寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2016年04月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

大型連休初日-あたたかい反応に励まされました

大型連休のスタートです。しかし今日は風が強くてまいった。


IMG_3102
IMG_3118


まずは千葉みなと駅前で連合主催のメーデー参加者のみなさんに連帯宣伝。参議院選挙直前のメーデー、浅野ふみ子選挙区候補の宣伝カー「カブ号」も発見。椎葉かずゆき比例候補、佐々木ゆうき、吉田まさよし両千葉市議とともに「戦争法廃止、野党共闘の発展のためにも日本共産党へのご支援を」と訴えました。熊本地震救援募金への協力やあたたかい声援もあり励まされました。


IMG_3133


続いては寺尾事務所に集合して、中村きみえ市議や地域のみなさんといっしょにアピールウォーク。総勢20人で花園地域をコールしながら3箇所で訴えましたが、なんとわざわざ追いかけて救援募金を届けてくれる方も。2548円が寄せられました。


午後は長作地域で訪問活動。「いよいよ選挙です」と支援を訴えながらしんぶん赤旗の購読も呼びかけました。「高校のクラス会で集まったときにも安倍首相は危ないという声が出されたのよ。共産党ががんばらなきゃね」と、ここでもたくさんの激励を受けました。


夕方は船橋で千葉県保育問題協議会(保問協)のみなさんと懇談でした。日程がびっしりでしたが元気の出る連休初日でした。

5月3日の憲法記念日の集いにご参加を!

今日は議員団会議でした。いつも以上に長引いて革新懇の定例夕方宣伝にも参加できませんでした…。


SCN_0004 - コピー (905x1280)


さて5月3日は憲法記念日。安倍政権が憲法違反の安保法制・戦争法を強行成立させ、参院選で憲法改正草案まで掲げようというなかで、今年は特に重要な記念日です。


かつてない「憲法の危機」を乗り越え、憲法の値打ちを輝かせるためにも憲法記念日の集いをぜひ成功させたい。今年の記念講演は神戸女学院大学教授の石川康宏さん。「マルクスのかじり方」「若者よマルクスを読もう」など若い人に向けた著作も多数。憲法の値打ちとともに、今の時代をどう生きるのか展望が見える話を聞けるはずです。ぜひご参加を!


●5・3憲法記念日のつどい
日時:5月3日午後2時開演
場所:千葉市文化センター大ホール
参加費:500円

千葉県精神障害者家族会連合会と懇談しました

昨日の千腎協に続いて、今日は三輪由美県議、丸山慎一県議とともに千葉県精神障害者家族会連合会のみなさんと懇談しました。


IMG_3085


現在、千葉県の重度心身障害者医療費助成制度では精神障害者は対象になっていません。家族会として精神障害者も対象に加えるように県への要望も出していますが、県は「市町村の意見がわかれている」などあれこれの理由をつけて要望に背を向け続けています。


全国では精神障害者まで助成の対象としている県が23県あります。県内でも千葉市など6市が市独自に精神障害者を対象にしています。「私たちは特別なことは求めていない。身体、知的障害者と同様に精神障害者にも平等に手を差し伸べてほしい」という訴えはもっともです。


日本が批准した障害者権利条約やそれに基づく障害者基本法、障害者差別解消法の趣旨から考えても、これ以上精神障害者だけを差別・除外することは許されません。議会内の世論形成のために力を尽くし、ぜひ超党派で実現を図りたいと思います。

千葉県腎臓病協議会と懇談しました

今朝の新検見川駅宣伝では中村きみえ市議、もりた真弓市議らとともに訴えました。熊本・九州地方地震への救援募金に一度通り過ぎたサラリーマンがわざわざ戻ってきて協力してくれました。戦争法廃止2000万人署名の締め切りも6月30日まで延長です。思い切って広げたいですね。


DSC_0708


午後は三輪由美県議とともに千葉県腎臓病協議会(千腎協)の事務所を訪ね懇談しました(写真は撮り忘れました)。昨年8月から県の重度心身障害者医療費助成制度が現物給付化されたことに伴い、一部負担金(入院1日、外来1回300円)と年齢制限(65歳以上で新たに重度障害になった方は後期高齢者医療制度で対応し制度の対象外に)が新たに導入されたことについて意見交換しました。


