寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2018年04月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

仲間も増え、確信が深まった4月最終日でした

4月も今日で終わりです。昨日に続いて幕張や幕張本郷など地域で訪問活動を行ないました。


午後は中村きみえ市議とともに先日入党していただいた方のご主人に「ぜひごいっしょにお仲間に」と訴えました。中村きみえ市議が息子さんの生活相談に乗っていたり、普段からご夫婦の間でいろいろとお話をしていたらしく、「自分でよければ」とほぼ二つ返事で決意してくださいました。いやびっくりです。本当にうれしかったですね。


その後もしんぶん赤旗の購読を呼びかけながら「安倍9条改憲NO!」署名に多くの方に応じていただき、若い方との新たなつながりもできました。やはり歩けば歩いただけの確信が生まれます。


明日から5月ですが、メーデーを皮切りに3日には憲法集会も行われます。市民アクション花見川として午前11時に新検見川駅に集合して有明防災公園で行われる集会に参加します。ぜひごいっしょに参加していただければと思います。


署名も3000万人の目標に向けてラストスパート。まだ署名をお済みでない方はぜひ!


5・3憲法集会チラシ

治安維持法国賠同盟千葉市支部の第3回総会&映画「種まく人びと」上映会を行いました

4月最後の日曜日。今日も暑いくらいの一日でした。午前中はさつきが丘で訪問活動を行ない、午後は治安維持法犠牲者国会賠償要求同盟(国賠同盟)千葉市支部の第3回総会でした。


IMG_3799
支部長あいさつを行う寺尾さとし

IMG_3812
総会議案の報告をする小松実事務局長


総会に先立ち、国賠同盟創立50周年記念映画「種まく人びと」の上映会を行いました。千葉県在住の杉浦正男さんをはじめ、あらためて治安維持法の犠牲者となった人たちへの苛烈な弾圧の歴史に胸が締め付けられる思いでした。


IMG_3796
映画「種まく人びと」の上映


1925年に普通選挙法と抱き合わせで制定された治安維持法の対象は、日本共産党など革新勢力にとどまらず労働組合や教育現場にも及びました。映画のなかにも登場した、民衆や農民のありのままの暮らしを描いた「生活図画教育」までも弾圧の対象になりました。法による支配とともに、国民を分断し互いに監視させあう「密告社会」をつくりあげることで、稀代の悪法が猛威を振るったことがよくわかります。こうした戦前の社会を「美しい国」と賛美する安倍政権を退場させるためにも、ぜひ多くのみなさん、とりわけ若いみなさんに観ていただきたい映画です。


その後の総会では支部長として私があいさつし、小松実事務局長がこの間の活動と今後の方針について報告しました。2016年4月に設立された千葉市支部は2年間で会員数を約40名から94名まで拡大し、国賠署名をはじめ地道な取り組みを広げてきました。今後は千葉県にゆかりのある戦前の活動家・飯島喜美や渡辺政之輔にまつわる記念事業や、先人たちの足跡を訪ねるフィールドワークなどに取り組み、支部独自の機関紙「不屈」の発行もめざします。


治安維持法の復活を許さず、犠牲者への国家賠償を求める国賠同盟の活動は安倍政権の下で極めて今日的な意義のある活動です。支部の新たな役員には佐々木ゆうき市議が加わり、引き続き若い役員体制となりました。支部のさらなる前進に向けて力を尽くします。小松さんをはじめともに準備した役員のみなさん、お疲れさまでした。参加されたみなさん、ありがとうございました。

連合千葉のメーデーで連帯宣伝に取り組みました

歴史的な南北首脳会談のニュースをかみしめつつ、ゴールデンウイーク初日である今日は千葉みなと駅前で連合メーデーの連帯宣伝からスタート。


IMG_3788
IMG_3791


しいば寿幸参院比例予定候補、もりた真弓市議、佐々木ゆうき市議とともに「共同の力で安倍政権の退陣を!」「残業代ゼロ制度は許さない!」と訴え、何人もの方から「共産党がんばれよ!」とあたたかい激励もいただきました。


SCN_0104


また22日に行なわれた市川市長選挙の結果についてお知らせするチラシも配布しました。当選した村越ひろたみさんは日本共産党とともに連合千葉・連合東京も推薦し、文字通り勝利のために力をあわせてきました。これも歴史上初めてのことです。


