寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2017年05月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

千葉市幼稚園教育振興大会に参加しました

5月も最終日。今日の午前中は第51回千葉市幼稚園教育振興大会に中村きみえ市議、もりた真弓市議らとともに参加しました。


IMG_9634


2015年度からの子ども・子育て支援新制度の実施に伴い、千葉市内でもいくつかの幼稚園が認定こども園に移行しました。保育所とは制度も役割も異なる施設として発展してきた幼稚園が保育の受け皿とされることで、新たな矛盾を招いていることは否定できません。


一方で安い公定価格の見直し、保護者負担の軽減などの課題は新制度のもとでも先送りされています。千葉県でも私立幼稚園への経常費補助などは拡充されてきていますが、求められる水準からすればまだまだです。今日の「大会宣言」でも述べられていたように抜本的な公費拡充が必要です。


午後からは議会控室で6月議会に向けて準備に追われました。開会日は15日、あっという間です。

第3回千葉県国保運営協議会を傍聴しました

今日は「袖ヶ浦福祉センターの存続と充実を求める会」の会議があったり、生活相談の対応で法律事務所に同行したりといろいろありましたが、午後は第3回千葉県国民健康保険運営協議会でした。


IMG_9632
千葉県国保運営協議会で挨拶する県の飯田健康福祉部長


今年度になって最初の国保運営協議会ですが、千葉県国保運営方針(骨子素案)の改訂版が提案され、先送りにされていた「財政運営に係る基本的な考え方について(案)」や「保険料の標準的な算定方法について(案)」も発表されました。また標準保険料率に係る仮試算の概要が発表されました。


運営方針についてまず気づいたのは、「被保険者(県民)の役割」について。3月に提案された案では「保険料を主な財源として医療費の負担を支え合う、助け合いの制度であることを自覚し、保険料を適切に納付する」などと書かれていたのが、今回は「社会保障制度の中核をなす国民皆保険の最後の砦である…国民健康保険制度を維持していくための主要な財源の一つである保険料を適切に納付する」と書き直されていました。


社会保障ではなく、単なる助けあいの制度と描く書きぶりに大きな批判が寄せられたのかもしれません。同じく3月の案では「不要不急の時間外受診を差し控える」などとされていた文言についても、私たちも「県民が不要不急であるかをどう判断できるのか」と批判しましたが、「平日の診療時間内に受信可能であるのに、夜間・休日急病診療所を受診すること…を差し控える」など具体的に書き直されました。


焦点になっていた一般会計からの法定外繰り入れの扱いについては、「解消・削減を図るべき」としつつ、「早急な解消・削減は、被保険者の保険料負担の急激な増加につながる場合もあることから、地域の実情を十分に勘案し、計画的に行う必要がある」とされました。議論のなかでは被用者保険代表の委員から「国の策定要領にあるように法定外繰り入れ解消の目標年度を決めるべきではないか」という意見も出されましたが、県は「市町村によって相当なばらつきがあり、期限を切って一律に解消をめざすのは難しい」と答えました。


事業費納付金と標準保険料算定方式については、年齢調整後の医療費水準をすべて反映させることにし(α=1)、応能・応益の配分については全国平均の所得水準を1とした場合の千葉県の所得水準に応じて、国から設定される係数により決定することとされました(応能割:応益割=β:1)。


仮試算の概要は、国の公費拡充分の配分によって「今後かなりの変動が予想される」として市町村ごとの数字は発表されませんでした。今年度試算の数字として一人当たり標準保険料は130365円となり、比較対象の2015年度と比べて+7440円(+6.1%)ということです。増加額が最も大きい市町村は+23480円となり、54市町村中29市町村が保険料が増加するという結果です。


県は公費拡充分と国特別調整交付金の配分によって次回の試算(8月予定)は保険料が引き下げられると想定していますが、所得水準が低い市町村が当面下がるだけで長期的に見れば全体が上がっていく見込みです。国保の構造的矛盾を解決するものではありません。抜本的な公費拡充を求めつつ、よりよい運営方針にするために引き続き県に要望していきたいと思います。

