寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2017年06月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

まあぶる寄席、共謀罪学習会にぜひご参加を!

6月最初の土曜日。午前中は中村きみえ市議の地元検見川小学校の運動会に来賓として参加。中村市議はその後東京都議選の支援に向かいましたが、続けて自分の地元畑小学校の運動会にも参加しました。保護者や地域のみなさんにとっても一大イベントですが、こうした機会に顔をあわせてお話しできるのは貴重です。お天気に恵まれて何よりでした。


18講演会


さて東京都議選への支援も強めつつ、6月は重要な企画も目白押しです。6月18日(日)に寺尾事務所で行うのはふみネエ推し隊@mihama主催の学習会「What's共謀罪?」です。参議院に審議の舞台が移った「共謀罪」法案を何としてもストップさせるために、千葉中央法律事務所の島貫美穂子弁護士が若者向けにわかりやすくお話してくれます。午後2時から。参加費300円(学生以下無料)です。


まあぶる寄席チラシ


そして6月11日(日)は恒例の落語会「まあぶる寄席」(花見川区日本共産党後援会主催)です。4年前の東京都議選投票日から始まったまあぶる寄席も早いもので9回目。今回もおなじみの三遊亭あらため百楽庵金一さん、久寿里菊之助さん、河内家るぱんさんのお三方に加えて、女流落語家・ぽんぽん亭遊月さんが初登場。木戸銭はワンコイン500円、これ本当にお得です。午後2時から幕張にあるレストランまあぶる(千葉健生病院前)で。どなたでも大歓迎です。まあぶる寄席で安倍政権の暴走政治を笑い飛ばし、都議選躍進をかちとりましょう~。

再び県立佐原病院の存続・充実を求める署名提出行動に参加しました

今日は議員団会議。その合間に香取地域の医療をよくする会・香取革新懇のみなさんによる県立佐原病院の存続と充実を求める陳情書名の提出行動に参加しました。


DSC_1237
DSC_1246


香取市から宇井正一市議、坂本洋子市議をはじめ会のみなさんが県庁まで来てくださいました。4月14日に続いて3回目の提出行動ですが、この短期間でさらに5273筆が寄せられ、県に手渡しました。これで署名の合計は22183筆となりました。香取市の人口が75000人余りであることを考えればとんでもない数です。


3月に発表された「千葉県立病院新改革プラン」(素案)では、「佐原病院が現在担っている地域医療の役割を果たせるよう、耐震性確保や在宅、救急医療などの診療体制充実を図っていきます。また、将来的に安定した医師確保を図り、効果的・効率的な地域の医療提供体制を確保するために、県内の大学医学部、地域の公立医療機関とネットワークを構築していくことが必要です。」と記載されています。


一方で県保健医療計画における県立病院が担うべき役割として、「これまで県立病院が担ってきた地域完結型の一般医療については、県民の理解を求めながら、地域の実情に応じて小回りのきいた医療サービスが提供できるよう地域の自治体等が中心となり、新たな医療提供体制の枠組みへの再構築を進めることとします。」という記述があり、地域医療を担う佐原病院については依然として地域に移管する方向が示されています。


今日の要請でもあらためて言及されたように、佐原病院の存続・充実のためには県保健医療計画の見直しがいよいよ不可欠です。来年度が計画の改定ですが、まさに「オール香取」の声である「県立佐原病院を守れ」の願いに県は正面から応えるべきです。

今日から6月-議会に向けて議案や補正予算案などについて説明を受けました

6月議会の開会を前に、今日は当局から議案と補正予算案、新総合計画原案などの説明を受けました。


20170601議案説明寺みわ_1


補正予算案では森田知事が明言していた保育士の処遇改善策が明らかになりました。総額5.5億円、最大一人当たり月額2万円の給与改善ということですが、県が負担するのは2分の1(千葉市は4分の1)、現在独自に処遇改善策を実施している自治体については新たに制度拡充をしなければ対象にしないというものです。


現在はまったく制度がない自治体はいずれにしても新たな負担が発生します。またたとえば自治体独自に5000円の処遇改善をしている市であれば、新たに5000円制度拡充をすれば県がもう1万円上乗せして合計2万円ということになります。2500円の制度拡充であれば7500円の上乗せで合計1万5000円です。つまり市町村が事業を実施することを条件に県は上限1万円で2分の1を補助するということです。


私立保育所で働く常勤保育士約9000人が対象ですが(非正規でも6時間/日、20日/月以上働けば対象)、今年度は半年分ということです。

これで保育士のみなさんの処遇改善が本当に進むのかどうか。自治体の状況もそれぞれ違います。実態に見合った制度となるように検討が必要です。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 千葉県原爆被爆者友愛会の定期総会に参加しました
  • 千葉県原爆被爆者友愛会の定期総会に参加しました
  • 企業主導型保育事業所を訪問しました
  • 寺尾リーフができました
  • 寺尾リーフができました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました