寺尾さとしのブログ

日本共産党前千葉県議会議員・千葉2区医療福祉対策委員長・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2020年01月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、日本共産党前千葉県議会議員。衆議院千葉2区(千葉市花見川区・習志野市・八千代市)予定候補。市民と野党の共闘で安倍政権を退陣させ、国民・県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

津田沼駅で朝宣伝、千葉2区市民連合の世話人会にも参加しました

今朝は千葉2区候補として初めて津田沼駅南口(習志野市)で宣伝。谷岡隆市議と訴えました。


IMG_1874
津田沼駅南口で谷岡隆市議と


新検見川や幕張と比べ人通りの多さもまったく違います。さっそく声をかけてくださる方も。「父親の代から共産党応援してるよ。政党助成金受け取ってないのは本当に偉いよね。がんばって」という方とは固い握手を交わしました。


宣伝後、千葉2区市民連合の世話人会にも初めてお邪魔しました。候補者発表を受けて懇談の機会を設けてくれたためです。


DSC_0590
千葉2区市民連合世話人会で


参加されていたのはこの間も様々な場で顔を合わせていた方々でしたが、あらためて今度の総選挙にかける並々ならぬ思いが伝わってきました。


「今度こそ必ず統一候補を実現したい。見通しはどうか」「立憲民主と国民民主の合流の動きをどう見るか」「無所属で出ることもありえるのか」など鋭い質問も出されました。


現状は率直にお話ししましたが、もちろん出るからには野党統一候補をめざします。前回の選挙結果を見ても一本化すれば十分に勝機はあります。


同時にそのためにも野党としてどんな政策を掲げ、どんな政権構想を示すのかは決定的な意味を持ちます。市民連合のみなさんと力をあわせ、野党連合政権の魅力と展望を語る努力を強めていきたいと思います。貴重な機会をありがとうございました。


その後は生活相談の対応や花園地域の訪問作戦の準備を行い、夜は地区委員会総会でした。1月もあっという間に過ぎていきます。

戦争だけは絶対にしてはならない-日本政府は事態に真剣に向き合うべきです

アメリカ・トランプ政権の一方的な軍事力行使に対して今度はイランがイラクにある米軍基地を弾道ミサイルで攻撃しました。


最悪の事態が目の前で進行しつつあります。報復の連鎖を断ち切らなければなりません。


安倍首相は自身の中東訪問は中止を決めながら自衛隊派兵は撤回しないといいます。自らの危険は回避しながら自衛隊員の命は危険にさらす。一体何を考えているのか。


株価が下がり、原油価格も上昇。経済にも悪影響で誰にとってもいいことは一つもない。


日本政府は真剣に事態に向きあうべきです。トランプ大統領に「イラン核合意に戻り、外交的解決を図るべき」と正面から言うべきです。


いっしょに声をあげましょう。戦争だけは絶対にしてはならない。


志位和夫委員長の声明「トランプ政権の無法な軍事力行使を非難し、外交的解決の道に立ち戻ることを求める」
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2020/01/post-829.html

千葉市の熊谷市長がカジノ誘致断念を表明-世論に追い詰められた結果です

今日は地元の花園支部の支部会議と新年会にお邪魔しました。党旗びらきの感想を出しあったり、新年会では楽しいクイズや歌、詩吟を披露する方も。


その会議中に大きなニュースが飛び込んできました。


千葉市の熊谷市長が記者会見を行い、カジノ・IRの誘致を断念するというのです。カジノ誘致について一貫して反対してきた日本共産党千葉市議団は声明を発表しましたが、市議会でもカジノ賛成派が多数を占めるなか誘致断念を表明したことは大きな成果です。


市長は記者会見で「昨年の災害の影響もあり、今回のスケジュール案では、関係者との調整や法に定める手続きに十分な時間をとることができないものと判断」したと述べています。


しかしこの理由には疑問符がつきます。市長はわざわざ12月の市議会で「幕張新都心でのIRが十分に成立しうる」と表明し、速やかに誘致について検討していくと述べていました。


国から認定申請期間に関するスケジュール案が示されたのが11月19日。12月の議会の時点ですでにわかっていたことでした。台風・災害の影響についても然りです。


それがなぜここにきて国のスケジュールや災害の影響を理由にするのか。カジノ汚職が底なしの様相を呈し、国民世論の批判に追い詰められた結果ではないのか。


市長は一方で、今後も「IRも含めた有効な戦略について研究していきたい」と述べています。将来に渡って千葉市にカジノを誘致させないために今後も運動を進める必要があります。「日本のどこにもカジノはいらない」という声を引き続き広げます。

千葉市年賀名刺交換会に参加しました

今朝は今年最初の駅頭宣伝。幕張本郷駅で中村きみえ市議と訴えました。そしてお昼からは毎年恒例の千葉市と市商工会議所が主催する年賀名刺交換会。例年であれば仕事始めの4日に行われていますが、今年は4日が土曜日だったため今日になりました。