大野たかしさんと幕張本郷駅で選挙結果報告宣伝に取り組みました

千葉市長選挙から一夜明け、今朝は候補者として奮闘した大野たかしさんの地元・幕張本郷駅で大野さん、中村きみえ市議とともに選挙結果について報告しました。


20170529_071917


大野さんの最終得票は41870票(得票率18.7%)でした。花見川区では8629票(得票率21.5%)を獲得。今朝の宣伝でもたくさんの方から激励を受けました。引き続き選挙中に掲げた政策の実現をめざす決意を表明した大野さんの訴えは力強いものでした。


「共謀罪」法案を廃案に追い込むための取り組みや東京都議選など重要な局面が続きます。6月議会の準備とあわせて力を尽くさなければいけません。

千葉市長選挙、大野たかしさんは及びませんでした

千葉市長選挙。開票結果はすべて明らかになっていませんが午後8時過ぎ、現職の熊谷俊人市長にNHKによる当選確実が報じられました。残念ながら「新しい千葉・みんなの会」の大野たかし候補は及びませんでした。


みんなの会の大竹会長らとともに花見川区の大野たかし事務所で記者会見が行われ、大野さんは「寄せられた期待に応えられなかったのは本当に申し訳ない。しかしエアコンをつけてほしい、国保料を下げてほしい、カジノはやめてほしいなどの声は必ず今後に生きる。今後は一人の市民として掲げた公約の実現に全力をあげる」と決意表明しました。


IMG_9620
IMG_9603


大野さんは街頭で寄せられた声をすぐに演説に生かし、日々迫力を増していきました。当初マスコミでも「大きな争点はない」などと書かれるなかで、大野さんが市民の切実な要求を争点に押し上げた意味は本当に大きいと思います。学校へのエアコン設置やカジノ誘致で現市長が言い訳にまわるなど論戦で追い詰め、要求実現の大きな足掛かりをつくりました。大野さんが立候補したからこそ、この市民の声が決して無視できないものになりました。


大野さんの誠実な人柄にも信頼が寄せられました。結果は悔しいですが大野さんが立候補を決意してくれて本当に良かったと思います。まずはお疲れさまでした。これからもともにがんばりましょう。

千葉市長選挙は明日が投票日、大野たかしさんへのあなたの1票で千葉市の市政がかわります!

いよいよ千葉市長選挙は明日が投票日!街頭からの訴えは今日が最後、大野たかし市長候補とともに終日市内を駆け巡りました。


IMG_9483
蘇我駅西口で

IMG_9488
稲毛海岸駅で


朝は福永洋市議とともにJR千葉駅から始まり、蘇我駅、京成千葉中央駅など中央区で訴え。お昼は佐々木ゆうき市議とともに稲毛海岸駅など美浜区で訴えました。大野さんの訴えは迫力満点、どこでも大きな声援が送られました。


IMG_9498
幕張イトーヨーカドー前で


午後は花見川区で中村きみえ市議とともに最後の訴え。幕張イトーヨーカドー前、新検見川駅北口バスターミナル、マルエツ宮野木店とどの演説場所にもたくさんの方が集まってくださり、本当に励まされました。


IMG_9597
最後に訴えたJR稲毛駅で


そして最後はJR稲毛駅。「新しい千葉・みんなの会」に結集する千葉土建、民商、新婦人、民青の各団体からもあらためて大野さん必勝の訴えが寄せられ、午後8時ぎりぎりまで大野さんの最後の訴えが響きました。


若者が「小中学校にエアコンを」という横断幕を見て、「これ大事!絶対やってください」と言いながら通り過ぎていきましたが、選挙期間中だけでも大野さんの訴えはかなりの人に響いたはずです。「無駄な開発より福祉・暮らし充実を」「市庁舎の建て替えより子どもたちのために学校にエアコンを」「幕張へのカジノ誘致は絶対に許さない」-市民一人ひとりを大切にする市政を実現する大野たかしさんの訴えを最後まで届け切り、何としても市長に押し上げたいと思います。


市長選挙の前回の投票率は31.35%。前回投票しなかった多くの方が投票所に足を運べば、必ず市政は変わります。どうかみなさん、最後の最後まで大野たかしさんへのご支援をよろしくお願いいたします。

大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!