ボロボロの末期状態である安倍政権に代わる道がここにあるということが広範な国民に伝われば、一気に情勢は変わります。市民と野党の共闘もさらに大きく発展させる時です。


その後は幕張本郷、幕張北地域で訪問活動を行ないました。こちらも4月最後までがんばります。

木更津駐屯地への自衛隊オスプレイ暫定配備問題を巡って、木更津市の渡辺芳邦市長と懇談しました

自衛隊オスプレイの木更津駐屯地への暫定配備を巡って木更津市の渡辺芳邦市長と懇談しました。


IMG_3773
渡辺芳邦市長(左端)と懇談するメンバー


懇談には丸山慎一県議と私、斉藤和子前衆院議員、しいば寿幸参院比例予定候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補と地元木更津市の佐藤多美男、鈴木秀子両市議も参加しました。


渡辺市長は木更津への暫定配備の報道が出た時にも「不快で遺憾」というコメントを出していました。今日あらためて受け止めを聞くと、「自治体として国の防衛政策に協力することは当然の役割」と言いつつも、「暫定配備というが、佐賀県がどうなるのかはっきりしていないのに暫定になるかどうかもわからない」「恒久配備はまったく想定していない。配備はないということを条件に定期整備も受け入れてきた」ときっぱり。


当初の配備先である佐賀県の佐賀空港は住民の圧倒的な反対により、用地確保の見通しも立っていません。「暫定」といってもその期間がどれくらいになるのかもわからず、なし崩し的に恒久配備になるのではないかという疑念は当然です。


自衛隊オスプレイは11月に最初の5機が納入されると言われています。こちらからは「防衛省は正式決定はしていないというが、決まってからでは遅い。いまの段階ではっきりと配備は許されないという意思を示してほしい」と求めました。


私たちとは立場は違いますが、木更津への暫定配備が認められない点では一致しています。木更津への配備を断念させるとともに日本中どこの空にもオスプレイは飛ばさないという運動を発展させたいと思います。

4月29日は治安維持法国賠同盟千葉市支部総会と「種まく人びと」上映会です

治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟(国賠同盟)千葉市支部が2016年4月に発足して2年、第3回総会が開かれます。


発足当時は30代の支部長、20代の事務局次長と全国一若い支部役員体制でした。小松実前県議が事務局長(兼同盟県本部会長)を務め、治安維持法犠牲者への国家賠償を求める署名(国賠署名)の取り組みを中心に、共謀罪学習会、終戦記念日宣伝などを行ない、会員拡大でも着実に前進してきました。


戦前への回帰を狙う安倍政権を退陣に追い込むためにも国賠同盟のさらなる発展が求められています。


今回は国賠同盟創立50周年記念映画「種まく人びと」の上映会もあわせて行います。千葉県内の治安維持法犠牲者である杉浦正男さんも登場し、この間各地で行った上映会でも好評でした。まだご覧になっていない方はぜひこの機会にどうぞ。あわせて国賠同盟への加盟も呼びかけます。


4月29日(日)午後2時から千葉市文化センター9階第2会議室です。上映会のあと総会です。


SCN_0103

耐震工事の実施に向けて県立佐原病院を訪問しました

先日の循環器病センターに続いて、今日は香取市にある千葉県立佐原病院に香取市の宇井正一市議、坂本洋子市議とともに伺いました。


IMG_3767
病院前で香取市の宇井正一市議、坂本洋子市議と


地域医療を担う佐原病院(211床)ですが、1974年竣工の本館は耐震性が不足し老朽化も深刻でした。ようやく昨年度に耐震改修に向けた影響調査が行なわれ、先日その調査結果の概要が発表されたため、今日は具体的に工事を行う箇所や病院の現状について確認しました。


5階建ての本館には1階に管理部門、2階に検査部門、3~4階に病棟、5階に旧手術室があります。補強壁の設置など大掛かりな耐震補強工事が必要なのは1階から3階ですが、本館全体は使用したまま一部の機能を他に移して実施するということなので、具体的にどう行うのかが問題になっています。


IMG_3739
新館5階の健康管理センター


耐震工事中は本館の病棟96床は一時的にでも閉鎖することになります。その期間や規模がどれくらいになるのかは今年度検討されるということですが、いずれにしても病院機能に大きな影響を及ぼすことは明らかです。


IMG_3745
廊下の配管や壁を確認しています


案内をしてくださった病院の事務局長さん自身が、「今回は耐震補強工事だが老朽化を考えれば将来的には建替えも視野にいれなければいけない」と話していたように、本来であれば新病院の建設が必要です。それをやらずに病院機能を一時的に縮小してまで耐震補強工事にとどめるのは、「県が行なうのは高度専門医療であり、地域医療は地域の自治体もしくは民間病院が担う」という県の基本的な立場があるからです。いずれ閉院するつもりならば抜本的な建替えなどするはずがありません。


