寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2017年01月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

明るい会の県庁前宣伝、障千連のみなさんと副知事要請を行いました

昨日の暖かさから一転、今朝は厳しい冷え込みでした。冷たい風に震えながら「憲法が生きる明るい千葉県をつくる会」(明るい会)のみなさんとともに県庁前宣伝と県庁・県警職員のみなさんに県政の転換を訴えました。


IMG_7535

SCN_0038
SCN_0039


千葉県知事選挙に向けては市民と野党の共闘組織「みんなで新しい知事を選ぶ会」(選ぶ会ちば)が基本政策を発表しています。①県民のいのちと暮らし、高齢者を大切に、②子育て安心、若者に夢と希望を、③中小企業や農林漁業に光を、④全国4位の「財政力」をあなたの暮らしのために、という4つの柱で「知事を変えて千葉県を変えよう」と呼びかけています。幅広い県民のみなさんに読んでいただきたい内容です。


IMG_7538


午後、「障害者の生活と権利を守る千葉県連絡協議会」(障千連)のみなさんに同席し、諸橋省明副知事にパンフレット「障害者権利条約にふさわしい障害者施策の実現を!」を手渡しました。障千連の全国団体「障全協」の結成50年を記念し、全国の首長に権利条約を直接手渡す運動として取り組まれているものです。


IMG_7548

SCN_0040


森田知事に手渡すことはできませんでしたが、副知事にパンフレットを手渡すとともに、県の重度心身障害者医療費助成制度や障害者総合支援法の介護保険優先原則の改善などを直接訴えることができました。最後は重度医療制度の一部負担金をなくし、精神障害者を含めるよう求める17800人分の署名も提出しました。


IMG_7555


障害者施策の前進は県知事選挙でも大きな争点です。ぜひ障害者の実態に寄り添う知事を誕生させたい。

千葉県で市民連合が発足!「いずみの会」の総会と新春の集いでも訴えました

ついに千葉県でも市民連合が発足!県弁護士会館で行われた発足学習会には335人が集まったそうです。


IMG_7527


午前中花見川団地で訪問活動を行なった後に駆けつけようとも思いましたが、今日は西小中台・宮野木台地域後援会「いずみの会」の総会と新春の集いでした。


もりた真弓市議は体調不良で欠席のため、党大会の確信や県政についてなどかなり時間をとってお話させていただきました。宮野木台で自由党のポスターを掲げるお宅を訪問し大歓迎されたことなど、地域でも野党共闘への期待と日本共産党への共感が広がっていることも訴えました。


夕方は「新しい知事をみんなで選ぶ会」の全体会に出席しましたが、県知事選挙に向けても野党共闘の前進をはかれるようにしたいものです。

千葉県議会報告冬季号ができました

今朝は寒さも和らぎ駅頭宣伝も幾分楽でした。風は強かったですが気候は3月並みということです。喉はまだ本調子ではありませんが、さつきが丘の朝市宣伝でももりた真弓市議とともに訴えました。


IMG_7520


さて12月定例千葉県議会の様子などをお伝えする日本共産党県議団の県議会報告ができました。今回は簡易版で全戸配布規模ではありませんが、代表質問で追及したテーマについてその後の経過も含めてお伝えしています。


1701県議会報告1面

1701県議会報告2面


県は来年度、小学校3年生について38人から35人学級にすることを決めました。国によって加配定数の一部が基礎定数化されることをきっかけに、2013年度以降ストップしてきた少人数学級の拡大にようやく踏み出しました。学校の判断で行う「選択制」のため、すべての学校での完全実施と小学校4年生以上、中学校2年生以上へのさらなる拡大が求められます。


一方で1月12日に開所式が強行された自衛隊木更津駐屯地でのオスプレイ定期整備ですが、1月30日に初飛来することが明らかになりました。2機のオスプレイが飛来し、そのうち1機が定期整備の対象になります。残りの1機は普天間基地に帰り、2月1日から9月上旬まで最初の1機の整備を行う予定です。成田空港の軍事的利用、習志野演習場での米軍の訓練参加など、千葉県を戦争の足場にする動きを許さないために力を尽くさなければいけません。