千葉市長選挙も投票日まであと2日。雨の稲毛駅から始まって今日は一日大野たかし市長候補の宣伝カーから最後までの支援を呼びかけました。


IMG_9469
稲毛駅での朝宣伝

1495770692791
千葉駅そごう前


午前中は中央区で福永洋市議と千葉駅そごう前などで訴え。最終盤に来て「もう入れてきたよ」という声かけや「がんばって」という声援も多くありました。


1495793682595
北部診療所前で


午後は稲毛区。北部診療所前では診療所の宮島光之事務長が全日本民医連の手遅れ死亡事例を紹介し、国民健康保険の改善を大野さんでと訴えました。ここでは若いお母さんから「子育て施策は何を考えていますか?」と質問され、大野さんが保育所整備や保育士の待遇改善などを丁寧に答えていました。


IMG_9473
稲毛海岸駅で


佐々木ゆうき市議とともに訴えた夕方の稲毛海岸駅では、年輩の男性から「熊谷(市長)も結局箱モノばっかりなんだよな。俺は学校のエアコンは別にいいけど批判票として大野さんに入れるよ」と話しかけられました。こうした方からも大野さんに支持が寄せられるのは貴重です。


IMG_9478
夜の新検見川駅で


宣伝カーを降りて新検見川駅に戻ると、ちょうど中村きみえ市議や地域のみなさんが宣伝していたので合流しました。街頭から訴えられるのはあと一日。明日の午後は花見川区で大野さんが最後の訴えを行ないます。午後3時から幕張イトーヨーカドー、午後3時50分から新検見川駅北口バスターミナル、午後4時40分から畑町マルエツ(宮野木店)前です。最後の最後までのご支援をよろしくお願いします!

核兵器禁止条約の草案発表に確信-千葉県原爆被爆者友愛会の定期総会に参加しました

千葉市長選挙は最終盤ですが、県議団は今日は朝から晩まで議員団会議。6月議会に向けての準備も本格化してきました。


午後、会議を中断して参加したのは千葉県原爆被爆者友愛会の第47回定期総会。昨年に続いての参加ですが、今年は何といっても3月に開かれた「核兵器禁止条約の締結をめざす国連会議」の成功を受けて先日発表された核兵器禁止条約の草案が最大の確信となりました。


特に条約草案前文で、「核兵器使用の被害者(ヒバクシャ)および核実験の被害者の苦難に留意」するとともに、「核兵器完全廃絶の呼び掛けのような、人道原則を促進するための市民的良心の役割を強調し、その目的のための国連、赤十字国際委員会、多数の非政府組織およびヒバクシャの取り組みを認め、以下のように合意した」と、被爆者のみなさんと連帯した市民運動の意義を明記していることには大きな感慨を覚えました。


私自身、被爆者のみなさんとともに原水爆禁止世界大会や国民平和大行進に参加したり、署名や折り鶴を被爆地に届ける取り組みをしてきましたが、こうした草の根の取り組みが国際社会の世論を動かす最大の力になったのです。提起されている「ヒバクシャ国際署名」の運動を広げ、県議会でも超党派で取り組みを広げていくためにあらためて力を尽くす決意を表明しました。


IMG_9459


会議終了後には幕張駅へ。遅れての参加でしたが、中村きみえ市議や地域のみなさんとともに大野たかし市長候補への支持を呼びかける宣伝を行ないました。「核兵器などによる戦争への脅威をなく」すという「平和都市宣言」を掲げる千葉市にふさわしい役割を果たすためにも、戦争への道にきっぱりと反対する大野たかしさんへ最後まで支援を呼びかけます。

「共謀罪」法案が衆院可決-国連からも懸念の声が寄せられる悪法を何としても廃案に

衆議院本会議で「共謀罪」法案が可決。多くの国民が抱く疑問にも何も答えず、本当に数の力だけで押し切りました。


今日は宣伝カーには乗車せず議会控室で仕事をしていましたが、テレビではイギリスのテロ事件や「中核派」と見られる容疑者の逮捕、北朝鮮のミサイル発射など途端にきな臭い報道が増えてきました。「テロ対策」が必要だということを煽るわけではないでしょうが、何とも異様に感じました。


