寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2015年06月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

戦争法案ストップへ!花見川区民の会が発足です

党派、立場の違いを超えて花見川区でも大きな運動を。国会の会期延長を強行してまで「戦争法案」を押し通そうという安倍政権に対して、草の根からストップをかけようと「戦争法案ストップ!花見川区民の会」が発足しました。


IMG_5842
呼びかけ人を代表して冒頭あいさつをする渡会弁護士


呼びかけ人の一人でもある渡会弁護士のあいさつから始まり、同じく準備を進めてきた中村きみえ市議がこの間の経過を説明。市民ネットの元市議や税理士など幅広い人たちが呼びかけ人に名前を連ねてくれたことが報告され、署名やアピールウォーク、学習会など多彩にとりくみを広げて大きな世論をつくっていくことが確認されました。

IMG_5848
この間の経過を説明する中村きみえ市議


「若者に呼びかけて運動に立ち上がってもらいたい」「アピール文には、戦争法案が千葉県にどんな影響を与えるのかということや戦争を体験した方の声も盛り込みたい」「ボランティアで関わっている人たちと話したら『安倍さんは怖い』『人の言うことを聞かない』と次々対話になった」など活発な意見が交わされ、まずは7月19日に学習集会とアピールウォークを行なうことを決め、小松実前県議を含む事務局メンバーを選出しました。


どうしたら戦争法案をストップできるか、真剣な議論を重ね全花見川区民を対象にした壮大な運動を起こしたいですね。

戦争法案ストップへ!幕張でアピールウォーク

戦争法案ストップへ!中村きみえ市議、小松実前県議、地域のみなさんとともに幕張でアピールウォークを行ないました。若い人をはじめ注目を集めてましたね。世論の変化を感じます。手を振ってくれたり、通り際に「がんばってください~」と声をかけてくれる方もいました。


IMG_5822


終了後、初めてこうしたデモに参加したという男性が「尊敬する瀬戸内寂聴さんが91歳にして死ぬ覚悟で国会前で声を上げている。自分はいったい何をしているんだと思って国会前行動に行ってきた」と決意を語りました。


IMG_5838


午前中訪問活動を行なった長作地域では、ある年配の女性から「私は女学校時代に浅草で東京大空襲を経験したの。飛行機に乗っている米兵の顔が見えるくらい低いところから爆弾を落とされて…。死ななかったのは本当に運が良かった。戦争は本当に嫌」と訴えられました。


戦争を知らない若い世代も、戦争を経験した世代も「これだけは」と声を上げ始めています。まさに「立ち上がるのは今」です。

日本共産党千葉県党会議に参加しました

今日は一日会議でした。1年に1度開かれる千葉県の日本共産党の活動方針や役員を決める県党会議。


県副委員長でもある小松実前県議が開会あいさつ。県議として長くお世話になってきたこと、4月のいっせい地方選挙で私へのバトンタッチを果たすことができたことへのお礼を述べつつ、「戦争法案」ストップと党勢拡大を進める大運動の成功を訴えました。


県委員長の方針提案に続き、椎葉かずゆき参院比例候補や浅野ふみ子参院選挙区候補が決意表明。さらに午後には斉藤和子衆院議員もあいさつしました。同い年の椎葉候補をはじめみんないっしょに活動してきた30代、40代です。県議会議員として参加している自分も含めて、若い世代が重要な役割を担いつつあることに時間の流れを実感しました。


とはいっても、まだまだ経験豊富なベテランのみなさんが日本共産党の中心です。党活動の世代的継承が大きな課題として提起されていますが、今日の会議では「戦争法案」反対の運動に若い世代が立ち上がり、そうした若者から日本共産党に注目が寄せられている経験が共通して語られました。この課題もまさにがんばりどきです。


小松さんも今回、県副委員長の任務を降りることになりました。本当にお疲れ様でした。同時に、健康第一を大前提にこれからも様々な場面でぜひ力をお借りしたいと思います。若い世代とベテランが力をあわせて新たな前進へ。決意を固めあいました。