2月1日からの県議会は知事選挙前最後の論戦の舞台です。ぜひご注目をいただきたいと思います。

オスプレイ定期整備にあたって覚書が取り交わされました

昨夜から鼻・のどの調子がおかしくなり「ついに自分もか」と思いましたが、熱は出ず何とか落ち着いています。このまま良くなればと思いますが。


さて報道されているように、オスプレイの自衛隊木更津駐屯地での定期整備にあたって防衛省と米軍、整備を担当する富士重工との間で覚書が取り交わされました。この間木更津市が求めていたもので、①運用時間(飛行、作業等)は平日午前8時半から午後5時まで、夜間の騒音発生に十分配慮する、②場周経路は西側(海側)を使用、③試験飛行の空域は東京湾南部及び相模湾上空を使用、④その他となっています。


これらは市が求めていたことであり、県民の運動や地元の声が動かしたという点では一歩前進です。同時に米軍は「必要なときは、上記手続きによらない権利を留保する」としています。軍事的な理由によって覚書の内容が反故にされることもありうるのでは、やはり住民は安心できません。そもそも県や市が求めていた「オスプレイの安全確認」はまったくできていません。引き続き撤回を求めて声を上げます。

障千連の県交渉に同席、保育関係者の方からもお話を伺いました

今日は障害者の生活と権利を守る千葉県連絡協議会(障千連)のみなさんによる対県交渉。毎年行っている交渉に浅野ふみ子国政事務所長とともに同席しました。


IMG_7519


障害者権利条約の批准と障害者差別解消法を施行を受けて、障害者施策の抜本的な拡充が求められています。冒頭、県障害福祉課の古屋課長は「当事者のみなさんに寄り添った行政をしていくことが基本。今日のお話を受けて施策の推進をはかりたい」と話しましたが、障千連のみなさんが切実に求めている要求への回答はその言葉とは程遠いものでした。


待機者が増大している入所施設やグループホームについては、3年間で1200人分のグループホームを整備する計画といいますが、「地域移行」の名のもとに入所施設の拡充には背を向けています。県立障害者施設・袖ケ浦福祉センターは利用者への虐待死亡事件を機に規模縮小を進めていますが、強度行動障害など最重度の障害者が入所する更生園(成人施設)の地域移行はまったく進んでいません。「地域で暮らすことができれば一番いいが、そこから抜け落ちてしまう人が必ずいる。親の支援が受けられなければ犯罪に手を染めてしまったり、夜の世界に引き込まれてしまう子もいる。そうした実態を知っているのか」という声に県はまともに答えられませんでした。


障害者総合支援法7条による65歳以上の障害者の「介護保険への強制移行」についても、介護保険の申請をしなければサービスを取り上げる問答無用のやり方をしているのは県内では千葉市と白井市だけです。厚労省の通知や事務連絡に「一律に介護保険サービスを優先的に利用するものとはしないこと」「要介護認定等の申請を行わない障害者に対しては、申請をしない理由や事情を十分に聴き取るとともに、継続して制度の説明を行い、申請について理解を得られるよう働きかけること」と述べられているにも関わらず真っ向から反しています。千葉市のやり方はおかしいと訴訟に立ち上がっている天海さんらの訴えに、県は「個別の問題には答えられない。通知は周知している」と繰り返すばかり。


重い負担を強いている重度心身障害者医療費助成制度の自己負担金などその他の問題でも県の回答は誠意に欠けるものだったと言わざるを得ません。県は口先だけでなく真剣に受け止めるべきです。


夕方は中村きみえ市議、かばさわ洋平市議とともに千葉市内の保育園関係者の方からお話を伺いました。利益最優先の経営によって現場の職員に負担が押し付けられ、法律違反やパワハラが横行する実態に衝撃を受けました。こんな経営が許されれば保育の質が低下するのは当然であり、最後に犠牲になるのは子どもたちです。


やりがいを持ち、安心して働き続けられる環境を保障するために行政がどう責任を果たすか大いに考えさせられる懇談でした。お忙しいなか対応していただいたことに心より感謝します。何とか改善できるように力を尽くしたいと思います。

新春のつどい、千商連青年部協議会総会に参加しました

昨日に引き続き地域後援会の新春のつどい。今日は中村きみえ市議の地元・検見川松風会です。小松実前県議、中村市議とともに参加しました。中村市議は市政報告とあわせて昨日の幕張北後援会のつどいでも披露したフルート演奏を行ないました。