NHKなどはそのあと「『テロ等準備罪』が衆議院で可決」などと報じていましたが、共謀罪法案はテロ対策とは何の関係もありません。国連のプライバシー権に関する特別報告者からも懸念の声が寄せられている共謀罪法案。「抽象的で恣意的」「対象犯罪が幅広く、テロリズムや組織犯罪と無関係のものを含む」という指摘は見事に的を得ています。政府はまったく懸念には答えずに抗議しましたが、国際社会にもまともに説明できない法案はいますぐ廃案にすべきです。


嘆いている暇はありません。世論を盛り上げ何としても廃案に追い込みましょう。

大野たかし市長候補の訴えにこれまでにない反応、視生会のみなさんと千葉市への要望書も提出しました

千葉市長選挙の投票日まで一週間を切りましたが、大野たかし市長候補の訴えにはこれまでにない反応が寄せられています。


IMG_9441
JR稲毛駅で

IMG_9435
子どもたちも署名に協力してくれました


今日は午後から稲毛区を宣伝カーで訴えました。JR稲毛駅では「新しい千葉・みんなの会」の各団体のみなさん、佐々木ゆうき市議とともに訴えましたが、カンパが1000円寄せられたり、「まわりにも大野さんをよろしくと声をかけているのよ」という声があったり、子どもたちがエアコン署名に応じてくれたりと大変に励まされました。エアコンに加えてカジノ、国保と争点に押し上げてきた問題でさらに追い込み、あっと驚く結果を出したいですね。


IMG_9430
千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会(視生会)のみなさんと千葉市への要望書提出


午前中は先日の県警本部に続き、千葉市に対して「千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会(視生会)」のみなさんの要望書を提出しました。中村きみえ市議とともに同席しましたが、稲毛区京成みどり台駅近くの環状交差点(ラウンドアバウト)へのエスコートゾーン(誘導横断帯)の設置や点字ブロックの改善などを求めました。


例によって予算の問題がありすぐにすべてが改善ということにはなりませんが、優先順位をつけるためにもまずは土木事務所の方に視覚障害者のみなさんと現場を見ることを提案しました。当事者にしか気づかない視点が多々あることに気づかされ貴重な要望書提出となりました。少しずつでも改善を図りたいと思います。

千葉市長選挙ラストサンデー、大野たかし市長の誕生で冷たい市政の転換を

今日も暑かったですね~。


千葉市長選挙はいよいよラストサンデー。投票日まで一週間です。


IMG_9423
こてはし台で大野たかし市長候補、もりた真弓市議と

IMG_9426
美浜区で佐々木ゆうき市議と


今日も宣伝カーで午前中はもりた真弓市議と花見川区を、午後は佐々木ゆうき市議と美浜区をまわりました。こてはし台では大野たかし市長候補も合流して千葉土建住宅デーに参加のみなさんにも宣伝。大野さんは大争点になってきた学校へのエアコン設置やカジノ誘致、国民健康保険料の問題を力を込めて訴えました。国保の問題では、先日新検見川駅でこちらが訴えた話の内容をさっそく取り入れていたのはさすがです。


千葉市の冷たい姿勢がとりわけ表れているのが国保行政です。ただでさえ高い国保料を6年連続引き上げていることに加えて、保険料を滞納している34412世帯のうち1405世帯(昨年12月1日時点)も資格証明書を発行しています。資格証明書は一旦医療機関の窓口で10割負担しなければいけません。つまり保険証の取り上げです。


千葉市の人口の半分程度の市川市では、資格証明書の交付世帯は17682世帯中60世帯です。967世帯が滞納している酒々井町、897世帯が滞納している一宮町などは資格証明書は1世帯も交付していません。命に係わる保険証の取り上げはそれだけ簡単にはできないことなのです。それを1400世帯も行っている千葉市。経済的理由で受診が遅れ、手遅れになる事例が後を絶たないのは当然です。


こうした冷たい市政のあり方を根本から切り替えるためにも、大野さんを何としても市長に押し上げなければなりません。

暑さのなか今日も大野たかし市長候補への支持を呼びかけました

暑い一日になりました。


千葉市長選挙も折り返し。今日の午前中は花見川区で中村きみえ市議と、午後は稲毛区で訴えました。今日のような暑い日はまさしく「学校にエアコンを」という訴えに力が入ります。


