寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2015年09月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

10月2日は県議会代表質問です

今日は代表質問に向けて大詰めの議員団会議。年4回の議会で毎回60分の代表質問(プラスいずれかの議会で30分の一般質問1回)ができるようになったことで、本会議での質問時間は今までの1.5倍、270分になりました。取り上げられるテーマもそれだけ多くなります。


三輪由美県議が行なう代表質問は10月2日(金)の午後1時から。さらに今議会では岡田幸子県議が10月6日(火)に一般質問に立ちます。


代表質問では「戦争法」を中心に知事の政治姿勢、教科書採択を巡る県教委の問題、鋸南町の汚染土処理施設建設問題、無駄な巨大開発、介護保険制度、子ども医療費助成制度の拡充と周産期医療、などについて質問します。


一般質問では、男女共同参画社会に向けた取り組み、私立高校の減免制度や奨学金の拡充について質問します。

どれも重要なテーマですが、時間があればもっともっと取り上げたいことはたくさんありますね。


代表質問はチバテレでも生中継されますが、ぜひ多くの方に傍聴に来ていただきたいです。傍聴は誰でも自由にできます。当日直接県議会に来ていただいても大丈夫ですが、事前に申し込みいただけるとスムーズです。よろしくお願いします。


傍聴の申し込み、問い合わせは以下まで。
043-223-2544(日本共産党千葉県議団控室)

畑町の特養ホーム「花見川フェニックス」の竣工式に参加しました

建設が進められてきた花見川区畑町の特別養護老人ホーム「花見川フェニックス」がついに完成し、今日竣工式が行なわれました。


IMG_0929
竣工記念式典の様子


畑町への特養ホーム建設はもともと日本共産党が4年前のいっせい地方選挙で掲げた公約でした。小松実前県議、中村きみえ市議、もりた真弓市議らが「畑通勤寮跡地に特別養護老人ホームをつくる会」をはじめとする住民のみなさんとともに署名や関東財務局への要請などの運動を広げるなかで実現したものです。


IMG_0910
ユニット型個室


「花見川フェニックス」は特養110床、ショートステイ30床の全室ユニット型個室。地域交流室や会議室など地域に開かれたスペースもあります。廊下や共同生活スペースも広めにとられており、ゆったりとしたつくりになっています。災害時の避難経路など課題もありますが、施設そのものは大変素晴らしいものです。


IMG_0919
共同生活スペース


オープンは10月1日。ぜひ地域のみなさんの要望に沿った施設にしてもらいたいと思います。

花園・検見川地域の敬老会とこてはし台地域のつどいに参加しました

今日は怒涛の一日。午前中は花園地域と検見川地域の敬老会でした。中村きみえ市議とともに参加しました。昭和38年には全国でも153人だった100歳以上のお年寄りが、今では6万人を超えました。少子高齢化と言いますが平均寿命が延びているのは素晴らしいことです。医療も介護も改悪し、長生きすることが申し訳ないと思わせるような政治は変えないといけません。


IMG_0896
IMG_0899
こてはし台でのつどい


その後幕張公民館で行われた文化祭にお邪魔して、午後はこてはし台地域後援会のつどい。浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補、もりた真弓市議とともに参加しました。もりた市議からはエアコン問題や指定廃棄物処分場問題、私からは歴史教科書問題や県の福祉の遅れについて報告。浅野候補は「戦争法廃止の国民連合政府」の提案について説明しながら、南スーダンでの駆けつけ警護やPKO合同訓練など自衛隊内部で進む戦争法具体化の危険な動きを告発しました。


IMG_0853
IMG_0860
花園地域(上)と検見川地域(下)の敬老会

会場からも安倍政権への怒りの声や「こういう会に初めて参加したんですが、共産党の根本的な考えは何?」など新鮮な質問が出され、活発なつどいになりました。準備されたみなさん、本当にお疲れ様でした。