初めての健康福祉常任委員会を終えて

千葉県議会・健康福祉常任委員会が終わりました。


初めての常任委員会。討論のなかで勉強不足、調査不足を痛感したり、後で「もっとこう言えばよかったなあ~」と反省することしきりですが、傍聴していた方から「落ち着いていてよかったわよ~」と言葉をかけていただいたのでとりあえず良しとします。


審議したのは当局から提案された議案(条例改定案)7件、請願2件、発議案(意見書案)3件とその他・一般質問です。


障害者団体などから出された重度障害者医療費助成制度の充実を求める請願については、8月から現物給付化されるのに一部負担金(入院1日・通院1回300円)と年齢制限(65歳以上で新規に重度障害になる方は対象外に)を導入するという新たな負担増の撤回を求めました。


千葉市では一部負担金の徴収は同一医療機関で月4回まで(入院は4日まで)という上乗せ措置を取っていることを示し、「受益者負担などではなく、憲法25条にもとづく生存権を保障する制度であり負担増は撤回すべきだ」と迫りました。


さらに腹腔鏡下手術による死亡事故が続出し、この4月にはそれらの手術が保険適用外だとして診療報酬不正請求による行政処分を受けた千葉県がんセンターについて。今日の質問では2010年にあった内部通報(内部告発)への対応についてあらためて検証を求め、「どんなものであれ内部通報は真剣に受け止めること、ましてや内部通報者を探しだすこと、犯人捜しのようなことは絶対にすべきではない」と迫りました。


2010年、すでに死亡事故が起こっていた腹腔鏡下手術の中止を求め、当時のセンター長に直訴した当時の麻酔医。ところが訴えは受け入れられず、逆に手術の担当を外されるなどのパワハラを受け最終的に病院を辞めざるを得なくなりました。その後内部告発をしたものの無視されたとのことです。


3月に出された第三者検証委員会でも、センターや県(病院局)の隠ぺい体質、事なかれ主義が厳しく指摘されていますが、こうした体質をそのままにしてセンターの再生はありえません。


保険適用外の難しい腹腔鏡下の手術をわざわざ行ない、なぜ11人もの人が死ななければならなかったのか。なぜ内部通報は握りつぶされたのか。さらに厳しい追及が必要です。

明日はいよいよ健康福祉常任委員会です

千葉県議会は今日から8つある常任委員会の審議が始まりました。今日行われた総務防災と総合企画水道の常任委員会には日本共産党の委員はいませんが(日本共産党県議団は5人なので3つの常任委員会には委員がいません)、明日はいよいよ私が所属する健康福祉常任委員会が行われます。

何しろ初めての常任委員会。本会議も緊張しますが、一問一答形式の常任委員会はまた本会議とは違う緊張感があります。付託されている議案の数も健康福祉常任委員会が最も多いとのこと。「重度障害者医療費助成制度の窓口無料化にあたって、新たな負担増の中止を求める請願」も出されています。

県民の命や生活を守る砦になる医療・福祉の制度をいかに充実させるかという責任の大きい委員会です。一方で県内には、障害者への職員による暴行虐待死事件が起こった千葉県袖ヶ浦福祉センターや、腹腔鏡下手術による死亡事故が続出した千葉県がんセンターなど医療・福祉に関わって県が直接関与した深刻な問題もあります。

課題はたくさんですが、県民の願いを正面からぶつけ、よりよい医療・福祉の実現へ。全力でがんばります。

沖縄慰霊の日ー翁長知事と安倍首相の挨拶に思うこと

今日は70年目の沖縄慰霊の日。本会議の合間、昼休みにNHKで追悼式典が流れていました。

沖縄県の翁長知事は、20万人の県民が犠牲になった沖縄戦を振り返りながら、戦後は米軍基地によって苦しみ続けてきた沖縄の現実を訴えました。いま「オール沖縄」で普天間基地の建設反対を訴えていることも、こうした歴史と地続きです。

「戦後70年を迎え、アジアの国々をつなぐ架け橋として活躍した先人たちの『万国津梁(ばんこくしんりょう)』の精神を胸に刻み、これからも私たちは、アジア・太平洋地域の発展と、平和の実現に向けて努力していきます。」-翁長知事の平和宣言は深く胸に迫るものでした。