IMG_7479
IMG_7483
松風会の新春のつどい

IMG_7422
IMG_7429
幕張北後援会で


私からは3野党1会派が参加した日本共産党大会の様子と身近なところでも起こっている変化についてお話しました。小松さんからはこの間の日本共産党の躍進が野党共闘を実現させる最大の力となったこと、その原動力は日々草の根でがんばる後援会のみなさんだと語りました。歴史的な党大会を受けて意気高い新春のつどいになりました。美味しいお料理もごちそうさまでした。


IMG_7471
自治労連千葉県本部旗開き


昨日の自治労連千葉県本部の旗開きには斉藤和子衆院議員、浅野ふみ子国政事務所長とともに出席。自治体労働者のみなさんの現場のたたかいと力をあわせて政治を動かす決意を表明しました。


IMG_7501
千商連青年部協議会総会で


さらに今日の午後は千商連青年部協議会の第35回定期総会に初めて招かれご挨拶させていただきました。業者青年のみなさんが営業と暮らしを守るために結束してがんばっている姿に心から敬意を表し、大企業呼び込みには数十億円も平気でつぎ込みながら、中小業者・商店街支援にはわずか2000~3000万円という微々たる支援しか行わない歪んだ県政をともに変えようと呼びかけました。


様々な場面で共同の輪が大きく広がっています。情勢の変化を確信に政治を変える決意を深めた土日でした。

安保法廃止!千葉県民集会は大成功をおさめました

今日はまさに疾風怒濤の一日。午前中は千葉市の公民館に指定管理者制度が導入されようとしていることについての区ごとの説明会、さらに幕張北後援会の総会と新春のつどい、夕方は自治労連千葉県本部の新春旗開き、中部地区委員会としての党大会報告会、夜は千葉西民商の新年会と立て続けに参加しました。あまりにも多すぎるのでこれらは次の機会に。


IMG_7434
IMG_7450
訴える野党代表の国会議員


そして午後は安保法廃止!立憲主義・民主主義をとりもどす千葉県民集会でした。昨年発足した「オール千葉の会」が主催し、千葉市中央公園に幅広い県民2000人が結集しました。政党から日本共産党の斉藤和子衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員、民進党の小西ひろゆき参院議員、新社会党の石井俊雄氏(元長生村長)がそれぞれあいさつ。安保法廃止、南スーダンからの自衛隊撤退を求めてこの千葉県でも野党が一堂に会して訴えるのは画期的です。


さらに元自衛隊レンジャー部隊の井筒高雄さんが特別報告。「『駆け付け警護』という言葉は本来警察用語。軍事的には参戦、応戦ということになる。それではまぎれもなく憲法違反になるのでごまかしているだけ」「いまのPKOは住民保護のためであれば停戦合意がなくてもいい、先制攻撃でもいいということになっている。日本は20年前のルールに基づいてやろうとしているが国際的に通用しない」「日本はもっと憲法9条を押し立てて、武力に頼らない貢献をすべきだ」など、自衛隊の立場から戦争法の具体化は許されないことを語り、覚悟を決めて市民の運動で野党を動かし、政治を動かして憲法違反を正そうと訴えました。


IMG_7468
斉藤和子衆院議員とともに戦争法廃止!花見川区民の会として記念撮影


集会後は千葉市の中心街をアピールウォーク、最後は斉藤さんとともに小松実前県議ら花見川区から参加したみなさんと記念撮影を行ないました。この集会の画期的な成功を力に、オスプレイ定期整備反対とあわせて憲法9条が生きる千葉県づくりをめざします。

2月定例千葉県議会は目前です

党大会から戻り今日は議員団会議。2月1日には2月定例千葉県議会の開会日を迎えます。一気に議会モードに引き戻されました。


昼間には提出される議案と予算について当局から説明を受けました。知事選挙前のため提案される予算案はいわゆる「骨格予算」ですが、それでも1兆6000億円余りに上ります。県立障害者施設・袖ケ浦福祉センターに関わる重要な議案もあり、県民の立場で質していかなければなりません。


さらに党大会に行っている間に、米太平洋軍が1月12日に木更津の自衛隊駐屯地でオスプレイの定期整備拠点となる工場の開所式を行ったことが発表されていました。整備を担う富士重工業から県に開所式の招待状が贈られたそうですが、県は出席しなかったようです。