IMG_0873
 幕張公民館の文化祭

自治労連千葉県本部定期大会に参加しました

今日の午前中は椎葉かずゆき参院比例候補とともに自治労連千葉県本部定期大会に参加。最大の話題はやはり戦争法です。


IMG_0850


椎葉候補は日本共産党が「戦争法廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけ、志位委員長が民主党の岡田代表と早速会談したことを紹介。協力・共同をさらに発展させることを呼びかけました。


定期大会のメインスローガンは「職場・地域で、憲法・地方自治をいかし、いのちとくらし、住民生活を守ろう」です。憲法破壊の暴挙から自治体労働者と住民を守るためにも大きく力をあわせる時です。

県議会開会、「賃金・単価引き上げ千葉県決起集会」にも参加しました

千葉県議会9月定例議会が開会しました。来週からはいよいよ代表質問、一般質問が始まります。


20150925_223528


本会議終了後、千葉市文化センターで行われた「9.25賃金・単価引き上げ千葉県決起集会」に県議団全員で参加しました。建設労働者の組合・全建総連の構成団体である千葉土建など3つの団体が昨年から共同して開いている集会です。


公共工事設計労務単価が3年連続で引き上げられ、上昇率は全国平均で28.5%に達しました。ところが建設産業に従事する技能労働者は減り続け、今後10年間で現在の340万人から100万人減少すると言われています。労務単価の引き上げが現場の労働者の賃金に反映されていないことが最大の問題です。防災・減災対策、老朽化したインフラ対策など建設産業に求められる役割はますます大きくなるにもかかわらず、このままでは業界そのものが立ち行きません。


そのなかで切望されているのが下請労働者に適正な賃金を保障する「公契約条例」です。千葉県野田市が全国に先駆けて制定し各地に広がっています。ゼネコン113社の営業利益はこの1年で58%も増加し、賃上げの条件は十分にあります。若者が建設産業で希望を持って働けるようにするためにも、地域経済の活性化のためにもぜひ公契約条例を進めたい。千葉県は真剣に答えるべきです。

明日はいよいよ千葉県議会開会日です

千葉県議会は明日が9月定例議会の開会日です。今日は夜まで準備に追われました。来週10月2日には日本共産党を代表して三輪由美県議が代表質問に立ちます。


先の県議選で日本共産党が3議席に前進した岩手県議会では、県議会として全国で初めて「安全保障関連法案の強行採決に抗議し、今国会で成立した安全保障関連法の廃止を求める意見書」が可決されたそうです。これは素晴らしい。千葉県でもぜひ変化を起こしたいですね。


同時に教科書採択に関わる県教委の問題、鋸南町の汚染土処理施設問題、無駄な巨大開発や介護保険制度など県政の課題は山積みです。一歩でも二歩でも県民の世論が反映される県議会にするために、県議団で力をあわせたいと思います。

中村きみえ市議と街頭宣伝ー「戦争法廃止の国民連合政府の実現を」の呼びかけが待たれています

「戦争法廃止の国民連合政府実現へ」ー今日の午後は中村きみえ市議とともに花園、畑町、幕張で街頭宣伝を行ないました。街頭の反応はとても暖かく、急な告知にも関わらず各宣伝場所にも多くの方が集まってくださいました。


IMG_0847
畑町のマルエツ前で


午前中の花見川団地の訪問活動では市政アンケートに回答を寄せてくれた元教員の女性と対話になり、「強行採決はひどすぎる。とても子どもたちには見せられない。国民連合政府の提案が実るように共産党にはがんばってほしい」と赤旗日曜版を購読してくれました。


IMG_0848
幕張イトーヨーカドー前で


うって出るほど待たれていた提案だったということを実感します。思い切って広げていきたいですね。

椎葉かずゆき参院比例候補を国会へ!

