寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2015年12月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

元自衛官・泥憲和さん講演会、素晴らしかったです!

戦争法廃止!花見川区民の会主催の講演会、元自衛官泥憲和さんの「戦争のつくり方、平和のつくり方」。いやー、期待以上のお話でした!


IMG_1699
講演する泥憲和さん

IMG_1697
開会あいさつを行う区民の会世話人の中村きみえ市議


15歳で自衛隊少年工科学校に入学し、その後ホーク地対空ミサイル部隊に所属した泥さん。いまでも自衛隊は国を守るために必要という立場ですが、今回の安保法制・戦争法はあまりにもおかしいと事実に基づいて話してくれました。


安倍政権は安保法制が必要だというために中国、北朝鮮の脅威をあおりますが、実際には日本側が繰り返し中国を挑発していること、北朝鮮のミサイルが北海道近海に撃ち込まれたという情報が2カ月以上たって誤報だとわかったことなど、事実をねじ曲げてマスコミに報道させていたことがよくわかりました。


南スーダンでも泥沼の状況に陥っている国連PKOから西側諸国が次々と撤退し始めているのに、わざわざこれから自衛隊が武器を持って乗り込もうとしているおかしさなど、自衛隊の元幹部からも戦争法に疑問の声が上がっていることも紹介されました。


一方で「日本の国際貢献の最大の力は憲法9条」ときっぱり。学校建設をきっかけに内戦を終わらせたフィリピン・ミンダナオ島の経験や砂漠に田畑を耕し60万人分の食料をつくったアフガニスタンの経験など、憲法9条があったからこそできた日本の平和的な貢献が国際社会から大きな尊敬と信頼を得ていることも示されました。とっても確信と展望がつかめるお話でした。もっと多くの方に聞いてもらうためにぜひまたお招きしたいです。


IMG_1690
講演会前に検見川浜駅前で行なったままの会@ちばのスタンディング。クリスマスムード満点です。

IMG_1692
多くの方が署名に応じてくれました


講演会前にはすぐ近くの検見川浜駅前でママの会@ちばのみなさんとスタンディング。浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補とともに参加しましたが、しっとりと注目を集めていました。こういう宣伝もいいですね。

いよいよ明日!元自衛官泥憲和さんの講演会にお越しください!

いよいよ明日です!


IMG_1499
IMG_1500


元自衛官泥憲和さんの講演会「戦争のつくり方、平和の築き方」。Facebookではおなじみの泥さんのお話が千葉で聞けます。この機会を逃す手はありません。ぜひお誘いあわせて美浜文化ホールにお越しください!


講演会前の午後5時から6時までは、すぐ近くのJR検見川浜駅前で「安保法制に反対するママの会@ちば」のみなさんがスタンディングを行なうそうです。お時間がある方はぜひこちらから参加してください。


泥憲和さん講演会
日時:12月5日(土)午後6時30分開会(6時10分開場)
会場:千葉市美浜文化ホール(JR検見川浜駅徒歩8分、またはJR新検見川駅からバス)
参加協力券:500円※高校生以下は無料です!

千葉県議会本会議3日目-お昼休みのミニコンサートに癒されました

千葉県議会本会議も3日目。今日は夕方まで本会議のあとに議員団会議と続きさすがに疲れました。


IMG_1687
議会棟1階ロビーが即席のコンサート会場になりました


一服の清涼剤になったのはお昼休みに議会棟1階ロビーで行われたニューフィル千葉のみなさんによるミニコンサート。フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンと木管楽器を中心に「サウンドオブミュージック」などポピュラーなプログラム。楽しい曲ばかりで最後はアンコールまで演奏してくれました。


30分程度の短い時間でしたがとっても優雅な時間を過ごしました。

丸山慎一議員が県議会代表質問

昨日から始まった千葉県議会代表質問。今日は日本共産党を代表して丸山慎一議員が登壇しました。


1512丸山代表4
パネルを使って代表質問を行なう丸山慎一議員


千葉県地方創生「総合戦略」、TPP、中小企業振興、児童虐待、地域医療構想、教育・教科書問題、三番瀬と取り上げたテーマは多岐に渡りますが、今回は国会のようにパネルも使って千葉県内で進む戦争法(安保法制)の具体化の問題について取り上げました。


降下訓練実施演習場一覧
質問で使ったパネル①(パラシュート降下訓練を行なっている全国の演習場の面積)

習志野演習場降下訓練実施数
質問で使ったパネル②(習志野演習場で行われているパラシュート降下訓練の件数)


自衛隊木更津駐屯地へのオスプレイの定期整備拠点化、成田空港の軍事利用の問題と合わせて追及したのは習志野演習場で行われている第一空挺団のパラシュート降下訓練、つまり敵地に上陸するための訓練の実態です。例年3000~4000件程度だった訓練実績が昨年は7000件に激増、今年は4~7月の4ヶ月ですでに2700件を超え年間8000件超のペースです。


ところが習志野演習場は全国でパラシュート降下訓練が行なわれている演習場のなかでもわずか2㎢と極端に狭いのです。事実、この10年間で5回も場外に誤って落下する事故が起きています。さらに小学校の運動会の開会式が中断するなど輸送機の騒音被害も深刻です。


そしていま、こうした自衛隊への勧誘活動が強められ、特に教育現場に色濃く入り込んでいます。この2年間で自衛隊の職場体験に参加した県内の中学生は1420人、自衛隊からの出前授業は中学校29校で行われました。大学、高校、小学校でも行われています。さらに驚くのはその内容、松戸駐屯地では中学生に対して整列や行進、パラシュートをたたむ訓練や着用までしています。


ここまで教育現場に自衛隊が入り込んできた最大の要因は、2013年に県教育委員会が自衛隊千葉地方協力本部を「ちば家庭・学校・地域応援企業等登録制度」に登録したことです。自衛隊を一般の企業と同じ職場と扱うこと自体異常です。


これらの問題について、森田健作知事はじめ今回も県からはまともな答弁はありませんでした。オスプレイの安全性も、成田空港の軍事利用も、安保法制もすべて「国がこう(安全、軍事利用はない、憲法違反ではない)言っているから」というまったく主体性のない答弁でした。立場の違い以前に、議会でまともに討論しあうという姿勢がまるで感じられません。


丸山議員の質問は日本共産党県議団のページで見ることができます。ぜひ多くの方に見ていただきたいと思います。あまりにも県民不在の議会を早く変えたいものです。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 激しい雨のなかを上野ひろつぐ千葉2区候補と訴えました
  • 激しい雨のなかを上野ひろつぐ千葉2区候補と訴えました
  • 野党統一・岡島一正千葉3区候補とともに訴えました
  • 野党統一・岡島一正千葉3区候補とともに訴えました
  • 野党統一・岡島一正千葉3区候補とともに訴えました
  • さいとう和子候補の必勝区、千葉13区で訴えました
  • さいとう和子候補の必勝区、千葉13区で訴えました
  • さいとう和子候補の必勝区、千葉13区で訴えました
  • 寒さに負けず幕張本郷駅、習志野市内で訴えました