IMG_9420


ある演説場所では21歳の女性と対話に。「この前やっていたネット討論会を見ましたよ。面白かったです。なかなかこうやって演説を聞く機会もないし、ああいうのがもっとやられればいいですよね」ということでした。「選挙のことはいろいろ考えてます」という彼女とそれ以上時間がなくて話せませんでしたが、関心を持って市長選挙を見ている人もいるんだとうれしくなりました。インターネットを使った訴えももっと工夫していく必要がありますね。


千葉駅前の演説会には参加できませんでしたが、地域で訴えていても毎日何かしらの反応があるのは励まされます。体調には気をつけつつ明日も頑張ります。

自民・公明・維新が「共謀罪」法案を強行採決-数の力による憲法破壊を許すな

自民・公明・維新が今日の衆議院法務委員会で「共謀罪」法案を強行採決!内心を処罰し、一般人も対象になり、テロとは何の関係もないことが明らかになったにもかかわらず、政府の説明が総崩れでも数の力で押し通す。こんな採決は無効だし絶対に許されません。許してはなりません。たたかいはこれからです。


IMG_9395
中央区で福永洋市議、田中一千葉土建千葉支部書記長と


憲法も数の力で破壊する暴走政治の極みを絶対に許すなと、今日も大野たかし千葉市長候補の支援を訴えました。午前中は中央区で福永洋市議、千葉土建千葉支部の田中一書記長と、午後は田中さんに加えて美浜区で佐々木ゆうき市議とそれぞれ訴え。昨日に続き宣伝カーに駆け寄ってきて、小中学校へのエアコン設置について詳しく聞きたいというお母さんと対話になりました。市長選の大争点となり市民のみなさんの関心も高まっています。


IMG_9414
新検見川駅南口で大野候補、中村きみえ市議、「みんなの会」のみなさんと


夕方は候補者カーと合流して新検見川駅での街頭演説会で訴え。中村きみえ市議の司会で、大野たかし候補ととともに「新しい千葉・みんなの会」に参加する年金者組合、民医連、新婦人、民商、民青のそれぞれのみなさんも大野たかしさん必勝を訴えました。


IMG_9407
新検見川駅には多くのみなさんが集まりました


今日付の朝日新聞(千葉版)では市長選候補者アンケートの回答が載っていますが、現市長は学校へのエアコン設置については「無責任な発言をせず」などと背を向ける一方で、幕張へのカジノ誘致については「国の動向を注視しながら慎重に検討を進める」とごまかしています。市民のみなさんが圧倒的に求めているエアコン設置と多くのみなさんが反対しているカジノ反対を明言できないことこそ問題です。


こうしたごまかしを許さず、市民の暮らし最優先の市政を実現するためにさらに訴えを強めなければいけません。明日は午後4時からさいとう和子衆院議員を迎えて大演説会です。ぜひ!

大野たかし市長候補の訴えが響いています

今日は議員団会議でしたが、夕方は朝と同じく幕張駅で中村きみえ市議、地域のみなさんと宣伝しました。


IMG_9393


「カジノ誘致NO!新庁舎建設に298億円よりも普通教室にエアコンを、国保料の引き下げを」という目立つパネルを並べ、大野たかし市長候補への支持を呼びかけたところ、何人もの方が近づいてきて「エアコン設置がんばってくださいね」「千葉市はカジノを誘致しようとしているんですか?」「実は昨日、期日前投票で大野さんに入れてきたんです」と話しかけてきました。びっくりしましたが、それだけ大野さんの訴えが浸透してきたということ。大いに励まされました。


明日19日の夕方6時からは新検見川駅南口で「みんなの会」のみなさんとともに大野さんが訴えます。そして20日土曜日の午後4時からは千葉駅クリスタルドーム前でさいとう和子衆院議員を招いて街頭演説を行ないます。中盤戦の千葉市長選挙、ぜひ迫力を増す大野さんの訴えをお聞きください。

夕方から大野たかし市長候補と訴えました

千葉市長選挙も告示から4日目。今日は夕方から大野たかし候補と稲毛区で訴えました。


20170517212934
20170517213030


「小中学校の教室にエアコンを!」という訴えをしているとそこかしこで子どもたちに囲まれ、「エアコンつけてくれるの?」「テレビ出るの?」と質問攻めにされます。大野さんが「必ずつけるよ!」と答えると子どもたちから大きな歓声が上がりました。


その後大野さんは青年会議所主催のインターネット討論会に向かいました。現職市長との一騎打ちの生討論は緊張すると思いますが、大野さんの真面目で誠実な人柄は多くの人に伝わるはずです。がんばれ大野さん!

