県内でも市川市、大網白里市、君津市などで防災備蓄品を活用して生理用品の無償配布や学校のトイレに配備する動きが始まっています。「生理の貧困」への対応は政治の常識になりつつあります。


さらなる支援の広がりをめざして要望や意見も募集しています。県議会報告は駅頭や学生・高校生向けにも配布する予定です。ぜひご覧いただき、ご意見をお寄せください。


県議会報告生理の貧困①
県議会報告生理の貧困②
日本共産党千葉県議団の県議会報告

RCEP(アジア包括的経済連携協定)の国会承認を許すな-朝の新検見川駅で訴えました

一気に初夏の陽気となった今日は、午前は長作地域で訪問活動、午後は寺尾事務所の毎月定例の法律相談でした。


もりた真弓市議と行った朝の新検見川駅北口宣伝では、コロナ対策や高齢者医療費2倍化法案、病床削減推進法案、デジタル関連法案などとあわせて今国会の重大問題であるRCEP=アジア包括的経済連携協定の危険性についても訴えました。


1618909010486.
朝の新検見川駅の北口宣伝で


衆議院で国会承認案が通過し参議院に送られたRCEPについては4月12日付の新聞「農民」が詳しく伝えています。RCEP(アールセップ)は自由貿易協定の一種で、ASEAN10ヶ国と日中韓、オーストラリア、ニュージーランドの15ヶ国からなり、GDP・人口ともに世界の3割を超える巨大自由貿易協定です。


農民RCEP① (2)

農民RCEP②
4月12日付新聞「農民」


政府は「RCEPでは重要5品目(米、麦、牛・豚肉、乳製品、砂糖)は守ったから日本農業に影響はない」と言いますが、これは大ウソです。もとから米・砂糖を除いてRCEP諸国からの重要5品目の輸入はそこまで影響はありません。むしろこれら諸国から多くを輸入しているのは野菜と果物です。そしてRCEPではその野菜と果物の関税が軒並み撤廃されるのです。


千葉県も主要な産地となっているしょうが、ごぼう、キャベツ、枝豆などはそれぞれ2.5%~9%の関税がゼロに。果物では梨も4.8%がゼロになります。「高収益作物」と言われるこれらの品目が影響を受ければ農家には大打撃になります。


農水省は「梨や柿はほとんど輸入されていないので関税を撤廃しても影響はない」とタカをくくっていますが、輸入果物は1960年の10万トンから434万トンへと膨れ上がり、果物の自給率は39%まで下がっています。


あまりにも問題が多すぎるRCEP。しかしマスコミではほとんどその危険性が報道されていません。拙速な国会承認を許さず、小規模農家・家族農業を応援する農政こそ求められています。

千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴え-第2回幕張食材もってけ市も大盛況でした

先日の習志野市に続いて、今日は花見川区で千葉2区市民連合の街頭宣伝です。風が強く吹く幕張イトーヨーカドー前で立憲民主党の黒田ゆうさん、れいわ新選組の三井よしふみさん、市民ネットワーク千葉県の吉沢弘志さんとともに訴えました。


1618743741101.
千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴える寺尾さとし

1618743750739.
立憲民主党の黒田ゆうさん

IMG_4543
れいわ新選組の三井よしふみさん

IMG_4548
市民ネットワーク千葉県の吉沢弘志さん


緊急事態宣言の解除から1ヶ月もたたないうちに千葉県もまん延防止等重点措置が適用されるなど八方ふさがりの新型コロナ対応、福島第一原発汚染水の海洋放出決定、日米首脳会談で「日米同盟の強化」を確認し、いまだに辺野古を「唯一の選択肢」と固執するなど、菅政権が国民の命も暮らしも守れない政権であることは明白です。


各党代表の訴えに多くの人がチラシを受け取り、耳を傾けていました。やはりインパクトは抜群です。まずは25日投票で行われる衆参の補欠選挙・再選挙で何としても野党統一候補の勝利をかちとりたい。次回は5月2日、八千代緑が丘駅で行います。


そして午後はすぐ近くの幕張公園で行われた学生向け食料支援「第2回幕張食材もってけ市」(民青同盟中部地区主催)へ。花見川区、美浜区からそれぞれ地域のみなさんも応援に駆けつけました。


IMG_4552
多くの学生が訪れた第2回幕張食材もってけ市


今回は前回よりも多くのチラシを配布し、近隣の大学にも学生への周知を申し入れました。そのおかげもあって開始時間の午後1時にはすでに長蛇の列。60人を超える学生がお米やパスタ、インスタントラーメン、洗剤、トイレットペーパー、生理用品など地域から寄せられた品々を次々と手に取っていきました。