佐原病院ではこの間、医師数の減少に伴い診療科の休止が相次ぎ、さらに患者数が減少するという悪循環になっています。県が姿勢を転換させなければ耐震工事も意味をなさなくなってしまいます。引き続き地域のみなさんと力をあわせて佐原病院の拡充に力を尽くします。

視覚障害者のみなさんと稲毛駅周辺のバリアフリー対策を求めて現地調査を行いました

市川市長選挙での市民と野党の共闘候補・村越ひろたみさんの歴史的勝利から一夜明けた今日は、千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会(千葉視生会)のみなさん、ふくなが洋市議とJR稲毛駅周辺のバリアフリー対策を求めて現地調査を行いました。調査には千葉市と千葉西警察署から担当者に立ち会ってもらいました。


IMG_3725
IMG_3720
バス停に設置されているバスロケーションシステム


まずはバスロケーションシステムの改善です。バスが到着する時間や行き先などを案内するバスロケーションシステムですが、液晶画面では詳しい案内が流れるものの、音声案内については行き先や到着時間の案内がなく使いづらくなっています。


あらためて確認してみると、「まもなくバスが発車します」というアナウンスが流れているのにバスが到着していません。これでは視覚障害者は間違って道路に出てしまいます。複数の路線が乗り入れるバス停では行き先の案内がないと乗るバスを間違えてしまいます。参加者一同で「これはすぐに改善しないと」と一致しました。


続いて横断歩道の改善、特に視覚障害者のみなさんにとって大切な役割を果たすエスコートゾーン(誘導横断帯)の設置です。稲毛駅前には障害者の方々が利用する施設が多くありますが、一部の交差点は音響式信号機になっているものの、エスコートゾーンが設置されている横断歩道はありません。


IMG_3728
稲毛駅前の信号のない横断歩道。実は緩やかに傾斜しています。


これもあらためて確認してみると、道路に対して斜めに横断歩道がひかれていたり、傾斜がついていたりします。視覚障害者の方にとってはまっすぐ進むこと自体が大変です。実際に歩いてもらうとやはり車道側にはみ出してしまいました。


IMG_3732
稲毛駅すぐ近くの交差点。視覚障害者が利用する施設がすぐ近くにありますが、横断歩道は道路に対して斜めにひかれています。


IMG_3734
稲毛駅東側の交差点、ここもよく見ると横断歩道が道路に対して斜めになっています。


私たちが普段何気なく利用していると気づかないことですが、街にはまだまだ障害者のみなさんにとっての障壁=バリアがたくさん残されています。障害者権利条約や差別解消法の趣旨に照らして速やかな改善を求めました。

浅野ふみ子さんと宣伝カーで訴え、千葉市後援会総会、「HUMAN RIGHTS」に参加しました

今日は浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補が一日花見川区入り。午前中はさつきが丘、花見川団地、午後は朝日ヶ丘、新検見川駅北口バスターミナル、幕張マックスバリュ前で訴えました。


IMG_3707
朝日ヶ丘で訴える寺尾さとし、中村きみえ市議、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補


新検見川駅北口バスターミナルでは「安倍は最悪だ!あんなやつ早くぶっ飛ばしてくれよ!」と怒り心頭の男性が話しかけてきました。いや、こちらの想像以上にみんな怒ってます。


IMG_3698
千葉市後援会総会で

IMG_3686
しいば寿幸参院比例予定候補

IMG_3701
訴える中村きみえ市議


合間には千葉市後援会総会に出席。浅野候補とともにしいば寿幸参院比例予定候補、中村きみえ市議をはじめ千葉市議団も訴え、参院選、統一地方選挙に向けて後援会の力を総発揮して勝利を勝ち取る決意を固めあいました。


IMG_3712
IMG_3714
「HUMAN RIGHTS」で質問に答える池内さおり前衆院議員、斉藤和子前衆院議員


そして夜は池内さおり前衆院議員、斉藤和子前衆院議員を迎えての企画「HUMAN RIGHTS」。途中からの参加でしたが、女性の人権、LGBT、性犯罪・性暴力など、参加者の質問に対して2人から丁寧な回答があり、認識が深まりました。こういう学習会は大切ですね。ぜひくり返し多彩にやっていきたいと思います。

花見川区支部代表者会議、花園中学校PTA歓送迎会に参加しました

今日は日本共産党花見川区委員会の支部代表者会議。各支部から代議員が参加して来年の参議院選挙と統一地方選挙に向けての区委員会の新たな方針を決定しました。私は引き続き区委員長を担うことになり、副委員長を務める中村きみえ市議、もりた真弓市議とともに役員として選出されました。