すでに千腎協としても一部負担金と年齢制限を撤廃するよう県への要望を行なっていることも紹介されました。「住民税(所得割)非課税世帯は一部負担金は免除されるが、それ以外では自治体によって負担する金額にばらつきがある。他の公費助成制度もあるがとても複雑でわかりづらい。週に何度も治療を受ける透析患者にとっては一部負担金をそのまま負担したら大変」「透析患者の導入開始年齢は平均69歳。これでは多くの透析患者が助成を受けられなくなる」など制度改善を強く求める声が寄せられ、長年の運動でかちとった現物給付化を生かすためにもがんばろうと意気投合しました。


6月に開かれる県大会に向けて、千腎協としても会員の実態調査をあらためて行うということです。県はこうした現場の声にこたえるべきです。

再び東千葉メディカルセンターを視察しました

衆議院北海道5区補選。野党統一候補・池田まきさんは大健闘でしたが本当に残念でした。歴史的な野党共闘と市民との共同はまだ始まったばかり、これからです。


今日は千葉県自治体問題研究所と東金市、九十九里町各議員団のみなさんとともに、東金市にある東千葉メディカルセンターに視察に伺いました。昨年12月に県議会健康福祉常任委員会としても視察しましたが、今回はより突っ込んでいろいろと聞きました。


IMG_3079


すでに目標としていた2016年度中のフルオープンは困難という認識が示され、千葉大学附属病院に委託して中期目標・中期計画の見直し作業が進められています。


IMG_3077


314床がフルオープンの目標ですが、この5月でようやく207床までオープンできるそうです。常勤の産科医を確保したことで産婦人科病棟も開設。救急救命センターを備え、三次救急を担う地域の中核病院として重要な役割を果たしていますが、昨年度の外来患者数は45946人(平均189.1人/日)、入院患者数は47445人(平均114.8人/日)と、いずれも前年度より伸びてはいるものの当初の目標には及びません。


IMG_3069


フルオープンに向けて看護師の確保が最大の課題ですが、質疑を通じてセンターの運営・経営についてもいくつか改善すべき点が見られました。たとえば看護師の離職率が一昨年度より増え昨年度は16%と高くなってしまったことについて。原因分析はこれからとのことですが雇用環境の改善が必要です。ジェネリック医薬品の比率も近隣病院よりずば抜けて低いこともわかりました。材料費やその他経費についても改善の余地ありとのことです。


地域にとっては、県立東金病院の代替施設として何としても存立・発展してもらわないと困る病院です。今日聞いたことも踏まえて、県としての責任を果たすように求めていきます。

アピールウォークに宣伝、ママの会@ちばの中野晃一さん講演会に参加しました

昨日とは打って変わって肌寒い日曜日。まずはさつきが丘でアピールウォーク。地元のもりた真弓市議とともに訴えました。


IMG_3056
さつきが丘でのアピールウォーク


次は急いで海浜幕張駅前へ。今度はQVCマリンフィールドで野球観戦に向かうみなさんに訴えました。到着すると地元美浜区の佐々木ゆうき市議が訴えていましたが、その前には中村きみえ市議も訴えていたようです。この間、熊本県出身である千葉ロッテの伊東勤監督が九州地方地震の救援募金に取り組んだことが報道されていますが、この場でも政策を訴えながら募金への協力を呼びかけました。若い方々を中心に反応はとてもあたたかく、手を振っての激励も数多くありました。試合は残念ながらロッテが負けてしまったようですが。


IMG_3059
海浜幕張駅前で。右は佐々木ゆうき市議


さらに急いで、次は安保関連法に反対するママの会@ちばが主催する講演会「パパさん教授に聞こう学ぼう!平和と安保」へ。講師は立憲デモクラシーの会や市民連合で戦争法廃止の先頭に立つ上智大学教授の中野晃一さん。遅れての参加でしたが、お話はとてもわかりやすく時折笑いも交えて2時間近くがあっという間でした。