今日の午前中、中村事務所で椎葉かずゆき参院比例候補を迎えたつどいが行なわれました。急な呼びかけにも関わらず、椎葉候補を一目見ようと事務所には20人を超えるみなさんが集まってくださいました。


IMG_0829


はじめに私や中村きみえ市議から国会前行動に参加した感想や県議会、市議会の様子を報告。その後、椎葉候補が戦争法の採決を巡る問題点や日本共産党の新しい方針「戦争法廃止の国民連合政府の実現を」について詳しく説明しました。


マスコミでは新しい方針について「野党との選挙協力」という面が注目されていますが、今回の呼びかけは戦争法廃止と安倍政権打倒を目指すすべての政党・団体・個人に呼びかけられたものであり、「戦争法廃止の国民連合政府」を実現するためには強大な国民運動の発展が欠かせません。小松実前県議からも、ある民主党議員が国会前で「以前なら共産党といっしょにこうした活動を行なうことは考えられなかった。それをさせたのはここに集まったみなさんの運動です」とあいさつしたことが報告されました。


IMG_0839


本日付千葉日報には19,20日に行なわれた共同通信の緊急世論調査の結果が載っていました。戦争法について「国会での審議が尽くされたとは思わない」79.0%、法案について安倍政権が「十分に説明しているとは思わない」81.6%、内閣支持率は38%台に下落しました。戦争法を巡る政府・与党への世論の強い怒りが示されています。


午後からは小松さんらとともに花園地域で訪問活動を行ないましたが、ここでも「野党がしっかり固まらないとダメよ!」など新しい方針に次々と期待の声が寄せられました。圧倒的な世論と運動で安倍政権を解散・総選挙に追い込み、来年の参院選では何としても大躍進を勝ちとらなければいけません。中学校の教師を目指しながらより多くの子どもたちを救うために政治を変える道に進んだ椎葉くん、学生時代からともにがんばってきた仲間を必ず国会に送りたい。

「戦争法廃止の国民連合政府の実現を」の呼びかけに大きな反響

今日は一日、地域をまわって訪問活動を行ないました。


花見川団地、幕張、花園…どこでも昨日出された「戦争法廃止の国民連合政府の実現を」の呼びかけに大きな反響がありました。


「国民がバカじゃダメ!安倍政権が誕生した時からこうなることはわかっていたのよ」と興奮気味に話す女性に呼びかけを渡すと「もう出したのね、こういうのを待ってたわよ」と期待を寄せてくれました。


「今回だけは許せない、安倍さんの顔を見たくもない」と怒りをあらわにする女性にも「若者やママなど今回立ち上がった方たちはまったくあきらめていません。来年の参院選で決着をつけましょう」と訴えると、「期待してるわよ、がんばって!」としんぶん赤旗日曜版を購読してくれました。


あきらめないで声を上げ続ける国民の姿こそ、安倍首相がもっとも恐れているものではないでしょうか。大義はこちらにあり。攻めていきましょう。

「戦争法廃止の国民連合政府」の実現を!

日本共産党は今日、第4回中央委員会総会を開き、「戦争法廃止の国民連合政府」の実現を呼びかけました。


戦後最悪の安倍政権を打倒するために来年の参議院選挙や次期衆議院選挙で他の野党と選挙協力を行なうことも決定しました。


戦争法反対の圧倒的な国民世論に答える大胆な方針を提起しました。率直に言って驚きました。ぜひ多くの方に見ていただきたいです。



 https://www.youtube.com/watch?v=Lba3lId_gIk&feature=youtu.be

戦争法案採決へー決着をつけるのは国民です

国会前から帰宅。テレビをつけると戦争法案の採決が始まっていました。現在各党の討論が行われています。


IMG_0811
国会正門前は夜10時を過ぎても多くの人であふれています


今朝の新検見川駅南口宣伝ではしんぶん赤旗日刊紙の見本紙が一気に80部無くなりました。高校生が何人も受け取っていきました。午後には党県議団として県教育長に教科書問題についての申し入れ。高校教科書採択への不当な介入、その一方で県立中学校に侵略戦争を美化する教科書を県教委の独断で採択した問題を追及しました。