民青のみなさんが対話したアンケートには「アルバイトのシフトが減らされたので金銭的につらい」「コロナの影響で就職したかった業種(観光業)に行けなくなってしまった」「オンライン授業ばかりで身についているのか不安」「病院実習の2週間前からアルバイトなど外出を制限しないといけない」など学生の切実な実態が寄せられ、いかにもってけ市が求められているかということとあわせて学生への公的支援の乏しさが浮き彫りになりました。


引き続く開催とともにこうした学生の実態を政治に届け、具体的な手立てを取らせることも必要です。民青学生班では24日に学費・奨学金問題の学習会を開きます(14:00~千葉市生涯学習センター)。講師は千葉大学名誉教授の三輪定宣さん。奨学金の会の会長として学費負担軽減の先頭に立つ、学費・奨学金問題のスペシャリストです。ここにもぜひ多くの学生のみなさんの参加を呼びかけます。

中部地区党会議開かれる-新しい寺尾ニュースもできました

今日は午前中に長作地域で訪問活動、そして午後は日本共産党千葉県中部地区党会議が開かれ、総選挙躍進を目指す地区方針の決定と新しい地区委員会が選出されました。


討論で各地の経験に学びつつ、さいとう和子前衆院議員・比例候補とともに私も小選挙区候補として決意表明しました。新しい体制でも引き続き地区副委員長を務めることになり、地区党のさらなる前進に向けても決意新たです。地区委員会の女性比率も前回より5%増加しました。ジェンダー平等を掲げる党としてさらなる努力が求められます。


さて知事選・市長選があったため2ヶ月ぶりの寺尾さとし事務所ニュース「駆けあるき通信」ができました。菅政権の逆行・行き詰まりの一方で、千葉2区市民連合や「生理の貧困」への対応など日本共産党の値打ちをお伝えしています。ぜひお読みください。


明日は午前11時から幕張イトーヨーカドー前で千葉2区市民連合の街頭宣伝、午後1時からはすぐ近くの幕張公園で学生向け食料支援「食材もってけ市」です。こちらもぜひ!


寺尾ニュース表
寺尾ニュース裏

18日告示・25日投票の茂原市議選の支援に駆けつけました

金曜日。朝の新検見川駅で中村きみえ市議と訴えたあと今日は茂原市へ。18日告示・25日投票の茂原市議選の支援に駆けつけました。茂原市は中村市議の故郷でもあります。


日本共産党は平ゆき子、飯尾さとるの両現職の当選で2議席確保を目指します。私たちが支援に入ったのは飯尾さとるさん。幕張支部のTさん、Hさん、Wさんといっしょに午前、午後と訪問活動やハンドマイク宣伝に取り組みました。花見川区からは花園支部のSさん、Nさんも来ていました。


茂原市は水害に度々苦しめられており、市への要望も水害対策が高くなっています。またゴミ袋代も県内トップクラスの高さ。一枚70円もします。


飯尾さんは県への要望も含めて水害対策を繰り返し求め拡充させてきました。高い国保税は2018年、2019年と2年連続で引き下げさせました。今度は野田市で行っているようなゴミ袋の無償配布や少人数学級など子育て支援の充実を公約に掲げています。もちろんコロナ対策についても徹底した検査の拡充などを市に求めています。


訪問や宣伝のなかでは「自民党も傲慢だから共産党にがんばってもらわないと」という激励や「道路がすぐ冠水してしまう。側溝の清掃をしてほしい」などの要望を受けました。


市民の命とくらしを守るために日本共産党の2議席は欠かせません。必ず二人そろって市議会に送るためにぜひご支援をお願いします。


IMG_4527 (2)

平松健二さんの解雇撤回裁判はいよいよ大詰め、第8回弁論期日が行われました

メットライフ生命からパワハラロックアウト解雇を受けた平松健二さん。解雇撤回を求める裁判は今日が第8回弁論期日です。


東京地裁には悪天候やコロナ禍のもとでも平松さんを支援する会やNPO「労働者を守る会」、東京公務公共一般労組のみなさんなど12人が傍聴支援に駆けつけました。


前回の裁判では、平松さんの問題にならないような細かいミスを上げて解雇の理由とした会社側に対して、裁判所から「それらのミスによって生じた重大な結果があったのか示すように」と指示がありました。