そのあと挨拶に立った安倍首相の何と抽象的で中身がなく、そして何より気持ちがこもっていない言葉か。悪法を通すための国会の会期延長が強行されましたが、後々「この3ヶ月が安倍政権にとって命とりになった」と言われるくらいの運動を巻き起こしたいですね。

千葉土建千葉支部定期大会と日本共産党中部地区党会議に参加しました

写真を撮り忘れました…。

今日は千葉土建千葉支部第45回定期大会に来賓として参加。野本信正、かばさわ洋平両市議もいっしょでした。今年2月に公共工事設計労務単価が4年連続で引き上げられ全国・全職種平均で4.2%のアップとなりましたが、なかなか現場の労働者の賃上げにはつながっていません。日本共産党として昨年県議会でも取り上げましたが、県発注の工事でも「実際の賃金は設計労務単価の半分」という例もありました。

「県としても公契約条例を実現して国に公契約法の制定を迫ります。みなさんと力をあわせて建設職人の命と暮らし、仕事を守ります!」と挨拶しました。憲法9条を守る運動でも先頭に立ってがんばっている千葉土建のみなさん。熱気あふれる大会でした。

その後は日本共産党中部地区党会議へ。幕張メッセでオリンピック開催が決まったことを契機にしてここぞとばかり巨大開発に突き進む森田県政のひどさと、貧困打開など県民の願い実現のためにがんばる党県議団の役割を訴えました。が、しゃべりすぎて時間オーバーに。反省しつつ、戦争法案阻止のたたかいでも日本共産党を強く大きくする活動でも先頭に立って頑張る決意を固めたのでした。

しかし写真がないと味気ないですね…。

地域でも情勢激変、国民の声を聞かない傲慢政権に手痛いしっぺ返しを!

今日は議会控室にこもって来週行われる常任委員会の準備でしたが、午前中は花園地域で訪問活動を行いました。

「安倍さんは人の話を聞かないで突っ走ってるわよね」「この頃さらに怖くなってきた」と暴走を加速させる安倍政権への不安も出されましたが、「千葉でも集会があったの?それなら行ってみたかった」「瀬戸内寂聴さんも国会前で訴えてたわね」など、なんだかみなさん動きたくてうずうずしている様子。地域でも情勢が激変してますね。

6月24日が会期末の国会を、「戦争法案」と労働者派遣法という天下の悪法を通すために延長するなど許されません。国民の声を聞かない政権にはそろそろ手痛いしっぺ返しを食らわせてやりましょう。

国会で18歳選挙権が成立、県議会では代表質問が行われました

今日は歴史的な日です。国会で18歳選挙権が成立し、来年の参議院選挙から適用される見通しになりました。新たに240万人が選挙権を得ることになります。

IMG_1249

記念すべきその日に、県議会では日本共産党から加藤英雄県議の代表質問が行われました。昨日予告したように1時間の質問時間を目一杯使って森田知事の姿勢を質しましたが、「戦争法案」については「国会で十分な議論をしてもらいたい」、千葉市中央区への指定廃棄物最終処分場建設については「住民に丁寧な説明をしてもらいたい」と、紋切型で他人事のような答弁でした。

加藤さんは二回目の質問のなかで、6・13千葉県大集会で発言した高校生の訴えも紹介し、広がる「戦争法案」反対の世論とともにこの声についてどう感じるのかも率直に問いました。

「私には自衛官を目指している友達がいます。はじめ私は、彼女の前で集団的自衛権や自衛隊の海外での武力行使などに反対的な意見を話していいのか迷っていました。しかし、いざ聞いてみると、彼女は私に『集団的自衛権は反対』『戦争は反対』と話してくれました。彼女は様々な理由から、自衛官を目指していますが、人を殺したくも、もちろん殺されたくもないのです。安倍政権のこの無理矢理な立法によって、彼女が、他国を侵略するために人を殺すかもしれません。人に殺されるかもしれません。私はそれを許すわけにはいきません」ー来年には選挙権を持つであろうこの高校生の声をぶつけてなお、森田知事は「国会において十分な議論を」と、一回目とまったく同じ答弁を繰り返しました。