IMG_3063
IMG_3065
安保関連法に反対するママの会@ちば主催の講演会で講演する中野晃一さん


印象に残ったのは安倍政権がいまどこを向いて政治をしているかということ。なぜ国民の声をまったく聞かずに暴走政治を続けるのかといえば、アメリカとコアな支持層しか相手にしていないからだと言います。その証拠に自民党の絶対得票率はこの10年間ほど16%から18%の間でずっと推移しており、「自民党支持は国民の約6人に1人」という状況はずっと変わっていません。実は2009年に政権から下野した時(18.1%)より2012年に政権復帰を果たした時(16%)の方が絶対得票率=対有権者比の得票率は低くなっているのです。それでも政権にとどまっているのは野党が弱くなり、投票率が下がったからです。


「どうせ変わらない」というあきらめや無力感が国民に広がる状況こそ、自民党が最も狙っているのだということがよくわかります。そうした状況のなかで中野さんは、ママの会の運動がいかに大きな意義があるかも熱く語っていました。


幅広い共同の力で安倍政権を少数に追い込むために、とても力になる講演会でした。ママの会@ちばのみなさん、ありがとうございました。

九条の会・ちばけんと千葉地方議員ネットワーク主催の金子勝さん講演会が開かれました

今日は九条の会・ちばけんと九条の会・千葉地方議員ネットワーク共催の講演会「私たちが止める戦争への道」でした。


IMG_3033


講演したのはテレビでもお馴染みの金子勝・慶応大学教授。宣伝も十分にできないなかでしたが約700人の方が参加してくれました。


金子さんはテレビで見せる印象とは違って非常に砕けた雰囲気。自由に演壇の前を歩き回り、身ぶり手振りを交えて熱く語ります。特に経済学者だけあってアベノミクスについては徹底的に批判していました。


「マスコミではアベノミクス批判が最大のタブーになっているが、アベノミクスは一つも目標など達成してない。そこを突かれると『道半ば』だと言う。なぜうまくいってないのかは一言も説明していない」「有効求人倍率が1.28倍というが求人数の伸びは下がっている。一方でもっと減っているのは求職者の数。地方で有効求人倍率が良くなったなどとというのは人口減少で地方衰退が進んでいるから。都合のいい数字に惑わされてはいけない」など明快でした。経済の流れのなかで、なぜいま安部政権が戦争政策に進むのかも明らかにして、笑いを交えながら時間オーバーする熱弁ぶりでした。


IMG_3037


後半は金子さんと「安保関連法に反対するママの会@ちば」、SEALDsのパネルディスカッション。戦争法廃止と安倍政権打倒に向けての展望を語りあいました。


熊本・九州地方地震の救援募金も呼びかけ195000円あまりが寄せられました。貴重な県レベルの超党派議員の九条の会としてさらに多彩に運動を発展させていきたいですね。参加されたみなさん、ありがとうございました。そして準備に関わったみなさん、本当にお疲れさまでした

熊本・九州地方地震-あらためて救援物資の支援を呼びかけます

熊本・九州地方地震被災地への救援物資の緊急支援を呼びかけている日本共産党福岡県委員会に全国から次々と物資が届き、暖かい支援の輪が広がっています。連日4トントラックで被災地へ運び、行政の支援がなかなか届かない避難所にも独自に届けます。


160422赤旗日刊紙


問い合わせたところ、アマゾンなどのネット通販を利用して商品の送り先を福岡県委員会にするという方法でもよいそうです。その際は念のため電話・FAX・メールで名前と品物をお知らせしてほしいということでした。飲料水はだいぶ届き始めているので日持ちのする食品をぜひということです。あらためて支援を呼びかけます。


【送り先】
日本共産党福岡県委員会・救援物資係
〒812-0018
福岡県福岡市博多区住吉5-6-14
電話092-411-5131
FAX092-411-5926
メールinfo@fjcp.jp

2月定例県議会報告をお読みください

今朝は新検見川駅南口で中村きみえ市議と宣伝した後、さつきが丘に移動してもりた真弓市議と毎週金曜日の朝市宣伝。熊本地震の救援募金も呼びかけご協力をいただきました。


IMG_3023


さて2月定例県議会の様子をお伝えする県議会報告ができました。TPPやブラックバイト、県立高校統廃合など私が行なった代表質問や予算委員会で取り上げた問題、戦争法廃止に向けての県議会での共同の広がりについて紹介しています。