沖縄での墜落事故原因の究明もないまま飛行訓練と空中給油訓練を再開し、千葉県と木更津市が「オスプレイの安全性が確認されるまで木更津での定期整備の見合わせ」を求めているにもかかわらず、開所式を強行したことは到底認められません。県民の運動と力をあわせて政治を変えるために議会でも力を尽くします。

新たな時代をさらに前へ-日本共産党大会終わる

4日間に渡って行われた日本共産党第27回党大会が終わりました。


received_755670757905482
花見川区からともに参加したもりた真弓市議をはじめ、千葉県から参加したみなさんと


「市民と野党の共闘」という日本の政治の新しい時代をいかにして前に進めるか、全国各地の宝の山のような経験を学び、言い尽くせないほどの知恵とエネルギーをもらいました。


IMG_7401
最終日に壇上にそろった衆議院予定候補のみなさん


アメリカいいなり、財界優先という自民党政治の「二つの異常」が極限まで行き詰まり、日本社会に地殻変動とでもいうべき巨大な変化が起こっていることも実感しました。何しろ自民党の市議や町議を辞め、自民党を離党したあとに共産党に入党して市議候補や国政候補になってしまう時代です(静岡県の経験)。


進めている野党共闘を成功させ、安倍政権を倒せば新しい政治を国民の手にすることができる。そのために決定的な役割を持つ日本共産党の前進。千葉県から参加した仲間と力をあわせて、来るべき総選挙と都議会議員選挙で何としても勝利を勝ち取りたいと決意も新たにしました。


IMG_7371
赤嶺政賢衆院議員と

IMG_7393
清水忠史衆院議員と


新基地建設ストップ、沖縄にも千葉にもオスプレイはいらないと赤嶺政賢衆院議員とも記念撮影、花見川区として4月に支援ツアーに行くこともお伝えしました。宿舎近くのお土産物屋さんでは清水忠史衆院議員ともバッタリ。民青時代の仲間をはじめ、全国でともにがんばるみなさんとの交流からも元気をもらいました。採択された大会決議を手にさっそく実践です!

日本共産党第27回党大会が始まりました

今日から始まった日本共産党第27回党大会に参加しています。大会は18日まで行われます。


20170115_135300
野党各党代表とともに団結がんばろうを行なう党大会参加者


今日は志位委員長の中央委員会報告とともに、日本共産党の歴史上初めて他党の代表が来賓として挨拶しました。民進党の安住代表代行は「自分がこの壇上に立っていることに歴史的使命を感じている。いっしょになって市民とともに政治を変えていく運動に立ち上がろう」と挨拶。会場は割れんばかりの拍手で応えました。自由党から小沢一郎代表が参加したのも驚きでした。「今日を契機に野党共闘を発展させよう」という呼びかけに励まされました。なんと他党の代表も含めて最後は「団結がんばろう」を行い、安倍政権打倒の決意を固め合いました。


マスコミの取材は64人で前回の3倍、注目度が窺えます。さっそく討論も始まり、福岡・直鞍地区の経験などに会場が沸きました。この熱気をぜひ持ち帰り活動に生かしたいと思います。

厳しい冷え込みのなかつどいと訪問活動、出初式に医師会新年会と駆け巡りました

寒い!一日でした。朝から千葉市消防出初式に出席し、その後寺尾事務所で行われた朝日ヶ丘地域の「おしゃべりのつどい」へ。中村きみえ市議とともに県政・市政の問題と絡めて日本共産党の値打ちとご支援を訴えました。


DSC_1329
朝日ヶ丘地域のつどい

IMG_7340
千葉市消防出初式


午後は花見川団地で訪問活動。夕方は千葉県医師会の新年会に斉藤和子衆院議員とともに県議団5人そろって参加しました。田畑陽一郎会長の挨拶では、「財源不足を理由に医療・福祉、国民皆保険制度が崩されることがあってはならない」という言葉もありました。長らく自民党の支持基盤とされてきた医師会のなかでも様々な矛盾が広がっているのではないでしょうか。