誠実さを微塵も感じない知事の姿勢に怒りを感じながらも、もっともっと県民の切実な願いをぶつけていこうと決意した代表質問でした。これからです。

明日、日本共産党県議団を代表して加藤県議が代表質問です

千葉県議会は今日から代表質問が始まりました。今日は自民党と民主党、そして明日はいよいよ日本共産党を代表して加藤英雄県議団長(柏市選出)が質問に立ちます。

改選後初めての定例県議会での代表質問。準備と討議を重ね、みんなで練り上げる質問というのはこういうものなのかと実感しています。

明日取り上げる中身は①「戦争法案」など知事の政治姿勢について、②地方自治体のあり方について、③千葉市中央区への指定廃棄物の最終処分場建設問題、④県教委の歴史授業への介入など教育問題、⑤貧困・格差の拡大について、⑥命と暮らしを守る重点施策、その他です。

質問は午後1時から。千葉県の方はチバテレでも中継されます。県外の方でも千葉県議会のページで視聴することができます。ぜひご覧ください!

花見川区後援会総会&千葉県保険医協会定期総会に参加しました

今日は日本共産党花見川区後援会総会に中村きみえ市議、もりた真弓市議とともに参加しました。

IMG_5813
花見川区後援会総会で

県議選・市議選から2カ月、あらためてみなさんのご支援に感謝を述べつつ、指定廃棄物の最終処分場やオスプレイ墜落事故、県教委による教科書採択への介入問題など県議団として申し入れに取り組んできたこと、その一方で定時制高校の夜間給食の廃止など教育条件の整備は後回しであるなど、課題山積の県議会の様子について報告しました。

中村、もりた両市議からも戦争法案や小中学校へのエアコン設置、処分場問題で市議団が果たしている役割について報告がありました。日帰りバスツアーや潮干狩り、「まあぶる寄席」など後援会活動も活発な花見川区。さらなる発展を誓いました。

KIMG1341
千葉県保険医協会定期総会で

さらに午後は千葉県保険医協会の第44回定期総会へ。日本共産党から斉藤和子衆院議員や田村智子参院議員とともにご挨拶させていただきました。丸山慎一県議から健康福祉常任委員を引き継いだことを報告しつつ、全国最下位クラスの千葉県の医療・福祉を少しでも向上させたいと決意表明。「命を守る医師として戦争できる国づくりは許せない」という会長挨拶にも励まされました。

今日行われた若者憲法集会が国会前行動とあわせてNHKニュースで報道されてましたね~。マスコミも戦争法案に反対する世論の広がりに注目せざるを得なくなってきたようです。

許すな戦争法案!6.13千葉県大集会は大成功でした

千葉市中央公園で行われた「許すな戦争法案!6.13千葉県大集会」は4000人の参加で大成功でした!

IMG_5808

IMG_5805

会場で会った岡田幸子県議と記念撮影。日本共産党の斉藤和子衆院議員の気迫のこもった挨拶、民主党の横堀喜一郎県議会議員からも連帯の挨拶がありました。

20150613_104409
挨拶する斉藤和子衆院議員

20150613_104925
民主党を代表して挨拶する横堀喜一郎県議会議員

さらに自分が生まれる前にニューギニアで父親を亡くしたという平和遺族会の上田さん、自衛隊員を目指すという友人に胸を痛めながら「未来をつくるのは私たち」と高校生のチルチルちゃん、印象的な発言がたくさんありました。

20150613_125115
青年のリズミカルなコールで千葉市の中心街をパレード

そう。戦争か平和か、日本の行く末を決めるのは私たち国民です。パレードのコールにもあったように「(国民の)言うこと聞かない政権いらねー」です。

明日は都内で「若者憲法集会」も開かれます。思い切り声を上げていきましょう!

いよいよボロボロの戦争法案、安倍政権を徹底的に追い詰め廃案に!