1602県議会報告1面

1602県議会報告2面


来週以降お手元に届く予定です。ぜひお読みください。

朝も夕方も熊本地震救援募金と2000万人署名を訴えました

今朝の宣伝は幕張駅。中村きみえ市議とともに今朝も熊本地震への救援募金を訴えました。


DSCN8226


そして夕方は花見川区革新懇の定例宣伝。雨のなかでしたが中村市議、小松実前県議ら13人の参加で粘り強く戦争法廃止2000万人署名への協力を呼びかけました。署名23筆とあわせて、ここでも地震への救援募金を訴え4000円ほどが寄せられました。


IMG_3014
IMG_3020


今週末、23日には9条の会ちばけんと9条の会・千葉地方議員ネットワーク共催で金子勝さん講演会(午後1時半から船橋市民文化ホール)、24日にはママの会@ちば主催で中野晃一さん講演会(午後1時から千葉市生涯学習センターメディアエッグ)が開かれるなどイベント目白押しです。


そして24日は全国注目の衆議院北海道5区補選の投票日。野党統一候補・池田まきさん必勝のためにできる支援を強めたいです。北海道5区にお知り合いがいる方はぜひ一声かけてください。


戦争法廃止署名の取り組みはいよいよラストスパート。運動の規模とスピードを一気に引き上げないといけません。

障害者施設「千葉県袖ヶ浦福祉センター」を視察しました

今朝の宣伝は京成八千代台駅。今日も多くのみなさんに熊本地震救援募金にご協力いただきました。


DSC_0713


午後は障害者施設「千葉県袖ケ浦福祉センター」を初めて視察しました。地元袖ヶ浦市の篠崎典之、となみ久子両市議とともに、センターを運営する社会福祉事業団の相馬伸男理事長らから説明を聞き、各施設を見させていただきました。


DSC_0710


2013年に職員による入所者への虐待死亡事件を起こした同センター。その後第三者検証委員会の報告書が出され2015年から3年間が「集中改革期間」とされましたが、その間に事業団の自主事業は民間移譲、センター本体(養育園・更生園)の定員も半減させるという方向が示されました。


IMG_2998


強度行動障害など民間施設ではなかなか受け入れられない利用者を受け入れてきた施設であり、県立施設としてその役割は大きなものがあります。規模縮小ありきで改革を進めることは許されないと思います。


今日の視察ではセンターとして入居者一人ひとりにあわせたきめ細かい支援に努めていることも説明されましたが、老朽化した施設の建て替えなど課題もたくさんあります。入所者の利益に沿った改革が行なわれるように引き続き力を尽くします。

熊本・九州地方地震、救援物資の緊急支援にご協力をお願いします

今日は寺尾事務所で無料生活・法律相談会でした。今日も枠いっぱいの4名の方から相談がありました。次回は5月17日です。お申し込みは寺尾事務所(043-305-4922)まで。


さらに今朝の新検見川駅の宣伝では、通勤・通学中のみなさんから熊本・九州地方地震の救援募金にご協力をいただきました。中高生がわざわざ立ち止まって募金箱にお金を入れてくれます。朝の忙しい時間帯にも関わらず1時間の宣伝で4000円ほど寄せられました。


20160419_115309


今日付のしんぶん赤旗では救援募金とあわせて救援物資の緊急支援も呼びかけられました。対象は乾パン、レトルト食品、缶詰など日持ちのする食品と飲料水です。日本共産党福岡県委員会を通じて福岡から直接被災地に届けます。ぜひご支援をお願いします。


【送り先】
日本共産党福岡県委員会・救援物資係
〒812-0018
福岡県福岡市博多区住吉5-6-14
電話092-411-5131

南関東ブロック地方議員研修会に参加しました

昨日、今日と日本共産党南関東ブロック(神奈川、千葉、山梨)の地方議員研修会に参加してきました。昨年のいっせい地方選挙で3県の地方議員数は195人から221人へと躍進。直面する参議院選挙の勝利をめざして大いに学習と交流を深めました。