IMG_7357
千葉県医師会新年会

IMG_7351
医師会新年会で壇上に並ぶ各党国会議員。左から2人目は日本共産党の斉藤和子衆院議員。


森田知事も参加していましたが、千葉県にもこの言葉はそのまま当てはまります。安倍政権は来年度予算案でも高額療養費の上限引き上げや後期高齢者の保険料特例軽減の縮小・廃止などによって社会保障の自然増分を1400億円削減する方針ですが、現場ではこれ以上の制度改悪は限界だという悲鳴が上がっています。国も県も政治の転換こそ必要です。

さつきが丘で朝市宣伝、浦安市で給付制奨学金制度、学習支援事業についてお話を伺いました

今日は新検見川駅での朝宣伝のあと、今年初めてのさつきが丘の朝市宣伝。もりた真弓市議とともに訴えました。


IMG_7335 - コピー
IMG_7337 - コピー


午後は浦安市へ。岡田幸子県議、美勢麻里・元木美奈子両市議とともに浦安市が行なっている学習支援事業や地域未来塾、そして市独自の給付制奨学金制度について担当課からお話を伺いました。


15992059_705818366260999_695655866_o


2015年度から給付制奨学金制度(浦安市奨学支援金支給制度)を始めた同市。保護者の住民票があり、「生活保護基準の1.3倍以下」という収入基準、「5段階評価で全教科平均3.0以上」という成績基準を満たせば給付を受けることができます。初年度は149人、成績基準を緩和し生活保護受給者も対象とした今年度は345人に利用が増えました。高校生で月5000円、大学生で月15000円という金額はさらなる拡充が求められていますが、負担軽減のための一助になるものです。


SCN_0037


生活困窮者自立支援制度に基づく学習支援事業や地域未来塾も貴重な取り組みです。2015年度開始の地域未来塾は中学校ごとに行なう学習が遅れがちな中学生に対する学習支援ですが、初年度2校、今年度は4校、来年度は全9校で実施する予定だとのこと。学習支援員、未来塾サポーターなど人員確保に困難さがありますが、効果は着実に上がっているようです。一方、学習支援事業はさらに広い意味で子どもたちへの支援を行うものです。


貧困の連鎖を断ち切るために、経済的支援、教育支援のそれぞれでさらなる制度の拡充が求められています。もちろん財政的な課題はありますが、自治体の姿勢一つで具体化できるものもあります。浦安市のような取り組みを全県に広げるためにも県が責任を果たさなければいけません。

今年初めての花見川区革新懇の定例宣伝

3月の県知事選挙を直前に控えた定例千葉県議会は2月1日から始まります。議会準備のための議員団会議を終えたあと夕方から花見川区革新懇の定例宣伝。今日は「駆け付け警護」を行なう南スーダンPKOからの自衛隊撤退を求める署名を呼びかけました。


IMG_7333
IMG_7327


私と小松実前県議らは幕張駅で、中村きみえ市議らは新検見川駅で訴えました。幕張駅に集まったのは6人ほど。寒さもあり、決して次々と足が止まるような状況ではありませんが、「がんばって」と声をかけ署名をしていってくれる方もいます。


今月29日には「安保法廃止、立憲主義回復を求める千葉県市民連合(仮称)」が発足します。午後1時半から千葉県弁護士会館で行われる発足学習会には山口二郎法政大学教授が参加し記念講演を行います。千葉から市民と野党の共闘を推進していくためにぜひ多くのみなさんに参加していただきたいです。

認可外保育施設、国保広域化、貧困世帯の学習支援と考える一日でした

今日はいろいろ。


午前中は昨年7月に起こった君津市の認可外保育施設での乳児死亡事故について、現実に認可外保育施設を運営しているみなさんとともに県子育て支援課から聞き取りを行ないました。年末に今回の事故について検証する県の第三者検証委員会も立ち上げられましたが、当該施設だけの問題とせずに認可外施設が抱える課題を踏まえて踏み込んで検証すべきだと要請しました。


IMG_7320
第1回千葉県国民健康保険運営協議会


午後は第1回千葉県国民健康保険運営協議会を傍聴しました。2018年度から国保の財政運営が都道府県単位化(広域化)されることに伴い、県の運営方針を定めるために来年度にかけて運営協議会が開かれます。