20150918_073549
今朝の新検見川駅南口宣伝


DSC_0121
県教育長に申し入れする県議団と浅野ふみ子参議院千葉県選挙区予定候補


戦争法案を巡るこの間の経過を国民はどう見たか。今日の国会前のコールは「安倍は辞めろ」ほぼ一色でした。この問題の最終的な決着をつけるたたかいがこれから始まります。

参議院特別委員会で戦争法案を強行採決!まだまだこれから

参議院特別委員会で戦争法案の強行採決、というか採決が行われたのかどうかもわかりませんでした。こんな暴挙は到底認められません。


「与党、野党のどちらも見苦しい」「どっちもどっち」という見方は正しくありません。参議院の審議のなかで明らかになった法案の矛盾や問題点に対して、何一つまともに答えていなかったのは安倍政権です。加えて「自衛隊内部文書」問題の解明や中央・地方公聴会を受けて審議を充実させることも与野党間で確認していました。


その約束を破り、締めくくり総括質疑も行わずに一方的に審議を打ち切ったのは与党の側であり、「こんな採決は許されない」とあらゆる手段を使って阻止するのは当然です。


何よりも野党の後ろには圧倒的な国民の世論がついています。民主主義を守るために、憲法違反の法案を廃案にするために最後の最後までたたかいぬく。いま求められているのはこうした野党のたたかいを全力で後押しすることです。まだまだこれから。

戦争法案の強行採決許すな!夜はユニオン・ニューフィル千葉のミルフィーユコンサートでした

参議院の特別委員会の締めくくり総括質疑はまだ始まっていません。与野党間でぎりぎりの攻防が続いています。国会前では雨の中、この時間でも多くの人たちが「強行採決許すな」「戦争法案は今すぐ廃案」と訴えています。強行採決など絶対に許されません。


IMG_0781
幕張本郷のスーパー前で「強行採決を許さないために力をあわせましょう」と訴えました


午後には幕張本郷のスーパー前で地域のみなさんと署名宣伝を行ないました。そのあと国会前に駆けつけたいところでしたが、今日の夜は「ユニオン・ニューフィル千葉」によるミルフィーユコンサートでした。


「ユニオン・ニューフィル千葉」は、千葉県唯一のプロオーケストラ「ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉」に所属する楽団員からなる労働組合です。


IMG_0789
オーボエの大庭蓉子さん(左)とホルンの大森啓史さん


ミルフィーユコンサートは今回が9回目。モーツァルトのオーボエ四重奏曲から始まり、その後は初めて聞く曲が続きましたがどれも素晴らしい演奏でした。さらにアンコールでは映画「タイタニック」をアレンジしたオリジナルの楽しい曲「三等客室のポルカ」、最後はウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでおなじみの「ラデツキー行進曲」で観客もいっしょに手拍子で盛り上がりました。


IMG_0794
ファゴットの柿沼麻美さん(右)とオーボエの姫野徹さん


会場でも紹介されていましたが、他県のオーケストラに比べてニューフィル千葉に対する公的支援はあまりにも貧弱です。財団の名誉会長を務めるのは森田健作知事。楽団員のみなさんが安心して音楽に打ち込み、県民誰もが豊かな文化に触れられるように県が責任を果たすべきです。ぜひ支援を強めたい。

国会前に行こう、戦争法案を本気で止めよう!

国会前から先ほど帰宅。花見川区から参加した私たちも含めて、参加者数は主催者発表で45000人だそうです。


IMG_0764


お昼は新検見川駅北口で花見川区総がかり行動でした。私や小松実前県議、各地域のみなさんが次々とスピーチ。さらに「安保関連法案に反対するママの会@ちば」のお母さんたちもいっしょに参加。初めて会ったお母さんが「最後にどうしても」と訴えてくれました。


IMG_0721
IMG_0728


国会前に来ると、誰もあきらめてない、絶対に止めるという熱気が伝わってきます。この圧倒的な世論、熱気、パワーで安倍政権を追い詰めましょう。戦争法案を本気で止めよう!