憲法カフェ、法律相談、宣伝カーからの訴えと駆け巡りました

千葉市長選挙で大野たかし候補への共感が広がっています。


今日は新検見川駅北口の駅頭宣伝から始まり、午前中は朝日ヶ丘で中村きみえ市議と訴えた後、幕張のカフェシープで行われた憲法カフェ「パンと紅茶と憲法の時間」へ。ゲストのもりかわうらゝさん(守川幸男弁護士)のお話を聞きながら、憲法と自分たちの生活のつながりについて考えました。


IMG_9383
朝日ヶ丘・にれの木台で中村きみえ市議と


「世間話をするように、くらしのこと、政治のこと、気軽に話したい」というコンセプトのもと、主催したMさんらが様々な工夫をこらして気楽でおしゃれな空間をつくりだしていました。そんんななかで「憲法で一番大切な条項は『個人の尊重』を定めた13条」「自民党などからは『押し付け憲法』と言われるが、憲法の内容は国民にはプレゼント。押し付けた相手は憲法に縛られる立場である国家権力」など、憲法の意義がぐっと深まりました。こんなカフェなら何度でも参加したいですね。パンもとっても美味しく、本当にありがとうございました。次回は6月20日に開催予定とのことです。


20170516_121644
憲法カフェのレジュメとパンランチ


午後からは寺尾事務所で毎月定例の法律相談を行なったあと、再び宣伝カーに合流し、佐々木ゆうき市議とともに美浜区で訴えました。「学校へのエアコン設置」「国保料引き下げ」「幕張へのカジノ反対」などの訴えに対する反応がよく、稲毛海岸駅では次々とチラシが受け取られていきました。公園や小学校では子どもたちから「エアコン!エアコン!」のコールが起こり、大盛り上がりでした。


IMG_9388
美浜区で佐々木ゆうき市議と


安倍政権の憲法改悪の動きにもまったくモノを言う姿勢がない現市長。「憲法を守り、市政に生かす」という大野たかしさんの訴えをさらに広げる時です。

視覚障害者のみなさんの要望を県警に伝えました

千葉市長選挙のさなかですが、今日は「千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会」のみなさんとともに、信号や交差点の安全対策について県警本部に要望を伝えました。


IMG_9373


昨年施行された障害者差別解消法では、国や自治体、民間事業者にたいして、障害のある人にたいする「不当な差別的取扱い」を禁止し、障害者が社会生活を送る上での社会的障壁を取り除く「合理的配慮」を求めています。視覚障害者のみなさんにとっての基本的な権利である移動の自由を確保するために道路の安全対策は欠かせないものですが、現実には危険なまま残されている箇所がまだまだたくさんあります。


今回特に要望した点は、横断歩道にエスコートゾーン(誘導横断帯)を設置することや変則式の交差点に押しボタン式の音響信号機を設置すること。特に千葉県内にも数少ないながらも存在する環状交差点(ラウンドアバウト)は視覚障害者にとってまっすぐ進むことが難しく、説明がなければ交差点の形状も認識できません。千葉市内には稲毛区の京成みどり台駅近くにありますが、交通量はそこまで多くないもののやはり危険なようです。


県警側は「予算の問題もあるが、様々な要望が寄せられており優先順位をつけて対応したい」と回答しました。しっかりと受け止めてほしいと思いますが、当事者の視点で具体的な箇所を上げて直接要望を伝えることは大切だと感じました。


他にも点字ブロックが経年劣化で摩耗していたり、JIS規格でないものも混在しているため使いづらいという声もありました。こちらは道路管理者に対してあらためて要望したいと思います。

千葉市長選挙告示-あなたの願いを大野たかし候補へ!