IMG_1873
千葉市年賀名刺交換会で


斉藤和子前衆院議員、浅野ふみ子県副委員長(衆院千葉5区予定候補)、千葉市議団とともに会場内をまわり自治会関係者のみなさんなどにご挨拶しました。


印象的だったのは他の野党関係者の方からも「今度は国政候補だね。いい勝負ができるよ、がんばって」と激励されたこと。リップサービスもあるかと思いますが、この1年で野党共闘の機運が大きく高まり質的に発展していることを実感しました。「高知(県知事選)ではお世話になりました」という方もいました。


市長や商工会議所会頭のあいさつではイランへのアメリカの武力行使についても言及がありました。今回の武力行使の影響で株価も下がっており、世界経済の先行きも不透明になっています。あらためて一片の道理もない武力行使に反対の声を上げていかなければなりません。


また千葉市で進められているカジノ誘致の動きについても幅広く連携して反対の運動を進めていこうという話がありました。12月には「カジノ問題を考える千葉市民の会」が発足し、市にカジノを誘致しないように求める要望書も提出しています。千葉県弁護士会も12月27日にカジノ誘致をしないよう求める会長談話を発表しました。


幅広い共同で安倍政権を追い詰めるためにも貴重な機会となりました。関係者のみなさんにはお世話になりありがとうございました。

静岡の実家に帰省、党旗びらきの志位さんのあいさつに元気をもらいました

正月2日、3日はいつものように静岡の実家に帰省。家族や親戚と近況を交流しました。


静岡といえばサッカー。今年は冬の高校サッカー選手権で久しぶりに静岡学園が快進撃を続けています。


いまや「サッカー王国」などと言うのは憚られますが、それでもサッカーとなると静岡県民は熱くなってしまうもの。個々人のテクニックもあり見ていて楽しいサッカーです。どこまで勝ち進むか楽しみです。


さて正月休み明けの今日は日本共産党の新春党旗びらきがありました。志位委員長のあいさつでは冒頭、米トランプ政権がイラン革命防衛隊の司令官を空爆によって殺害した事件について厳しく批判しました。


今日千葉県内でゴルフに興じていた安倍首相は、記者団に問われたもののこの問題について一言も触れず。トランプ大統領にまったくモノを言えない屈従的な姿勢をさらしました。党旗びらきでは、このアメリカを含めてロシアにも中国にもモノが言えない「ペコペコ外交」が安倍外交の本質だと指摘しています。


一方でこの一年、野党共闘が質的に大きく前進しました。他党議員の質問に向かって「共産党」と叫ぶ安倍首相の低劣なヤジに対して、「共産党は私だ」「共産党は仲間だ」という声がSNSで広がり、「立憲主義を取り戻す」「格差を是正する」「多様性を尊重する」という安倍政治の3つの転換方向が野党の共通認識になっています。


2019年はまさに安倍政権の終わりが見えた年になりました。総選挙で安倍政権を退陣に追い込み、野党連合政権を実現させる-今年の大目標の達成のためにも日本共産党の党勢を大きくするときです。その可能性が大きく広がっていることも確信になりました。


党旗びらきでも触れていた「隠れ共産党宣言から入党宣言へ」の小松泰信さんが出演した「とことん共産党」は本当に面白いし元気になる中身でした。中央委員会のホームページからも視聴できますのでぜひ。

元日恒例の宣伝カーでのご挨拶で期待をひしひしと感じました

2020年あけましておめでとうございます!


IMG_1867
中村きみえ市議と

IMG_1870
もりた真弓市議と


よく晴れた元旦は恒例の宣伝カーでのごあいさつ。午前中は中村きみえ市議、午後はもりた真弓市議とともに花見川区内を大きく一回りしました。


検見川神社、子安神社、子守神社など初詣に向かう方々に「桜を見る会でもカジノ汚職でも行き詰まりに行き詰まっている安倍政権に今年こそ退場の審判を下しましょう」と訴えると親指を立てて応えてくれる方の姿も。


こてはし台では宣伝カーに走り寄ってきて「会えてよかった!がんばって」と握手をしてくださる方もいました。期待の大きさを肌身で感じる瞬間です。


元旦からおおいに元気になる宣伝活動になりました。今年もよろしくお願いいたします!

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 8月22日の「千葉市立病院の未来を学ぼう!」にご参加を
  • 広島原爆投下の日-75年前の人々の当たり前の生活に思いをはせ、核兵器廃絶へ決意新たに
  • 広島原爆投下の日-75年前の人々の当たり前の生活に思いをはせ、核兵器廃絶へ決意新たに
  • 炎天下の習志野市で街頭宣伝-熱い激励に元気をもらいました
  • 朝の駅頭宣伝で訴え-軍事費を削ってコロナ対策へ
  • 持続化給付金は農業者のみなさんも対象です
  • 持続化給付金は農業者のみなさんも対象です
  • 寺尾ニュース「駆けあるき通信」の8月号ができました
  • 寺尾ニュース「駆けあるき通信」の8月号ができました