ところが今回の会社側の主張は、①それらのミスによって金融庁から行政処分等を受ける「可能性」があった、②それらのミスの対応のために余計な人件費を割かなければならなかった、というもの。


もちろん金融庁から処分を受けるような重大な事態はまったく生じていません。そして余計な人員を割いたのは平松さんを退職に追い込むことを狙い、四六時中監視して細かいミスをあげつらうためです。


事実を逆さまに描くとはまさにこのことです。聞いているこちらが恥ずかしくなるような主張でした。


代理店へのサポート・コンサルタント業務を行っていた平松さんの評価についても、会社側の主張は完全に破綻しています。ミスとは言えない事柄や、原因をたどってみれば会社側に問題があったということまで平松さんのミスにされています。解雇ありきで平松さんを追い込むために、いかに無茶苦茶なことをやったかを証明するものでしかありません。


裁判官からは和解についての言及もありましたが、会社側が二度とこんなひどいやり方をできないように徹底した解決が望まれます。


次回裁判は5月12日(水)の午後4時から。大詰めのたたかいにぜひご支援をお寄せください。


IMG_4525
支援に駆けつけたみなさんと平松健二さん(中央)

コロナから住民の命と健康、暮らしを守る緊急の措置を-千葉市議団が第14次の申し入れ

新型コロナの感染再拡大が深刻です。大阪府では今日の新規感染者数が1000人を超え、政府はまん延防止等重点措置について千葉、神奈川、埼玉、愛知も適用に向けて検討を始めたといいますがあまりにも対応が後手後手です。


日本共産党千葉市議団は本日、千葉市に対して新型コロナ感染症対策強化のため第14次の申し入れを行い私も同席させていただきました。


申し入れ事項は「高齢者施設等への無料・頻回の検査を行い、さらに保育所などにも対象を広げること」「住民を対象にした大規模な検査の実施」「変異株患者の早期探知と状況把握」「ワクチン接種のスケジュールなど周知徹底と集団接種会場の拡大」「病床確保に対する財政支援の強化」「給付金の再支給など中小事業者への支援強化」「生活困窮世帯への給付金支給」など10項目。


対応した鈴木副市長からは「検査対象の拡大については接待を伴う飲食店は市内全域に広げたが、施設は今後検討する。住民を対象にした検査は県と相談して対応する」「ワクチン接種はかかりつけ医などによる個別接種を推奨しているが状況を見ながら体制を考えていく」「中小事業者向けの給付金は現在再支給を検討中」などの回答がありました。


中村きみえ市議からは医療従事者へのワクチン接種も終わっておらず体制整備が急務であること、かばさわ洋平市議からは20代の感染が多くモニタリング検査も少ないこと、私からは困窮する学生への支援や「生理の貧困」への対応などをそれぞれ訴えました。


感染拡大の抑え込みに全力をあげない政府に本気で迫るためにも自治体の姿勢が重要です。引き続き住民の切実な要望を届けます。


IMG_3168
鈴木副市長に要望書を手渡す千葉市議団と寺尾さとし

4月18日に第2回幕張食材もってけ市が開催されます

今日は花見川団地や長作地域で訪問活動。昨日のオンライン演説会の様子もお伝えしながら総選挙での支援を訴えました。


4月18日には学生向け食料支援「第2回幕張食材もってけ市」が開催されます(民青同盟中部地区主催)。前回は50人近くの学生が参加し大好評でした。


「生理の貧困」について取り上げた先日のNHK「クローズアップ現代+」でも千葉市の食材もってけ市が紹介されていましたが、まさに青年の運動が社会に大きなインパクトを与えています。政府や自治体に学生への抜本的支援を求める取り組みとしても重要です。


「幕張食材もってけ市」は来週日曜日の午後1時から3時まで千葉市花見川区の幕張公園です。多くの学生のみなさんの利用とともにボランティアとしての参加も募集中です。


もってけ市チラシ

大成功だった日本共産党南関東ブロックオンライン演説会

初めての試みである日本共産党南関東ブロックオンライン演説会。寺尾事務所では「真ん中世代」を中心に9人の方が集まり、三密を避けながら視聴しました。


はじめに日本共産党応援のメッセージとして食料支援活動に取り組む山梨県の北村星那・民青県委員長、フラワーデモの呼びかけ人である作家の北原みのりさん、プロダイバーで環境活動家の環境活動家の武本匡弘さんから思いのこもったご挨拶。とても心温まるものでした。


その後神奈川、山梨、千葉の小選挙区候補が訴え。千葉2区候補の私も学生や事業者の声に応えて、真面目に頑張る人が報われる社会にと訴えました(ご承知かと思いますが訴えは事前収録でした)。