IMG_3670


討論のなかではオスプレイ暫定配備や新たな高速道路計画など県政の問題点を語るとともに、県議団が提案した予算組み替え提案について語りました。中村きみえ市議からは稲毛海浜公園や競輪場、千葉神社参道など千葉市で新たに始まろうとしている無駄遣いの巨大開発について告発がありました。各支部からも意欲的な発言が相次ぎました。


午後は花園中学校で行われたPTA歓送迎会に中村市議とともに参加。この3月で退職された鳥海数憲前校長先生や大椎中学校に転任された今井功前教頭先生など、転退職された先生方やPTAの新たな役員のみなさんとご挨拶させていただきました。PTAを含む地域の雰囲気があたたかいのは花園中学校区の大きな特徴です。大変お世話になりました。


IMG_3673
挨拶するPTAの川島克己会長

IMG_3676
4月から着任した三橋通応校長


明日は花見川区に浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補が入ります。私も午前、午後といっしょに宣伝カーで訴えます。ぜひ宣伝場所で激励してください~。


SCN_0100


10:20 さつきが丘橋の上
11:00 千葉コープ花見川店前
14:15 朝日ヶ丘眼鏡市場前
14:55 新検見川駅北口バスターミナル
15:30 幕張マックスバリュ前

6月2日に木村草太さんを迎えて開く千葉県民集会へご参加を!

今日は議員団会議でした。6月議会に向けていよいよ本格的に始動です。そして6月は国会も会期末となり、憲法9条を巡っても重要な局面を迎えます。


九条の会・千葉地方議員ネットでは九条の会・ちばけんと共催で6月2日、「安倍九条改憲を絶対に止めるために!千葉県民集会」を開きます。ねつ造、隠ぺい、改ざん、セクハラと安倍政権はもはや末期状態ですが、それでも憲法9条改悪だけは何としてもという執念を燃やしています。


安倍改憲の狙いは何か、どうしたらストップできるのか、テレビでもわかりやすい語り口でおなじみの首都大学東京・木村草太教授を講師に迎えて考えます。お誘いあわせてぜひご参加ください。


日時:6月2日(土)午後1時半~午後4時
会場:千葉市民会館大ホール
入場料:500円
※保育室もあります。ご希望の方はご連絡ください。


九条の会・ちばけん:043-236-0660(野口)
九条の会・千葉地方議員ネット:047-444-5262(津久井)


6・2木村草太講演会チラシ

県循環器病センターと残土・再生土処分場の問題で市原市へ、市民アクション花見川の宣伝署名活動にも取り組みました

急遽千葉県循環器病センターへ行くことになり、今日は朝から市原市へ。山内かつ子、加藤和夫両市議などとともに循環器病センターの伊能事務局長らと懇談し、統合問題で揺れるセンターの現状について伺いました。


IMG_3648
千葉県循環器病センターで山内かつ子、加藤和夫両市議と


昨年10月に脳外科の医師2人が東千葉メディカルセンターに異動し、24時間365日対応していた脳卒中救急患者の受け入れが時間外については週3日だけとなりました。なんと今年4月からはさらにもう2人の医師が東千葉メディカルセンターに異動となり、時間外の受け入れが一切できなくなりました。半年間で4人も常勤医師がいなくなり、脳卒中専門の常勤脳外科医が1人もいなくなる緊急事態です。


時間外については周辺の救命救急センターに受け入れを要請しているといいますが、循環器病センターが命の砦となっていた市原市内や長生・夷隅医療圏の患者さんにとってはまさに死活問題です。統合に向けた検討を撤回し、医師確保をはじめ病院の機能回復・拡充に全力をあげるべきです。


IMG_3658
市原市内の処分場で


その後周辺の残土・再生土処分場についても状況を確認し、あまりの規模の大きさに驚かされました。実情を知れば知るほど厳しい規制が不可欠であることを痛感します。豊かな自然環境を破壊する無秩序な埋め立ては許されません。


IMG_3668
新検見川西友前で


夕方は新検見川西友前で「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」の署名宣伝活動、夜は9条の会・ちば地方議員ネットの世話人会でした。安倍改憲を止めるたたかいも正念場です。

大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」に参加してきました

一昨日から今日までの3日間、大阪市で開かれた「全国地方議員社会保障研修会」(大阪社会保障推進協議会主催)に参加してきました。朝から夕方まで日程もぎっしりというものでしたが、内容はとっても充実していました。