IMG_2977


一日目は志位委員長が第5回中央委員会総会(5中総)決定の中心点について1時間半余りにわたって報告。冒頭、熊本県を中心とする九州地方の地震被害の状況に触れ、「避難者は9万人を超え、食料と水が圧倒的に足りません。党として救援作業や募金の取り組みに全力を上げています」と話しました。同時に鹿児島県の川内原発について「震源域がさらに広がり、万一の避難ルートだとされていた新幹線と高速道路が寸断されている。電力需給がひっ迫しているわけでもない。原発への立場の違いを超えて、まず緊急停止すべきです」と訴えました。


IMG_2991


さらに5中総の内容について、情勢の特徴と日本共産党の役割、参議院選挙の政治論戦、選挙戦の宣伝・組織活動についてそれぞれ報告しました。野党共闘がどのように発展してきたのか、この方向を進むことでどんな展望が切り拓かれるのかについても大きな視野で見通すことができました。


IMG_2992


畑野きみえ衆院議員、斉藤和子衆院議員のあいさつ、椎葉かずゆき比例候補、浅野ふみ子千葉選挙区候補、あさか由香神奈川選挙区候補、山梨県で野党統一候補を実現し選挙区から比例にまわった宮内げん候補のそれぞれの決意表明にもパワーをもらいました。


二日目の今日は、分散会方式で討論し交流を深めました。様々な困難に直面しながら戦争法廃止をはじめとする住民要求実現の先頭に立ち、選挙勝利のために全力で奮闘している各地の地方議員のみなさんに学ばされることがたくさんでした。3県の連帯した力で何としても参院選勝利を!

幕張地域でアピールウォーク、熊本地震への募金も寄せられました

午前中にもりた真弓市議らと花見川団地で訪問活動を行なった後、午後は中村きみえ市議、地域のみなさんとともに幕張地域をアピールウォーク。


IMG_2974


「原発ストップ」「戦争法は廃止」などのコールをしながら3ヵ所で政策を訴え。戦争法廃止署名とあわせていまなお続く熊本地震に対する救援募金も呼びかけ、5600円の募金が寄せられました。みんな支えあい、助けあって生きていることを実感します。取り組んだこちらが励まされました。


IMG_2975


被災者のみなさんの苦しみを少しでも和らげることができるように、いまはとにかくできることをがんばりましょう。

熊本地震-救援・復旧に全力を

熊本地震は少なくとも死者9人、けが人1000人以上という甚大な被害をもたらしました。被災者のみなさんに心からお見舞いを申し上げます。


日本共産党は小池晃書記局長・参議院議員を本部長とする対策本部を立ち上げ、現地で被害状況の調査に入りました。また全国各地で救援募金の取り組みも始まっています。いまはとにかく救援・復旧に全力をあげる必要があります。今後被災地への救援ボランティアの派遣も取り組まれると思います。


どこでも巨大地震の被害は起こりうるからこそ、必要な手立てを取って備えることが必要です。しかし千葉県はこの点でも遅れています。県が保有する建築物2102棟中、耐震補強が必要にも関わらず手立てが取られていないものは225棟もあります。


なかには中央図書館本館や中央博物館大多喜城分館など、is値が0.3以下という一刻の猶予も許されないものもあります。ましてや災害拠点である公立病院の耐震化は急務です。県立佐原病院の耐震化がまったく進んでいないのは本当に許せないことです。


今回の地震の経験をわがこととして今後に生かさないといけません。

浅野ふみ子千葉選挙区予定候補とともに県庁前宣伝、夕方は戦争法廃止署名宣伝でした

今朝は県庁前宣伝。浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補、労働者後援会のみなさんとともに、出勤する県職員の方々に向かって訴えました。


IMG_2961


「憲法破壊の安倍政権を少数に追い込むために定数3の千葉選挙区からぜひ国会に送ってください」-浅野さんの訴えに対して多くの人が注目して通り過ぎていくのがわかります。党派を超えて期待と関心が広がっているのでしょう。こういう時だからこそ思い切って宣伝を強めたいですね。


IMG_2963


夕方は新検見川駅北口で花見川区革新懇の定例宣伝。630万筆まで広がってきた戦争法廃止署名をさらに広げるために力を込めて訴えました。が、今日は署名に応じてくれた方の数はいま一つ。同じ時間、同じやり方でずっとやってきたので、いろいろと工夫も必要です。