今日は会長などの選出とともに運営方針の骨子案(基本理念など前半の総論部分のみ)も提出されましたが、「県民の責務」として「国保は助けあい、支えあいの制度であることを自覚し」とか、「不要不急の夜間の受診を控え」と記述されるなど、あからさまに財政抑制のための広域化だということが窺える内容でした。国保は言うまでもなく国民皆保険制度を土台から支える社会保障であり、単なる助けあいではありません。公的責任を後退させ、負担増につながりかねない内容は看過できません。


夕方は市川市へ。岡田幸子県議、高坂進市議、浅野ふみ子国政事務所長とともに、ホームレス・生活困窮者支援を行うNPO「市川ガンバの会」のみなさんから貧困世帯の子どもたちを対象に行なっている学習支援活動についてお話を伺いました。貧困の連鎖を断ち切るために大変な努力をされていますが、行政からの支援はありません。他市では自治体としてこうした学習支援事業に取り組むところも多くあります。市・県にどう責任を果たさせていくか考えていきたいと思います。

千葉市「成人を祝う会」で新成人のみなさんをお祝いしました

今日は成人の日。全国では123万人、千葉市では9743人が新たに新成人となりました。


IMG_7300
IMG_7303


今年も千葉市ポートアリーナで行われた「成人を祝う会」に参加する新成人のみなさんに千葉市議団、大野隆衆院千葉1区予定候補とともにお祝いの宣伝。私も平和な日本に生きたい、お金の心配なく学びたい、人間らしく安心して働きたいという若いみなさんの願いにこたえる政治を力を合わせて実現しようと呼びかけました。


IMG_7308
IMG_7314


来賓として参加したその後の式典では千葉ロッテマリーンズの唐川侑己投手らからのビデオメッセージも紹介され、2人の新成人から「二十歳の決意」も披露されました。さらに近くの新宿小学校4年生のみなさんからは「2分の1成人からのメッセージ」も。そういえば40歳の私はちょうど新成人のみなさんの倍ということになります。


昨年は若いみなさんが様々な生きづらさを感じながら、政治に対しても声をあげる一年になりました。その運動は多くの人の希望となり、文字どおり社会を動かしています。あらためて若いみなさんの運動と心から連帯して政治を変える決意です。新成人のみなさん、おめでとうございます。

訪問活動で他党支持の方からも熱烈な歓迎を受けました

午後から冷たい雨も降るなか、今日は一日地域で訪問活動を行ないました。午前中は花園、午後はこてはし台、夕方は西小中台と宮野木台でしたが、どの地域でも対話が弾みました。


夕方の宮野木台ではとっても貴重な出会いもありました。いっしょにまわったYさんが「いつも通る道に〇〇党のポスターが貼ってあるところがあるんだけど、ぜひいっしょに野党共闘を進めましょうとご挨拶してみたいのよね」と言います。「もう暗くなってきたし失礼かしら…」「でもせっかくだから」と思い切って訪問してみました。


すると「共産党?よく来てくれました!」と何とも熱烈な歓迎を受けました。「私は〇〇党の〇〇さんが好きだけど、今はとにかく野党で力をあわせて安倍政権を倒してほしい!戦争への道を止めないと。志位さんも大したものよね~」と話が止まりません。ついには「よかったら上がってお茶でもどうですか?」とまで言われましたが、次の訪問先もあったので「ぜひまたゆっくりとお話ししましょう」となりました。


しんぶん赤旗日曜版の新年号では幅広い市民団体や他党のみなさんがコメントを寄せてくれていますが、その紙面もお渡ししたところ「ありがとうございます!でもとても無料ではいただけません」と募金までいただいてしまいました。他党支持の方からここまで歓迎されたのは当然ながら初めてです。あらためて「野党と市民の共同」という方針の力を思い知りました。さらに視野を広げて共同の輪を広げたいですね。

寒風吹きすさぶなか宣伝カーで訴えを響かせました

1月になり一気に寒くなりましたが、今日も花見川区内を宣伝カーで訴えました。


IMG_7290
IMG_7271


前半は中村きみえ市議地域、後半はもりた真弓市議地域をまわりましたが、どこでもあたたかい声援や激励を受けました。中村市議自宅前ではいっしょに訴えました。


沖縄では昨日、12月に墜落事故を起こしたオスプレイの空中給油訓練再開まで強行されました。いまだに事故原因が特定されていないにも関わらず、米軍は「空中給油は米軍にとって最も重要な能力の一つであり、われわれの作戦にとって本質的なものだ」と正当化しています。しかも実際に訓練を行ったかどうかは「運用・保安上の理由」で明らかにしていません。