IMG_6773
千葉県からの参加者で記念撮影


一日目の最初は生活保護問題について。講師は生活保護問題対策全国会議事務局長の小久保哲郎弁護士です。生活保護受給の権利をどう守るのか、実践的なお話で非常に勉強になりました。


20180416120330_IMG_3621
小久保哲郎さん


一方で2013年から2015年にかけて行われた670億円もの生活保護削減のひどさもあらためてよくわかりました。当時は物価が下がったことを削減の理由にしたにもかかわらず、来年度の削減は物価が上がっているのに保護を受けてない人との均衡を理由に削減する。あまりにも恣意的なやり方に怒りがこみ上げてきます。


次は「女性と子どもの貧困について」。神戸親和女子大学教員の芦田麗子さんです。DV被害に苦しむ女性や子どもたちのためにいま何をしなければならないのか、胸に迫るお話でした。一人で悩むシングルマザーのために立ち上げた「シンママ大阪応援団」の活動も感動的でした。


20180416151554_IMG_3624
芦田麗子さん


二日目は大阪社保協事務局長の寺内順子さんによる「国保都道府県単位化」について。そもそもの国保の歴史から「払える保険料とはどうあるべきか」を解き明かし、豊富な資料で運動の道筋を明らかにしたお話でした。実は多くの自治体で国保財政が黒字になっており、保険料引き下げの余地が十分にあるということも明らかにされました。国保会計を深く分析する力をつけたいですね。


20180417093548_IMG_3635
寺内順子さん


二日目の午後は大阪教育大学教授の高山新さんによる「地方財政の基本と財政分析」。率直にいって難しい中身もたくさんありましたが、「選択と集中」「トップランナー方式」など政府による地方財政圧縮への圧力とどうたたかうかがよくわかりました。


20180417134306_IMG_3637
高山新さん


そして今日三日目はまず、宝塚市の学校給食について。教育委員会学事課長の高田輝夫さんから聞きました。兵庫県宝塚市の学校給食は中学校12校、小学校24校すべてで自校調理場方式の給食を実施しています。パンもその日の朝に焼き、出汁も丁寧にとり、ふりかけやジャムまで手作りするなど市長が「日本一」と自慢するほど徹底しています。


20180418093743_IMG_3642
高田輝夫さん


かつてはいち早く給食業務の民間委託を行い、不祥事や異物混入など苦い経験も味わったそうです。高田さんは話題になった「ハマ弁」などデリバリー弁当は絶対に美味しくない、やめた方がいいときっぱり。給食は自治体が子どもたちのことをどれだけ真剣に考えているかの指標だということです。


最後は大阪社保協介護保険対策委員長の日下部雅喜さんによる「第7期介護保険制度の内容と自治体での課題」。介護保険外しの総合事業や新たに始まったインセンティブのしくみ「保険者機能強化推進交付金」の問題点など理解が深まりました。「国家的詐欺」といわれる介護保険制度の改革は待ったなしです。


20180418133027_IMG_3645
日下部雅喜さん


どの講義も今後の議会論戦や運動のなかで生かせるものばかりでした。準備された講師のみなさん、大阪社保協のみなさん、どうもありがとうございました。


DSC_0000_BURST20180416183248066
道頓堀といえばこれです


研修会の会場は大阪・ミナミの繁華街、道頓堀のすぐ近く。難波の地下街の広さに驚き、にぎやかで風情ある大阪の街、食い倒れの魅力も楽しみました。

中村きみえ市議とともに宣伝カーでの訴えや訪問活動を行いました

昨日の国会前には5万人もの方が集まり、「安倍政権は退陣を!」の声をあげました。


安倍首相は米英仏によるシリアへの軍事攻撃にもあっさりと支持を表明しましたが、国際社会がシリアによる化学兵器の使用を確認したわけではありません。国連安保理決議もない一方的な軍事攻撃は国際法違反です。


IMG_3611
幕張本郷での訴え


そんなことも交えながら、今日は中村きみえ市議とともに幕張本郷や幕張、浪花町を宣伝カーで訴えました。道行く人や車のなかからの激励もたくさん寄せられ、「安倍政権をこらしめてほしい」という渦巻く怒りを感じました。若いみなさんには4月22日の「HUMAN RIGHTS」のチラシも手渡しました。


IMG_20180415_163147
土砂災害警戒区域に指定されている幕張地域で


その後は中村市議とともに幕張地域で土砂災害警戒区域に指定されたお宅を訪問してお話を伺いました。先日大分県で起こった土砂災害もあり、心配や不安の声が多く出されました。なかには「よければ見てください」と家の裏側にある崖を見せてくださった方も。この間中村市議も市議会で取り上げてきましたが、市や県として必要な手立てを求めていきたいと思います。