4月24日にママの会@ちば主催の中野晃一さん講演会が開かれます

安保関連法に反対するママの会@ちばのみなさんが、おなじみの中野晃一・上智大学教授を招いて講演会『パパさん教授に聞こう学ぼう!平和と安保』を開きます。


20150928011950b91


戦争法廃止の運動について「敷布団」と「掛け布団」の角度からその意義を解明した中野さん、行動する学者として運動の先頭にも立っています。千葉でお話が伺える貴重な機会です。ぜひ参加したい。

ママの会@ちばのページからシェアします。参加の申し込みはママの会@ちばのイベントページから、もしくは
ママの会@ちばのアドレスmnw.chiba@gmail.comまでメールでご連絡ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



「学者の会」「立憲デモクラシーの会」の中心メンバーと
して安倍政権の非民主主義を鋭く指摘される中野晃一先生も、小学生のお子さんのパパさんです。

子どもの命・平和を何よりも守りたい私たちママの目線で政治・安保などをお話しくださいます。

市民のためのシンクタンク「リデモス」の理事に就任、参院選に向けて野党候補を応援する「市民連合」の設立と、日本の民主主義を守る砦のど真ん中におられる中野先生のお話を、わずか80名でお聞きできる滅多にない機会です
ぜひ早めにお申し込みください。

2016年4月24日(日曜日)13時~14時40分(開場12時40分予定)
千葉市生涯学習センター メディアエッグ
資料代500円
託児 プレイルームのご用意があります。ご相談ください

日本共産党第5回中央委員会総会開催、宣伝カーでも訴えました

今日の午前中、日本共産党第5回中央委員会総会が開かれ、志位委員長の報告を視聴しました。


昨日の演説会でも語られたかつてない歴史的局面という情勢の特徴と、参議院選挙で何を訴えどう躍進をかちとるのかが非常にすっきりとする中身でした。


戦争法はもちろん、安倍政権の暴走政治はあらゆる分野で破たんしています。日本共産党が躍進してこそこの行き詰まりを打開できることを確信に、選挙勝利のために全力をあげたいと思います。


IMG_2949


午後からはさっそく宣伝カーで花見川区内を宣伝しました。戦争法廃止!花見川区民の会が署名活動をしている瑞穂地域を皮切りに、幕張、さつきが丘、こてはし台、花見川団地をまわって訴えました。


車内から「がんばってください」と声援をくれる若者など暖かい反応に励まされました。同時に「スーパーで5品買いたいところを3品で我慢している。消費税増税、アベノミクスは本当にやめてほしい」という声も。もっともっとこうした声をつかんでいきたいですね。

日本共産党津田沼街頭演説会は4000人の熱気でした!

志位和夫委員長を迎えての日本共産党街頭演説会。JR津田沼駅前デッキは4000人の聴衆で埋まりました。2000年代以降で最高の参加者数です!


IMG_2926


安保関連法に反対するママの会@ちばの有澤さんの心温まる応援挨拶、斉藤和子衆院議員、椎葉かずゆき参院比例予定候補、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補の迫力ある訴えに大きな拍手と声援が飛びました。「子どもたちの未来に戦争はいらない」-2人の候補者の気迫に必ず国会へ送らなければという思いを新たにしました。


IMG_2935


志位さんは「今度の選挙の対決構図は自公(とその補完勢力)対野党4党と国民の共同。安倍政権による憲法改悪か、戦争法を廃止して立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻すのかが最大の争点です」とズバリ。


暮らしの問題でも、①税金は負担能力に応じて負担、②税金は社会保障と若者と子育てにこそ使う、③ブラックな働き方根絶、最賃引き上げと雇用拡大で働き方を転換、という3つのチェンジを提案しました。財界応援から暮らし応援へ、企業献金を受け取らない日本共産党ならではの提案です。


さらに、暴走に確かな足場を持ち転換の展望を指し示す党、共同の力で政治を変える党、責任ある政権構想・国民連合政府を提唱する党という日本共産党の3つの値打ちを示し、「この党をのばしてこそ政治を変えられる」と訴えました。


IMG_2946


演説会終了後もデッキではふみネエ推し隊によるコールが鳴りやみませんでした。がんばればがんばるほど共同の輪が大きく広がる、こんな選挙は初めてです。


演説会に先立って午前中には作新台地域でもりた真弓市議、地域のみなさんとともにアピールウォークを行ないました。全力を出し切って何としても勝利を!