千葉市長選挙が告示されました!


新しい千葉・みんなの会から日本共産党推薦で立候補した大野たかし市長候補は千葉駅前で意気高く第一声。みんなの会に参加する千葉地区労、民医連、新婦人、年金者組合、民青、民商の各団体代表、日本共産党の野本信正市議団長からも力強い決意表明がありました。


IMG_9332
IMG_9335
第一声で訴える大野たかし千葉市長候補


集まった聴衆の大声援を受けて第一声に立った大野たかし市長候補は、「何としても市民一人ひとりを大切にする市政を実現したい。高すぎる国保料引き下げや小中学校へのエアコン設置に背を向け、無駄な巨大開発とカジノ誘致に突き進む市長はいりません!」と力を込めて訴えました。


大野さんが訴えたように市政の主役は市長ではありません。一人ひとりの市民です。あまりにもその実態からかけ離れたいまの市政を転換するために、ぜひ大野さんを市長に押し上げましょう。


IMG_9342
応援演説を行う日本共産党のさいとう和子衆院議員

IMG_9348
第一声終了後、マスコミから取材を受ける大野たかし候補


日本共産党のさいとう和子衆院議員も応援演説。「我が事・丸ごと」の名で社会保障を切り捨て究極の自己責任社会をつくろうという安倍政権の狙いを告発し、共謀罪に加えてついに憲法9条改悪まで明言した暴走政権にストップをかけるために大野たかしさんの勝利をと訴えました。


IMG_9354
緑区でかばさわ洋平市議と

IMG_9356
若葉区で野本信正市議と


午後からは緑区でかばさわ洋平市議、若葉区で野本信正市議とともにさっそく宣伝カーで訴えました。投票日は28日。明日からは期日前投票も始まります。「暮らしを良くしてほしい」「子どもたちのために早く学校にエアコンを」「カジノはいらない」の願いはこぞって大野たかしさんへ!

いよいよ明日、千葉市長選挙告示-大野たかしさんの熱い訴えを聞いてください!

いよいよ明日、千葉市長選挙が告示されます。午後は大野たかし市長予定候補、中村きみえ市議とともに千葉健生病院健康友の会定期総会に出席。「我が事・丸ごと地域共生社会」の名で自助・共助を押し付け、さらなる社会保障改悪を進めようという安倍政権の暴走をストップさせよう、そのためにも千葉市長選挙の勝利をと訴えました。


IMG_9285
千葉健生病院健康友の会総会で挨拶する寺尾さとし

IMG_9290
挨拶する中村きみえ市議

IMG_9298
決意表明する大野たかし市長予定候補


大野さんは自ら事業を営んでいた時に千葉市の国保料の高さや滞納処分のひどさを実感したことを告発。「国保料が払えなくなれば容赦なく差し押さえ。いかに冷たい市政なのかが象徴的に表れている。カジノ誘致や開発などで外から人を呼び込むというが、いま千葉市に住んでいる人を大切にすることこそ必要ではないか」と怒りを込めて市政転換にかける思いを語りました。


IMG_9304
日本共産党検見川地域後援会・松風会のつどいで訴える大野たかし市長予定候補


挨拶後すぐに移動し、今度は日本共産党検見川地域後援会・松風会の「市長選を考えるつどい」に3人で参加しました。雨のなか集まってくださったみなさんにここでも熱く訴える大野さん。参加者からは「初めて聞いたが大野さんの話に本当に納得した」「ここで聞いた話をもっと多くの人たちに広げていくことが大事では」などの感想が出され、充実したつどいになりました。


つどい終了後、中村きみえ市議とともに参加者の男性に訴え、「大野さんの話に心動かされた。体調の心配はあるが運転などできることはやりたい」と日本共産党の仲間に加わっていただきました。訴えたこちらもびっくりでしたが本当に励まされました。


告示日の明日は午前10時から千葉駅前で斉藤和子衆院議員の応援を受けて大野さんの第一声です。ぜひ大野さんの熱い訴えを聞いてください!