参議院選挙と統一地方選挙の勝利をめざして-志位委員長を迎えて決起集会が開かれました

来年の参議院選挙と統一地方選挙の勝利をめざして、日本共産党の志位和夫委員長を迎えて党と後援会の決起集会が開かれました。


IMG_3606


会場の船橋市民文化ホールはほぼ満員の大盛況でした。参議院選挙をたたかう浅野ふみ子千葉選挙区予定候補としいば寿幸比例代表予定候補と並んで、統一地方選挙と中間地方選挙をたたかう候補者の一員として私も紹介されました。


DSC_0242


小松実県後援会長の挨拶、各候補者からの決意表明に続いて、船橋市が地元の志位委員長が特別発言。内政・外交ともに大破たんに陥っているいまの情勢について、「歴史上かつてない異常な国会」「市民と野党の共同」「アベノミクスの破たん」「外交」「憲法改悪」の5つの角度で解明しました。


「裁量労働制」のデータねつ造、森友・加計疑惑、自衛隊日報隠ぺいなど、安倍政権の異常な国会運営が大問題になっています。ねつ造、隠ぺい、改ざんは何のためかと言えば、安倍政権の強権政治をごり押しするためです。都合の悪い情報は隠し、都合の悪いことを言う人の口はふさぐのが安倍政権のやり方です。ここにこそ国民の怒りが集中しています。


そのなかで野党共闘が力を発揮しています。共産党が重要な役割を果たしている野党の結束によって、「裁量労働制」を法案から削除させ、佐川前長官の証人喚問を実現するなど、共闘が現実政治を動かしています。原発ゼロ基本法案、子どもの生活底上げ法案など、共通政策も発展してきました。


志位さんが国会で追及したように、安倍政権のもとで貧困と格差が拡大し続けるなどアベノミクスも完全に破たんしています。


印象的だったのは北朝鮮問題に象徴される外交政策の破たんです。「対話のための対話では意味がない」と対話路線を否定し、軍事力行使も辞さないトランプ政権を支持し続けるなど、北朝鮮問題でも安倍外交は世界から孤立しています。


日本共産党は南北首脳会談や米朝首脳会談が実現しようとしているもとで、アメリカ、ロシア、中国、韓国、北朝鮮の各国に要請文を送り、①非核化と北東アジアの平和体制構築を一体的に進める、②強い相互不信があるもとで、一歩一歩行動を確かめながら事態を進める段階的アプローチ、を提起しました。これはかつての6ヵ国協議の共同声明に盛り込まれていた内容であり、各国からも賛同の声が寄せられています。日本共産党がこうした外交を行うことができる根本に世界情勢を科学の目で見通す綱領の立場があることも明らかにされました。


どんなにボロボロになっても、安倍首相は憲法9条改悪だけは執念を燃やして進めようとしています。志位さんは改憲ストップのために、①集団的自衛権も認められるなど海外で自由に戦争ができるようになるという改憲の狙いを徹底的に明らかにする、②「安保法制を実行し専守防衛を投げ捨てる」「国民に嘘をつき、欺き続ける」ーこんな自衛隊を憲法に書き込んでいいのかを提起する、③安倍政権に憲法を語る資格はないということを訴える、という3点を強調しました。


最後に参議院選挙、特に政党名を書く比例代表選挙での躍進を正面に据えることの意義を強調し、日本共産党の躍進を訴えました。あらためていまの安倍政権は末期的状況です。共同の力、道理の力で政治を動かす日本共産党の役割に確信を持って選挙勝利に全力をあげる決意を新たにしました。


IMG_3610


午後は中部地区委員会としての地区委員学習交流会でした。中央委員会組織局の細野さんを講師に、支部を援助する地区委員の活動についてじっくりと学びました。内容は割愛しますが大変に元気の出る、また味わい深い講義でした。どうもありがとうございました。

JR幕張駅北口の暫定駅前広場が完成、千葉県議会報告も完成しました

この間区画整理が進められていたJR幕張駅北口の暫定駅前広場が完成し、中村きみえ市議、もりた真弓市議とともに伺いました。


IMG_3589 - コピー


幕張駅北口は狭い地域に住宅が密集し、道路や公園などの整備が遅れていました。道幅も狭く、人一人通るのがやっとというような路地もあります。


幕張北口暫定広場


駅前も狭いため路線バスも入れない状態でしたが、今回暫定とはいえ駅前ロータリーができたことでタクシー乗り場やバス乗り場も整備されます。最終的な駅前広場の完成は2022年度末になる予定です。