その後比例代表予定候補のはたの君枝衆院議員、さいとう和子前衆院議員、沼上とくみつ候補がそれぞれ訴え。日本共産党の一議席のかけがえのない値打ちが確信になりました。


そして志位委員長。冒頭、四人の比例候補を詳しく紹介し、少人数学級の推進に力を尽くし28回にわたる質問でついにこじ開けたはたのさん、痛ましい児童虐待事件の質問を機に児童福祉司の増員を勝ち取ったさいとうさん、茅ヶ崎市で最年少議員として奮闘し学校へのエアコン設置を実現した沼上さんと四人そろって国会へと訴えました。


コロナ対策では検査の大幅拡充をはじめ科学的知見に基づく日本共産党の提案が政府を動かしてきたこと、自己責任の新自由主義と正面から対決してきた党の先駆的役割を語りました。


一方で菅政権の逆行ぶりや政治の腐敗は目を覆わんばかりです。志位さんは市民と野党の共闘の展望や、日本の改革の5つの提案を縦横に語り、最後に高校生から資本主義か社会主義かという体制を問う質問が寄せられるなどホットな話題になっていること、文藝春秋で中国問題について志位さんに聞く企画が組まれるなど改定綱領への注目が広がっていることをあげ、若きマルクスが言った「最大多数の人を幸福にした人が最も幸福な人」という言葉を引いて「ぜひ日本共産党といっしょに政治を変えよう」と呼びかけました。


寺尾事務所に集まったメンバーは初参加の方や外国籍の方など多彩なみなさんでした。演説会終了後に交流しましたが、講演の感想とともに「自衛隊についてはどう考えるか」「日本共産党と中国共産党の違いは」「消費税はきついが税金として考えたときには必要なのでは」など次々質問が出され、またそこからつどいになって話が尽きませんでした。


「こうしたオンライン演説会で直接一般の人に訴えるのはいいことだと思う」という感想も出されました。大成功だったのではないでしょうか。多くの方にご視聴いただきありがとうございました。


オンライン演説会はYouTubeで後からでもご覧いただけます。まだの方はぜひご覧ください~。


いよいよ明日!日本共産党南関東ブロックオンライン演説会をご覧ください

明日の日本共産党オンライン演説会に向けて、昨日、今日と最後の声かけです。


中村きみえ市議とともに訴えた幕張、新検見川の朝の駅頭宣伝でも、もりた真弓市議と訴えたさつきが丘の朝市宣伝でも参加を呼びかけ、新たに視聴を約束してくれる方が生まれました。


「インターネットはあるけど視聴方法がわからない」というお宅には直接伺ってセッティングもしました。寺尾事務所も奥の部屋を第二会場に使えるようにし、視聴者が増えても対応できるようにしました。


さあ準備は万端です。明日の午後1時半からYouTubeで「日本共産党南関東ブロック」と検索してオンライン演説会をご覧ください。ご視聴お待ちしています!


DSCPDC_0001_BURST20210409221251440_COVER

いよいよ今週土曜日-日本共産党南関東ブロックオンライン演説会に期待が広がっています

4月10日の日本共産党南関東ブロックオンライン演説会がいよいよ今週土曜日に迫ってきました!


今日も「どうやって見ればいいの?選挙がんばってほしいし家で見られるなら見るよ」という方が視聴を約束してくれました。気軽に見られるということで本当に声をかけやすい演説会です。


YouTubeで「日本共産党南関東ブロック」と検索すればどなたでもご覧になれますが、寺尾事務所では「真ん中世代」(30代~50代)のみなさんを対象に視聴会を行います。期待の高まるオンライン演説会、午後1時半からぜひお集まりください!


オンラインお知らせ
フェイスブック、ツイッターでは動画で訴えています、ぜひご覧ください

メットライフ生命の不当解雇撤回を求める平松健二さんを支援する会ニュースができました-4月14日(水)の裁判傍聴支援をお願いします

メットライフ生命のパワハラロックアウトを許さない平松健二さんを支援する会ニュースNO.10ができました。2月17日に行われた第7回弁論期日の様子をお伝えするとともに来週4月14日(水)に行われる第8回弁論期日の傍聴支援を呼びかけています。当日は午後1時から東京地裁前でのビラ配布宣伝を行い、1時半からの裁判に臨みます。


裏面ではロックアウト解雇が断罪された日本IBMで、今度はパワハラ賃下げ訴訟(第3次)でも勝利和解に至ったことを報告しています。パワハラやロックアウトで労働者を追い詰める会社は社会的に許されないということを示す画期的な勝利です。ぜひこの勝利に平松さんも続きたい。


裁判もいよいよ大詰めです。不当解雇撤回を求める平松健二さんにぜひさらなるご支援をお願いします。新規入会(年会費1000円)をお待ちしています。


平松支援する会ニュース表
平松支援する会ニュース裏

さいとう和子前衆院議員とともに訴えた花見川区街頭演説に熱い声援

総選挙勝利へ心ひとつに!