大野たかし市長予定候補と幕張新駅予定地の視察、駅頭宣伝にとりくみました

千葉市長選挙の告示を明後日に控え、今日の午前中はJR京葉線の新駅設置が検討されている幕張新都心拡大地区の予定地を大野たかし市長予定候補、丸山慎一県議、佐々木ゆうき市議とともに視察しました。


IMG_9227
県職員から説明を受け、新駅予定地を視察する各議員と大野たかし市長予定候補


県企業土地管理局、千葉市新都心課の職員から説明を受けながら、まずはイオンモール幕張新都心のロータリーの目の前にある新駅予定地を見てみました。


京葉線は、この付近は下り線が地上、上り線が高架を走っています。線路の形状はそのままでホームを設置して駅にする計画ですが、高架の上り線は海浜幕張駅方向からなだらかに傾斜して低くなっています。高架の柱も狭い間隔で設置されており、ここに改札口やコンコースをつくるのはなかなか大変そうです。


IMG_9238
イオンモール幕張新都心・ファミリーモール3階から眺めたロータリーと新駅予定地


その後、駅と同時に建設予定の線路をまたぐ自由通路(長さ150メートル)の反対側にも行ってみました。付近には多少のマンションや戸建てがありますが、人通りはほとんどなく自由通路の必要性がそこまであるのか率直に言って疑問を感じざるを得ませんでした。基本調査で明らかにされた180億円もの建設費用の負担のあり方も含めて、引き続き注視していかなければなりません。


IMG_9269
夕方の新検見川駅宣伝


夕方は新検見川駅南口で朝に続いて大野予定候補、中村きみえ市議、小松実前県議らとともに街頭宣伝。この間になくチラシの受け取りがよく、チラシを受け取ってくれた人にすかさず駆け寄って握手する大野さんに「がんばって」という激励が多くありました。「貧困と格差の拡大が気になる」という若者とも対話になり、大野さんが熱く訴えるなかでやはり激励を受けました。


IMG_9267
若者とも対話になりました


訴えに対する反応にも少しずつ手ごたえが出てきた千葉市長選挙。さらに宣伝・対話を強めたいですね。

春季地方議員研修会が開かれました

今日は日本共産党千葉県委員会主催の春季地方議員研修会。私は国民健康保険都道府県単位化に向けての現状と課題をテーマに報告しました。県国保運営協議会での議論や「運営方針(骨子素案)」の問題点などを話しましたが、最大の問題は昨年度に県が行なった事業費納付金と標準保険料率の試算が公表されていないことです。議会と住民に隠したまま、なし崩し的に都道県単位化を進めることは許されません。


IMG_9196


午前中は千葉県農民連の森吉秀樹事務局長による「安倍農政改悪について」。安倍政権は主要農作物種子法(種子法)の廃止を強行し、米・麦・大豆の種子を行政が開発・普及する責任を放棄しました。


農業の競争力強化のために「民間との公平な競争を促進する」などといいますが、とんでもないことです。紹介された水稲種子の販売価格(20㎏あたり)では北海道の「きらら397」が7100円、青森県の「まっしぐら」が8100円に対して、三井化学アグロの「みつひかり」は80000円と10倍にもなります。生産収量は一般品種の1.5倍程度であり、これでは割に合いません。結局、米・モンサント社など多国籍食品大企業の儲けのために行政の責任を投げ捨てるというのが種子法廃止の本質です。


一方で全国有数の農業県でありながら、千葉県の農業予算は他の農業県と比べても割合で半分程度しかありません。国が稲作農家の戸別所得補償制度を削減・廃止しようとしているもとで、「他県並みの農業予算を確保すれば、県独自に10アールあたり15000円の所得補償をすることもできる」という訴えには県議団の責任を痛感しました。若者など新規就農者の拡大のためには10アールあたり2万円が必要という声もありました。


情勢的にも激動のなかで開かれる6月議会に向けて大いに力になる研修会でした。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 7月29日は千葉2区市民連合大宣伝です
  • 自治体学校in千葉最終日
  • 自治体学校in千葉最終日
  • 自治体学校in千葉2日目
  • 自治体学校in千葉2日目
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 自治体学校in千葉が始まりました
  • 津田沼駅前街頭演説会&中核地域生活支援センター大会に参加しました