検見川フェスタ「やあびな」に参加しました

戦争法案の採決を巡って激しくせめぎあっています。政府・与党は当初16日に採決することを狙っていましたが、国民世論に押されて16日に地方公聴会を開催することを決めました。


今週がいよいよ勝負です。明日は花見川区でもお昼の時間に新検見川駅北口バスターミナルで街頭宣伝を行なったあと、夕方には17時に新検見川、幕張各駅に集合して国会に向かいます。


IMG_0704

「検見小フレンズ」の演奏、ヤングマンの振り付け付き

IMG_0692
主催者あいさつをする藤代慎一実行委員長


そんななか今日は、地元の中村きみえ市議も運営に加わる検見川フェスタ「やあびな」に参加しました。検見川小学校体育館で行われた開会式では藤代慎一実行委員長や来賓の方々のあいさつに続いて、検見川小学校金管クラブ「検見小フレンズ」の演奏会。「負けないで」「ミッキーマウスマーチ」「銀河鉄道999」と続いてアンコールの「ヤングマン」まで、素晴らしい演奏でした。


IMG_0716
会場に設置されていた豪雨災害義援金の募金箱


会場では豪雨災害募金の呼びかけも。大事な取り組みです。さらにもう一つ驚いたことに会場の検見川小学校には郷土資料室というものまでありました。かつては漁師町だった検見川。資料室には漁の道具など貴重な展示が並んでいました。

IMG_0705

IMG_0709
検見川小学校内にある郷土資料室


この「やあびな」も、商店街にかつての賑わいを取り戻し地域を活性化しようということから始まったと言います。地域の歴史や文化を次の世代に引き継ごうというこうした取り組みは本当に貴重です。準備されたみなさん、ありがとうございました。

全国38都道府県に広がる「安保関連法案に反対するママの会」を花見川区でも!

今日は地域の訪問活動や会議でした。

 

昨日紹介した「安保関連法案に反対するママの会」について今日のしんぶん赤旗で特集されていますが、なんと全国38都道府県50の会が結成されているとのこと(9月11日現在)。


IMG_0687

 

「当たり前すぎて口にすることがなかった『戦争はダメ』ということを言わなければいけないときです。行けるデモを探していた時に友人がやっていて、うれしくなった」というお母さんの声も紹介されています。

 

この運動の広がりは想像以上です。花見川区でもこの間、「幼稚園のママ友のママ友が『国会に行ってきた』と話していた。私も何かしたほうがいいのでは?」というお母さんと出会いました。ぜひ「ママの会@花見川」を結成したい。

「安保関連法案に反対するママの会@ちば」から申し入れを受けました

今日の午前中、さつきが丘の朝市宣伝でもりた真弓市議と戦争法案廃案を訴えたあと、県議会で「安保関連法案に反対するママの会@ちば」の申し入れを受けました。


IMG_0672
さつきが丘の朝市宣伝。30分で12筆の署名が寄せられました


12人のお母さんと子どもたちが県議会各会派をまわって、戦争法案廃案への協力を申し入れたそうです。日本共産党からは私と岡田幸子県議、三輪由美県議が代表して連帯のあいさつをさせていただきました。


IMG_0674
IMG_0682
「安保関連法案に反対するママの会@ちば」のみなさんと


「自分の子どもたちの世代が戦争に行くことになったら、自分たちは何をやっていたのかということになる」「紛争を暴力で解決しようという考え方が根本的に間違い。戦争をしなくてもやっていけるんだということを世界に伝える役割が日本にはある」など、一人ひとりのお母さんの訴えを聞いて胸が熱くなりました。


「誰の子どもも殺させない」という素晴らしいスローガンは、命を生み出すお母さんの根本的な願いです。戦争法案はその願いと絶対に相容れません。戦争法案ストップのために全力をつくすことを誓いあいました。

戦争法案採決許すな!花見川区総がかり行動に参加を!