治安維持法国賠同盟千葉市支部が結成されました

今日は治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟千葉市支部の結成総会でした。


治安維持法とは戦前、侵略戦争に反対し、民主主義を求める思想や運動を徹底的に禁止した最悪の弾圧法です。共産主義者はもちろん、労働・農民運動家、学者・文化人、宗教者などが逮捕・拷問・虐殺・投獄され、その犠牲者はわかっているだけで拷問によって虐殺されたもの93人、逮捕者数十万人、送検75681人、基礎5162人に上ります。


日本が敗戦し、ポツダム宣言を受諾したことにより廃止されましたが、その犠牲者に対して政府は謝罪も賠償もしていません。ドイツでは1956年に連邦補償法が制定され、ナチス犠牲者に月額約63000円の年金が支給されています。イタリアでもファシズム体制下で実刑を受けた「反ファシスト政治犯」に対して終身年金が支給されています。日本ではこうした賠償が行なわれていないばかりか、政府は治安維持法が「人道に反する悪法」だったことすら認めません。あまりにも異常です。


IMG_2918
治安維持法国賠同盟千葉市支部結成総会で講演する藤田廣登さん

IMG_2916
基調報告と活動方針を提案する小松実前県議、後方は司会の吉田まさよし千葉市議


治安維持法国賠同盟は1968年、治安維持法犠牲者への国家賠償を求め、二度と暗黒の時代を繰り返さないようにという決意で結成されました。県都・千葉市でぜひ支部の結成をということでこの間、小松実前県議を中心に準備を進めてきました。総会では同盟本部の藤田廣登さんが講演。戦前のプロレタリア作家で日本共産党員でもあった小林多喜二の生涯について、新たな研究成果も踏まえて報告してくださいました。その後、小松さんから活動方針を含めた基調報告と役員体制が提案され、小松さんが事務局長、千葉市の吉田まさよし市議が事務局次長、そして僭越ながら私が支部長を務めることになりました。


1993年の日弁連の人権擁護大会でも「治安維持法犠牲者は、日本の軍国主義に抵抗し、戦争に反対したものとして、…。その行為は高く評価されなければならない」と報告されています。生存する犠牲者は全国で40人を切っています。国家賠償法の制定は急務です。千葉市支部として署名活動、学習会などの活動を具体化し、組織拡大を図っていきたいと思います。


IMG_2896
さつきが丘の朝市宣伝で

IMG_2904
年金者組合花見川区支部のお花見とお誕生会

IMG_2910
中村市議、もりた市議を含め1月から4月が誕生日のみなさん


さらに今日はさつきが丘の朝市宣伝、年金者組合花見川区支部のお花見&お誕生会にも参加しました。4月が誕生月の中村きみえ市議、1月が誕生月のもりた真弓市議も一緒にお祝い。7月が誕生月の私は「年金切り捨ての安倍政権に参院選でノーの審判を下し、選挙勝利とあわせてぜひお祝いしてください」と挨拶しました。


さあ明日はいよいよ日本共産党街頭演説会。午後2時からJR津田沼駅前です。午後1時からはふみネエ推し隊企画もあります。みなさん、お誘いあわせて津田沼へ!

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!
  • 大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!
  • 大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!
  • 大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!
  • 大野たかし市長候補へ最後までのご支援を!
  • 核兵器禁止条約の草案発表に確信-千葉県原爆被爆者友愛会の定期総会に参加しました
  • 大野たかし市長候補の訴えにこれまでにない反応、視生会のみなさんと千葉市への要望書も提出しました
  • 大野たかし市長候補の訴えにこれまでにない反応、視生会のみなさんと千葉市への要望書も提出しました
  • 大野たかし市長候補の訴えにこれまでにない反応、視生会のみなさんと千葉市への要望書も提出しました