住民のみなさんの利便性向上や安全確保のために引き続き整備が急がれます。


さて2月定例千葉県議会やこの間の活動についての県議会報告ができました。今回は趣向を変えて写真を多くし、文字も大きく読みやすくなりました。代表質問で提案した暮らし優先への県予算の組み換えについても詳しく伝えています。


1804県議会報告1面
1804県議会報告2面


4月下旬から順次花見川区内に配布される予定です。ぜひご意見・ご感想をお寄せください。「手元にないのでほしい!」という方はご連絡を。

花見川区革新懇として幕張本郷駅で3000万人署名宣伝に取り組みました

今日は議員団会議。早くも6月議会に向けての相談を始めました。


そして夕方は花見川区革新懇として安倍9条改憲NO!3000万人署名宣伝でしたが、今日は幕張本郷駅でした。中村きみえ市議など5人で取り組みました。


IMG_3575


朝の駅頭宣伝は毎週月曜日にやっているものの、夕方は久しぶりです。風も強く吹き、条件は良くありませんでしたが1時間で9筆の署名が寄せられました。「この駅でもやってるのね。がんばって!」と激励してくれる方も。継続して取り組みたいですね。


IMG_3584


対話のなかでは「憲法9条?もうそろそろ変えないと世界に通用しないんじゃない?」という声も。「世界に通用しないのは安倍政権ですよ。北朝鮮問題でも蚊帳の外ですよ。9条こそ世界に求められていますよ」と話しましたがどこまで通じたかどうか…。


いずれにしてももっと宣伝・対話を広げていかないといけません。5月末の目標達成に向けて踏んばりどころです。

加計学園も「首相案件」-国民をだまし続ける安倍政権は退陣を

森友学園に続いて加計学園でも激震です。


180411赤旗1面


国家戦略特区の枠組みを使った愛媛県今治市への加計学園獣医学部の新設について、首相秘書官が「本件は首相案件」だと語っていたメモの存在が明らかになりました。このメモが2015年4月に愛媛県、今治市の担当者と首相官邸で首相秘書官と面談した際に愛媛県の職員が記録したものだということもわかりました。



さらにメモのなかには、安倍首相と加計学園の理事長が会食した際に獣医学部の新設について話しあっていたことを示す記述もあります。安倍首相は、加計学園の獣医学部新設の意向を知ったのは事業者に選定された2017年1月20日だったと答弁してきましたが、実際にはそれより2年も前に獣医学部の新設について話しあってきたことになります。まさにはじめから「加計ありき」で進められてきたということです。


ここまで証拠が明らかなのに、今日の国会では「首相秘書官はそんなことは言っていないと言っている」と答弁するなど、まだ知らぬ存ぜぬで逃げ切ろうという姿勢です。もうこれ以上国民をだまし続けることは許されません。


SCN_0099


4月14日(土)には、日本共産党の志位和夫委員長を招いて来年の参議院選挙、統一地方選挙に向けた党と後援会の決起集会が開かれます。この間の国会情勢についても詳しく報告がされます。午前10時から船橋市民文化ホールです。日本共産党の躍進を願う多くのみなさんのご参加を呼びかけます。

県立高校入学式宣伝に取り組みましたー4月22日の「HUMAN RIGHTS」もご案内

今日は高校の入学式!花見川区には県立高校が2校しかありませんが、そのうちの1つである県立柏井高校で初めて新入生向けの宣伝に取り組みました。


IMG_3540
IMG_3533


もりた真弓市議とともに地域の共産党支部からも10人余りの方が参加してくれました。チラシを配りながら新入生向けのシールアンケートを呼びかけると次々と足が止まりシールを貼ってくれます。


IMG_3553
IMG_3564


シールで聞いた「政府が購入するオスプレイ17機分のお金で給付型奨学金が何人受けられる?」という問いの答えは60万人。1機211億円のオスプレイ17機を買うと約3600億円。これだけあれば1ヶ月5万円、年間60万円の奨学金を60万人に給付できます。


IMG_3571


さらに「気になる社会の問題は何ですか?」という問いには、「北朝鮮」に多く集まりましたが、それに次ぐのは「ブラック企業」や「高い学費」です。「進学を考えているけど一人親なので学費は気になります」という男の子も。「こんなに学費が高いのは日本だけなんだよね。利子付きの奨学金で若者に何百万円も借金を背負わせるなんてあまりにもおかしいよね」という話にうんうんとうなづきながら「給付型奨学金を求める署名」に応じてくれました。