大雨がもたらした被害は大変なものになってしまいました。


総がかり行動ビラ


甚大な被害を受けた栃木、茨城ではいまだに大雨特別警報が発令中。千葉県内でも多くの市で避難指示・避難勧告が出され床上浸水の被害を受けたところもありました。被害に遭われたみなさんに心よりお見舞い申し上げます。速やかな復旧・生活再建のために政治が役割を果たすときです。


来週にも戦争法案の採決が狙われていると言いますが、いよいよそんなことをしている場合ではないでしょう。花見川区ではこの間大きく成功させてきた「総がかり行動」に再び取り組みます。今日は議員団会議で参加できませんでしたが、毎週木曜日夕方5時半から新検見川、幕張、幕張本郷の3駅同時宣伝を続けます。


そして9月14日(月)には、11:30~12:30で新検見川駅北口バスターミナルにて街頭宣伝、夕方には国会前集会に参加します。16日採決などとんでもない、国民総がかりで何としても阻止しよう!

全日本年金者組合千葉県本部定期大会に参加しました

台風は過ぎたものの大雨が心配です。明日にかけてもまだ気が抜けません。


IMG_0668
訴える斉藤和子衆院議員と浅野ふみ子参院千葉選挙区予定候補


今日の午前中は全日本年金者組合千葉県本部の第27回定期大会でした。年金削減の撤回を求める裁判闘争や戦争法案に反対する運動など、活発に運動に取り組んでいる様子が報告されました。みなさんパワフルです。


日本共産党から斉藤和子衆院議員、浅野ふみ子千葉選挙区予定候補があいさつ。「国民の世論と運動が政治を動かしている、何としても戦争法案を廃案に」と訴えました。年金の充実のためにも軍事費を減らすことこそ必要です。


40年間保険料を払い続けても基礎年金が1ヵ月5万円にも満たないという貧弱な年金制度。マクロ経済スライドの発動や支給開始年齢の引き上げなどこれ以上の改悪に次ぐ改悪は許されません。支給額の抜本的な引き上げ、最低保障年金制度の創設など「若者もお年寄りも安心できる年金制度を」という願いにこそこたえるべきです。

千葉市の竜巻・突風被害-県独自の生活再建支援制度の適用を

千葉市中央区の竜巻被害。千葉県が独自の生活再建支援制度を今回の被害に適用できるかどうか検討を始めたとのことです。



以下、千葉日報の記事より
 

「千葉県は7日、野田市で2013年9月に発生した竜巻被害を受けて創設した独自の生活再建支援制度が適用できるか検討を始めた。
 

 野田の竜巻被害では半壊世帯が多かったことから、国の制度では対象外となるケースについても支援制度を拡大。10世帯以上の全壊被害が発生した市町村を対象に、全壊が最大300万円、大規模半壊は最大250万円などを支援している。
 

 県防災政策課は『まずは千葉市とともに被害程度を把握し、適用対象となるか検討したい』としている。」

 

とにかく元の生活を取り戻したいというのが被災したみなさんの最大の願いであり、当たり前の願いです。どこにでも起こりうるからこそ「10世帯以上の全壊被害が発生」など機械的な線引きをするのではなく、実態に即してこうした支援制度を安心して使えるようにしてほしいと思います。



http://www.chibanippo.co.jp/news/politics/276800

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 11月29日の夜は新検見川駅で憲法守る3000万人署名を集めよう
  • 松戸市で新総合事業について聞き取り、「種まく人びと」上映会も行われました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました
  • 陸上自衛隊オスプレイ配備が狙われる佐賀県を視察しました