まったく日本国民を馬鹿にした話です。怒りの声で日米両政府を包囲し、この暴挙を何としても止めさせましょう。引き続き訴えを強めます。

習志野自衛隊・第一空挺団の降下訓練に米特殊作戦部隊が初参加-日米の軍事的一体化に警鐘を

日米の軍事的一体化が急速に進んでいます。


今日は今年最初の議員団会議。ところが年始の晴れやかな気分を一瞬で吹き飛ばす報告がありました。


陸上自衛隊習志野演習場で毎年行われているパラシュート降下部隊・第一空挺団の「降下訓練始め」の一般公開(1月8日)に、米軍特殊作戦部隊が初参加することが明らかになりました。


参加するのは沖縄県に駐留する第一特殊部隊第一大隊・通称「グリーンベレー」です。敵地に深く潜入してゲリラ作戦などを行う特殊作戦部隊ですが、アメリカ本国以外にはドイツと日本にしかありません。


日米合同委員会合意(習志野演習場)


日米合同演習などではなく、純粋な自衛隊の訓練に米軍が参加するのは初めてだといいます。自衛隊の基地を米軍が使用する際は日米合同委員会の合意事案になりますが、その内容を見てもさっぱり意図がわかりません。


今日の「しんぶん赤旗」で報道されているように、昨日、斉藤和子衆院議員などが防衛省に緊急の申し入れを行いましたが、米軍からの申し出により「日米の連携強化をアピールする」のが訓練参加の理由だと言います。


なぜ米軍がそんなことをする必要があるのか。オスプレイの木更津での定期整備拠点化、米軍横田基地への配備などとあわせて、首都圏での米軍基地機能強化につながる流れではないかと感じます。「たかが訓練」ということで済ますわけにはいきません。こうした危険な動きには機敏に声を上げていかなければいけないと思います。

千葉市・市商工会議所主催の年賀名刺交換会に参加しました

仕事始めの今日は千葉市と千葉市商工会議所主催の年賀名刺交換会でした。


IMG_7259
年賀名刺交換会で浅野ふみ子国政事務所長、中村きみえ市議、もりた真弓市議と


会場は立錐の余地がないほどの大盛況。党市議団と斉藤和子衆院議員、浅野ふみ子国政事務所長らとともに各団体や自治会関係者のみなさんにご挨拶してまわりましたが、他党も含めてさすが総選挙目前という雰囲気でした。様々な立場の方と交流を深め、地域の要望も寄せられるなど貴重な機会でもあります。流れ解散になってしまったので花見川区組と浅野ふみ子さんで記念撮影しました。


IMG_7261
IMG_7270
花園支部新年会


その後は花園支部の新年会へ。K支部長宅には赤飯やお汁粉、御煮しめなど正月らしいご馳走が並んでいます。それぞれのお正月の様子を交流したり新年の抱負を語りあったり、クラシックの曲目を当てるクイズをしたりと時間を忘れて楽しみました。なかなか正月気分が抜けませんが、最後は総選挙と知事選・市長選勝利の決意を誓いあいました。

寺尾事務所周辺で新年のご挨拶です

新年3日目も素晴らしいお天気です。今日は寺尾事務所のある花園地域周辺でハンドマイクを使って新年のご挨拶。いっしょにまわった地元花園支部のK支部長は艶やかな和服姿でした。


IMG_7257


8ヵ所ほど辻々で訴えましたが、道行くみなさんが「あけましておめでとうございます」「共産党?私志位さんのファンよ」などなどあたたかく声をかけてくださいました。正月の宣伝はいいですね。


IMG_7244
IMG_7249


そして昨日の夕方は夫婦で浅草へ。「まあぶる寄席」次期席亭の座を狙う身としては行っておかなければということで、浅草演芸ホールに行ってきました。さすがに初席ということで出演者も豪華。ひたすらお腹を抱えて大笑いしました。さあ、エネルギー充電してがんばります!

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 花園地区敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました
  • 検見川フェスタ「やあびな」と地元・畑町の敬老会に参加しました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました
  • 義母・塙治子の「七十年に一度のコンサート」が開かれました