さいとう和子前衆院議員とともに訴えた花見川区街頭演説。寺尾事務所近くの花園自治会館前、幕張イトーヨーカドー前、コープ花見川店前のそれぞれの宣伝箇所には30~40人のみなさんが駆けつけてくださり、熱い声援を送ってくれました。感激です。


IMG_4511
幕張イトーヨーカドー前で

IMG_4520
コープ花見川店前で

IMG_4521
コープ花見川店前に駆けつけてくださったみなさん


私からはコロナ禍で苦しむ事業者や学生の実態を紹介しながら冷酷無比な菅政権を退陣させ、国民の声が届く野党連合政権の実現を訴えました。


1617528647453
訴える寺尾さとし

1617528684519
さいとう和子前衆院議員


さいとうさんは一握りの大企業や大金持ちのための政治から一人ひとりを大切にする政治への転換をと訴えました。千葉県で鳥インフルエンザの発生によって数百万羽の鶏が殺処分された背景にもお金によってゆがめられた政治がありました。GoToも、放送・通信事業もしかりです。こんな政治を続けていいのかということが総選挙で問われています。


沿道からの声援や走行中の車の中からの熱烈な応援もあり、確信あふれる宣伝となりました。ありがとうございました。引き続きがんばります!

政権交代へダッシュー千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴えました

千葉県知事選・千葉市長選も終わり、千葉2区市民連合も再スタートです。今日はJR津田沼駅南口で久しぶりの街頭宣伝。各立憲野党の代表と市民およそ30人が集まって「総選挙で政権交代を」と呼びかけました。


IMG_4473 (2)
訴える寺尾さとし

IMG_4469
立憲民主党の黒田ゆうさん

IMG_4478
新社会党の宮川敏一さん

IMG_4481
市民ネットワーク千葉県の吉沢弘志さん


私も立憲民主党の黒田ゆうさん、新社会党の宮川敏一さん、市民ネットワーク千葉県の吉沢弘志さんとともに日本共産党を代表して訴えました。それぞれの方が訴えたように、無為無策を繰り返すコロナ対策、官僚腐敗と「政治とカネ」に関わる不祥事の数々、75歳以上の医療費2倍化法案と病床削減推進法案、そして昨日衆議院内閣委員会で強行可決された「デジタル関連法案」など、菅政権のひどさを挙げればきりがありません。


野党は一致して悪政に反対するとともに、法案の共同提出などで国民の願いを国政に届けています。野党が政権を担えば間違いなく政治は変わります。


IMG_4484
梅沢明子さん

IMG_4489
しみずあきこさん


各野党の代表のあとに「寺尾組」でもお世話になっている習志野市民の梅沢明子さん、しみずあきこさんがさらなる少人数学級の推進などを求めてスピーチ。チラシの受け取りもよく、注目を集める宣伝となりました。次回は4月18日(日)の午前11時から花見川区・幕張イトーヨーカドー前です。
プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 花見川区で街頭宣伝-千葉市では中3生と高3生への優先接種受付が始まりました
  • 八千代市内の街頭宣伝や法律相談-中秋の名月にしばし見とれました
  • 八千代市内の街頭宣伝や法律相談-中秋の名月にしばし見とれました
  • 八千代市内の街頭宣伝や法律相談-中秋の名月にしばし見とれました
  • 八千代市内の街頭宣伝や法律相談-中秋の名月にしばし見とれました
  • 野党共通政策を語り広げて-千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴えました
  • 野党共通政策を語り広げて-千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴えました
  • 野党共通政策を語り広げて-千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴えました
  • 野党共通政策を語り広げて-千葉2区市民連合の街頭宣伝で訴えました
カテゴリー
QRコード
QRコード
寺尾さとし事務所
〒262-0025
千葉市花見川区花園2-10-12
TEL 043-305-4922
FAX 043-305-4923
メール sterao2562@yahoo.co.jp
  • ライブドアブログ