SCN_0097
SCN_0098


民青の高校生向けリーフレットといっしょに配ったのは4月22日に行われる企画「HUMAN RIGHTS」のチラシです。ゲストは池内さおり前衆院議員と斉藤和子前衆院議員。国会でLGBTやヘイトスピーチ、性犯罪・性暴力被害の問題を取り上げてきたお二人が若いみなさんといっしょに人権について語りあいます。


30歳代の方までが対象の企画です。4月22日(日)の午後6時から千葉市生涯学習センター3階大研修室。ベテランの方はぜひ若者といっしょに参加してください。

多くの激励の声に出会った宣伝カーでの訴え、花見川桜まつりにも参加しました

天気は良いのになんだか風が冷たい一日。もりた真弓市議とともに宣伝カーに乗り、さつきが丘、花見川団地、作新台などで訴えました。


IMG_3502 - コピー
宣伝カーでもりた真弓市議と


今日はいつになく、どの宣伝場所でも「共産党がんばれよ!」「安倍政権を早く倒してくれ」など怒りに満ちた激励の声が寄せられました。森友公文書改ざんに続いて自衛隊イラク派兵「日報」隠蔽など、安倍政権の嘘と偽りにまみれた政治に対してもう我慢は限界という感じです。意外な人とのうれしい出会いもあったりしてやはり宣伝は大事だなと実感しました。


最後にもりた市議とともに「花見川桜まつり」にも顔を出してみました。主催しているのは先日の「花見川区水辺の調査」に参加していただいた「坊辺田桜を守る会」のみなさんです。中村きみえ市議は午前中にお邪魔していたようでした。


IMG_3506
対岸に桜並木が広がる花見川桜まつり


残念ながら川沿いの桜はほとんど散ってしまいましたが、花見川に架かる亥鼻橋たもとの特設ステージで歌手による歌謡ショーやカラオケ大会が行われ、多くの人が集っていました。ちょうど先日、仮設の船着き場になったところです。こうしたイベントの際に船を浮かべられたらどんなに素敵だろうと思いをはせました。


カラオケ大会の司会をしていた「守る会」の藤代さんにご挨拶し、会場内でも何人かからお声かけをいただきました。力をあわせて魅力的な地域づくりに取り組みたいですね。お世話になりましてありがとうございました。

強風を突いてアベ9条改憲NO!千葉県民集会が開かれました

激しい強風のなか「アベ9条改憲NO!千葉県民集会」が開かれました!


IMG_3483
千葉市中央公園で行われた「アベ9条改憲NO!千葉県民集会」

IMG_3467
立憲民主党の生方幸夫衆院議員

IMG_3469
日本共産党のはたの君枝衆院議員としいば寿幸参院比例候補


会場の千葉市中央公園には1500人を超える方が集まり、9条守れの声をあげました。民進党の小西ひろゆき参院議員、立憲民主党の生方幸夫衆院議員、日本共産党のはたの君枝衆院議員をはじめ、社民党、新社会党、緑の党など各政党の代表からもあいさつがあり、市民ネットワーク千葉県からもメッセージが寄せられました。


IMG_3496
花見川区から参加したメンバーで

IMG_3468
年金者組合花見川区支部のみなさんと


9条改悪を巡る基調報告のあと、パラシュート降下訓練など自衛隊と米軍の一体化が進む習志野基地やオスプレイ暫定配備が狙われる木更津基地についても報告がありました。最後に集会アピールを採択し、参加者一同で「アベ9条改憲NO!」のボードを掲げました。


集会後は千葉市中心部をパレード。花見川区からともに参加した中村きみえ市議、もりた真弓市議、小松実前県議らとともにリズミカルなコールを叫びながら歩きました。千葉県でもこうした集会が当たり前のように野党共同で開かれるようになったのはまさにこの間の運動のたまものです。力をあわせて何としても改憲を食い止めたい。


IMG_3458
中村きみえ市議の自宅前から出発したアピールウォーク

IMG_3463
検見川商店街で訴えました

IMG_3464
最後に中村きみえ市議自宅前で記念撮影


午前中は中村きみえ市議、小松実前県議らとともに中村市議の地元検見川地域でアピールウォークを行いました。「安倍政権は退陣、退陣」などのコールにこちらも沿道から暖かい声援が送られました。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • さつきが丘の朝市宣伝で地域の課題について報告しました
  • さつきが丘の朝市宣伝で地域の課題について報告しました
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 夏休みでした
  • 沖縄に連帯し宣伝カーで訴えました
  • 地球温暖化対策に逆行する千葉市への石炭火力発電所建設計画は断念を
  • 長崎原爆の日-安倍首相は国連事務総長と長崎市長の言葉に耳を傾けよ