「戦争法案」の審議はいよいよボロボロです。

IMG_5801

昨日の国会質疑では、政府見解で「安全保障環境が根本的に変容した」ために集団的自衛権を行使するというが、「何をもって、いつ頃から根本的に変容したのか」と問われると中谷防衛大臣は明確に答弁できませんでした。

さらに「実際に世界で他国に対する武力攻撃で、国の存立が脅かされた国があるのか」と問われれば、「しっかり調べて答弁します」という始末。いずれも日本共産党の宮本徹議員への答弁です。

結局、何のために戦争法案が必要なのか。少し突っ込んだ質問をされるとそれすらまともに答えられないということです。こんなずさんな法案はありません。

今日の夕方も花見川区では3つの駅で署名宣伝。私は幕張本郷駅で訴えました。世論から孤立しつつある安倍政権を徹底的に追い詰め何としても廃案に!

6月定例議会開会ー選挙買収事件について議長申し入れを行いました

6月定例県議会が開会しました。開会前に議場で行われたニューフィル千葉の演奏に酔いしれ優雅な気分に浸ったのも束の間、日本共産党千葉県議団として先の県議選にかかわって起きたとんでもない事件について本間進議長に申し入れました。

DSC_0043
本間進議長(右端)に申し入れる日本共産党千葉県議団

マスコミでも報道されている、県議選いすみ市選挙区で有権者を飲食接待したとされる供応買収事件。逮捕・送検された容疑者はなんと指定暴力団住吉会の会長でした。いすみ市選出の自民党県議の票のとりまとめを依頼するために酒食をもてなしたということですが、選挙買収はもちろん反社会的集団である暴力団幹部が関与していたなどというのは事実であれば言語道断です。報道では同県議も宴席に居合わせたということです。

今日の申し入れでは①議会として、今回の事件の全容を明らかにするため、当該議員から説明を求めるなど必要な措置を講じること、②当該議員の政治的道義的責任を明らかにし、議員辞職勧告を含め厳正に対処すること、の2点を求めました。事は議会の信頼が根底から問われる問題です。絶対にあいまいにするわけには行きません。

許すな「戦争法案」6・13千葉県大集会が迫ってきました

昨日の市原市議会議員選挙。日本共産党は新人の山内かつ子候補、加藤和夫候補がそれぞれ12位、16位で見事に当選を果たしました。新人2人という選挙戦の厳しさも指摘されていただけに本当によかったです。

613

同時に行われた市長選挙では、元東電五井火力発電所長である自民・公明推薦候補が敗れるという結果になりました。千葉市中央区への指定廃棄物処分場建設問題も争点になるなかで、自公推薦候補を破り建設反対を掲げた市長候補が当選したことも大きな意味があります。

いよいよ今週から6月定例県議会も始まりますが、13日土曜日の「許すな戦争法案!6・13千葉県大集会」が迫ってきました。「若者を戦場に送るな」という訴えに街頭でも大きな反響が寄せられ、世論調査でも戦争法案に「反対」の声が広がっています。ぜひ5000人を超える参加で会場を埋めつくして大成功させましょう!午前10時半から千葉市中央公園です。

千葉市消防団消防操法大会と千葉県腎臓病協議会県大会に参加しました

今日は朝から千葉市消防団消防操法大会に来賓として参加しました。地域防災の中核的担い手である消防団ですが、この間小松実前県議が議会で取り上げてきたように、一般団員の報酬年額や出動手当が地方交付税で措置されている額よりもかなり低く抑えられているという実態が明らかになりました。

IMG_5796
IMG_5798
千葉市役所駐車場で行われた消防操法大会

一方で消防団のなかでの暴力・暴言の告発が寄せられたり、操法大会のあり方そのものの問題点も指摘されてきました。消防団員の減少に歯止めがかからないということも聞きます。ぜひ県がイニシアチブを発揮して、団員の待遇改善とともに消防団の民主的な発展がはかられるようにしたいと思います。

20150607_182041
千葉県腎臓病協議会県大会のパンフレット(会場内の写真を撮り忘れました)

さらにその後、千葉県腎臓病協議会の第12回県大会にやはり来賓として参加しました。県内で13000人あまりいる透析患者のみなさんにとって、今年8月から県の重度心身障害者医療費助成制度が償還払いから現物給付になることは大きな前進です。

ところが、県は現物給付に伴って通院1回、入院1日300円の一部負担金を導入し、さらに65歳以上で新たに重度心身障害になった方には医療費助成制度を適用しないという年齢制限を設けてしまいました。これらによって総額5億円もの負担増を強いられるとともに、新たに重度心身障害になる方のおよそ6割が制度の適用を受けられなくなります。これでは実質的な改悪だと言わざるを得ません。

