寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2015年09月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

千葉市の竜巻・突風被害-大きな被害があった現地周辺を調査しました

想像以上の大きな被害でした。


150906DSCF0724
IMG_0654
天井に穴が開いた工場


昨夜から未明にかけて千葉市で起こった竜巻と見られる突風。斉藤和子衆院議員、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補、千葉市議団とともに被害状況の調査と住民のみなさんへの聞き取りを行いました。


150906DSCF0706
周辺のお宅で被害の状況を伺いました


建物被害65棟と特に被害が大きかったJR蘇我駅近くの中央区今井周辺に到着すると、窓が割れ屋根が吹き飛ばされた家や、なぎ倒されたブロック塀、ガラスが割れた車などがそこかしこにありました。


IMG_0638
屋根が吹き飛び、窓ガラスが割れたお宅


IMG_0656
ブロック塀がなぎ倒され、駐車してあった車も大きな被害を受けました


地元の福永洋市議会議員の案内でいくつかのお宅で話を伺いましたが、「夜中に突然家全体が押されるような突風が吹いて、窓ガラスや屋根が飛んだ」「駐車場の屋根が吹き飛んで隣の家まで飛んで行った」など、いかにすさまじい突風が吹いたのかを実感させられました。ある工場では「どんなに強い台風が吹いても大丈夫なように頑丈につくっていたのに天井に大きな穴が開いてしまった。時間にして30秒くらい、一瞬の出来事だった」と生々しい話を聞きました。


150906DSCF0732
現地を調査する千葉市議団と斉藤和子衆院議員、浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補

一方で「行政の動きが遅すぎる」「市は現地にテントを立てて対策本部を設置するくらいのことをすべきだ」という声もありました。千葉市では近年、竜巻・突風でここまでの大規模な被害はありませんでした。必要な補償を含め国・県・市のそれぞれに対策を求めていきたいと思います。

指定廃棄物処分場についての学習交流会、さつきが丘納涼ごくろうさん会に参加しました

今日の午前中、「新しい千葉みんなの会」主催の指定廃棄物処分場についての学習交流会が行なわれました。昨日の海上からの現地視察の様子を佐々木ゆうき千葉市議が、この間の環境省との交渉経過を梶浦紘一さんが、臨海コンビナートの問題について及川こうき前市原市議が報告しました。その後会場から質問・意見が出され、私も県政の問題を話しました。


IMG_0628
昨日の現地調査の様子を報告する佐々木ゆうき千葉市議


もともと最終処分場の候補地である東電千葉火力発電所敷地は、昭和53年に千葉県企業庁が埋め立てた土地です。その後液状化の危険性について調査が行われ、PL値15以上(液状化の危険性が極めて高い)ということで自ら警告を発してきたのも千葉県です。それなのに今回の候補地選定に関しては市民の声に背を向け、一貫して「国に対して必要な協力を惜しまない」という態度です。「白紙撤回」が圧倒的な世論になるなかで県の責任は重大です。


IMG_0634
さつきが丘納涼ごくろうさん会で


午後はさつきが丘日本共産党後援会の納涼ごくろうさん会。もりた真弓市議とともに参加しました。美味しそうな料理が用意されていましたが、花見川団地で訪問活動が決まっていたのでご挨拶だけしてすぐその場を後にしました。残念。

千葉市中央区の指定廃棄物最終処分場建設候補地の現地調査を行ないました

千葉市中央区・東電千葉火力発電所内への、放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設問題。千葉市の町内自治会連絡協議会は白紙撤回を求め、市長・市議会も候補地選定の再協議を求めています。9月中に環境省から回答予定ということになっていますがどうなるか。


IMG_0605
わかりづらいですが処分場建設候補地を指しています


IMG_0588
小高く盛り土がされています


処分場の建設候補地(正確には詳細調査の候補地)は東電の敷地内ということで陸上からは近寄れません。それなら海からということで今日、船で現地を視察しました。佐々木ゆうき千葉市議、加藤和夫市原市議、及川こうき前市原市議らとともに木更津のマリーナを出発。東京湾アクアラインの下をくぐり、臨海コンビナートを横目に見ながら1時間半ほどで現地に到着しました。


IMG_0569
コスモ石油のタンク群。No.345が爆発したタンクです


候補地は海に突き出た埋立地にあります。小高く盛り土がされているのがわかりますが、わずか2キロほど離れた場所には東日本大震災の時に爆発事故を起こしたコスモ石油のタンクが並んでいます。数百メートルと離れていない対岸にはJFEスチールの工場も。さらに周囲の岸壁を見てみると液状化の影響と見られる痕跡がありました。


IMG_0553
東京湾アクアラインを下から眺める貴重な光景


津波や液状化の不安はもちろん、老朽化したコンビナート施設など周囲にも危険がたくさんあります。現地を直接見なければわからないことも多々あり貴重な調査でした。

社会保障充実を求めて千葉県社保協の自治体キャラバンに参加しました

今日は社会保障推進千葉県協議会が毎年行っている社会保障の充実を求める自治体キャラバン。8月から県内各市町村をまわってきましたが、最後は千葉県ということでいっしょに参加させていただきました。


IMG_0508
冒頭あいさつする鈴木徳男・千葉県社保協会長


医療、介護、年金、障害者福祉、保育、生活保護、マイナンバー、公営住宅…などなど各団体のみなさんが切実な要求を掲げて県に改善を求めました。


項目が多かったこともあり十分に県の姿勢を追及することができなかったとは思いますが、現場の声を伝える機会として重要です。しかし、やはりというか、県はこうした切実な願いに正面から答える姿勢を示せません。


IMG_0509
県当局に切実な要求をぶつけました


重度心身障害者医療費助成制度を現物給付化するにあたって県が一部負担金と年齢制限を持ち込んだ問題では、障害者のみなさんから切実な訴えがなされましたが、「制度対象外の方との公平性の観点から一部負担をお願いした」と従来の説明を繰り返しました。「それなら償還払いとは言え無料だった従来の制度の方が不公平だったということか」と詰められると県は何も言えなくなりました。当然です。

 

社会保障は受益者負担に基づくサービスの対価でも、「商品」でもありません。憲法25条に規定された生存権を保障する制度です。県の姿勢を根本的に転換させ、粘り強く改善をかちとっていきたいですね。参加されたみなさん、お疲れ様でした。

プロフィール

sterao2562

記事検索
ギャラリー
  • 寺尾リーフができました
  • 寺尾リーフができました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 小学校の体育祭、朝鮮学校のフレンドシップフェスタに参加しつつ、新しい仲間を迎えました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 市民アクション花見川の宣伝署名活動、中部地区党学校で科学的社会主義について学びました
  • 新検見川駅でしいば・浅野候補、斉藤和子前衆院議員らと朝宣伝、民青の介護保険学習会にも参加しました
  • 新検見川駅でしいば・浅野候補、斉藤和子前衆院議員らと朝宣伝、民青の介護保険学習会にも参加しました