誰もが安心して透析治療を受けられるようにこうした改悪を食い止め、制度改善をはかりたいと連帯の挨拶をしました。それにしても県の姿勢は本当にひどい。課題がたくさんです。 

久しぶりの朝市宣伝、県営住宅で家賃減免制度についての聞き取り調査も行いました

今朝は駅頭宣伝のあと、久しぶりにさつきが丘の朝市へ。地元のもりた真弓市議とともに「戦争法案」ストップを訴えましたが、30分ほどの間に10数人が足を止め署名に応じてくれました。

IMG_5788

午後からは慌ただしく指定廃棄物処分場問題についての会議と、千葉県生活と健康を守る会連合会のみなさんとの懇談。

そして夕方からは千葉市内のある県営住宅で家賃減免制度についての聞き取り調査を行いました。お話ができたのは2軒でしたが、どちらも政令月収67000円以下でなおかつ県から「家賃減免のお知らせ」が届いていたにも関わらず、「当初は自分が家賃減免を受けられるとは思わなかった」「『お知らせ』に書かれている意味がわからなかった」と話していました。

「8割減免になる計算ですよ」と話すと驚き、「説明会もあったのに、入居のときにはそんなこと一言も言わなかった」と憤っていました。これは県の対応を改めさせないといけません。引き続き実態をつかもうと思います。

「戦争法案」は憲法違反!参考人質疑ではっきりしました

今日は一日議会準備のために会議でした。夕方の花見川区3駅宣伝にも行けず残念。

11390077_978724115479367_7404434915360073380_n


さて今日おこなわれた衆議院憲法審査会の参考人質疑で、与党が推薦した参考人も含めて3人全員が「安全保障法制」=「戦争法案」について「憲法違反」だという認識を示しました。この間の国会審議でも戦争法案の矛盾が噴出していますが、海外での武力行使を禁じた憲法9条とはどう考えても相容れないということがあらためてはっきりした形です。

菅官房長官の記者会見では、相変わらず何の根拠も示さずに「憲法違反という指摘は当たらない」と述べていましたが、自らの党が推薦した参考人からも疑問の余地なく「憲法違反」だと断じられているのですからまったく説得力がありません。

論拠はボロボロ、国会でもまともに答弁できず、論戦ではもう決着がつきました。戦争法案は必ず止められます。6月13日午前10時半からは千葉市中央公園で5000人規模の大集会が開かれます。みなさん、ぜひいっしょに参加して何としても戦争法案を廃案に追い込みましょう!

パソコンが壊れ、シーリングライトも点かなくなりました…

6月定例県議会に向けて、健康福祉常任委員会にかかわる議案について丸山県議とともに各担当課からレクチャーを受けました。議案そのものの数も多いのですが、制度も複雑でなかなか難しい。入念な調査が必要ですね。

20150601_230015

今日は夜も遅くまで会議でさすがに疲れました。さらに我が家のリビングのシーリングライトが点かなくなってしまい、キッチンの明かりでしのいでいるもののさすがに暗い。

先日は家のパソコンが壊れたばかり。お店に行ったら「だいたいパソコンの寿命は5年くらいですからね~」と店員さん。いや、7年以上使っていたんですが…。昔に比べて明らかに電化製品の寿命が短くなっている気がします。大事に使えばもっと長持ちしましたよね?

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • お盆で静岡に帰省しました
  • 宣伝カーで訴え&「レインボー千葉の会」のみなさんと懇談しました
  • 宣伝カーで訴え&「レインボー千葉の会」のみなさんと懇談しました
  • オスプレイ墜落問題で千葉県に緊急の申し入れを行いました
  • オスプレイ墜落問題で千葉県に緊急の申し入れを行いました
  • オスプレイ墜落問題で千葉県に緊急の申し入れを行いました
  • 長崎被爆の日ーいまこそ米国いいなり政治からの決別を
  • 長崎被爆の日ーいまこそ米国いいなり政治からの決別を
  • 第4回千葉県国保運営協議会を傍聴しました