寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2014年11月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

総選挙公示前最後の日曜日、緊張感が高まってきました

<2014年11月30日>

総選挙公示前最後の日曜日。今日の午前中は全日本年金者組合花見川区支部の総会でした。連日宣伝カーで訴えている小松実県議・千葉2区予定候補に代わって、中村きみえ市議とともに参加してあいさつしました。

IMG_3031
IMG_3036

中村市議からは千葉市の敬老祝い金がさらに削減されようとしていることについて告発。私からは今度の総選挙で年金削減に対して怒りの審判を下そうということとあわせて、消費税に頼らなくても社会保障を立て直すことができることを訴え「安心して増税ノーの声を上げよう」と呼びかけました。

IMG_3030

午後からは長作・作新台地域後援会のつどいや花見川団地での訪問活動に参加しました。訪問活動で話が盛り上がった男性は「自民党は大嫌い。前回は民主党に期待したけど今回は共産党かな。でも名前がなあ…アメリカみたいに共和党にしたら?」と言いながら支持を約束してくれました。こういう方も案外多そうですね。夕方からは小松事務所スタッフのうちあわせ。公示を前にいよいよ緊張感が高まります。

小松実激励・千葉2区決起集会がひらかれました!

今日の午後、幕張にある千葉健生病院横・レストランまあぶるで「日本共産党躍進と千葉2区勝利をめざす、小松実激励・2区決起集会」がひらかれました。緊急のよびかけにもかかわらず、立ち見も出る100人以上の参加で会場は熱気にあふれました。私は司会でした。

IMG_3023

千葉県委員会の浮揚県委員長のあいさつにつづいて、県職労、私教連、健生病院職員後援会のそれぞれから小松さんを激励するためにあいさつをいただきました。県職員の長時間過密労働・サービス残業問題、私学助成拡充の運動、医療・介護分野での奮闘など小松さんが果たしてきたかけがえのない役割をあらためて実感する発言でした。

IMG_3028

さらに花見川区、習志野市、八千代市の各行政区代表から決意表明をしたあとに、お待ちかねの小松さんの決意表明です。小松さんは「どの問題でも世論の多数を代表しているのは日本共産党」だと強調。「消費税増税、原発再稼働、集団的自衛権行使など、国民の圧倒的な反対の声にこたえる候補者はこの千葉2区で小松実だけ」といううったえになるほどと納得しました。千葉2区の他の候補者はすべて改憲派、原発推進派、増税推進派です。まともに考えれば選択肢は小松さんしかありません。


参加者全員でおおいに決意を固めあって、最後はがんばろう三唱で締めくくりました。いよいよ公示目前、明日もがんばります!

日本を代表する大企業の多くが過労死ラインを超える協定-雇用のルールの確立こそ

今日はさつきが丘で恒例の朝市宣伝。今日はさらにそのあと団地内を何ヶ所か宣伝しました。夕方には新検見川駅で小松さんも合流して街頭演説。力のこもった訴えに通りかかった多くの方が激励してくれました。

IMG_2970

IMG_2984

ところで今日の赤旗には驚きました。日本経団連の役員企業など日本を代表する大企業40社中、78%が過労死ラインを超える三六協定を結んでいたというのです。本来労働時間は1日8時間、週40時間が限度です。それを超える場合は会社が労働組合や労働者代表と特別な協定を結ばなければいけません。これが三六協定です。

2014112801_01_1
 

たとえ形式的にでも、この三六協定さえ結べば労働時間は青天井で延ばすことができます。実際に経団連会長企業である東レは1ヶ月で100時間、年間900時間まで残業してもいいという三六協定になっています。月100時間なんてその1ヶ月だけでも過労死と認定される水準です。

この日本経団連=財界が、いま「残業代ゼロ」制度の導入を狙っています。絶対に許すわけにはいかないのは明白です。求められているのは「残業代ゼロ」よりも「過労死ゼロ」「サービス残業ゼロ」です。

ハンドマイク宣伝に反響-「反核カレー」を食べてがんばりました

昨日と打って変わって今日は暖かったですね。打ち合わせや会議など慌ただしいなかですが、午後はハンドマイク宣伝に打って出ました。近くのスーパーで長ネギを6本くらい買ってきた年輩の女性は、「もうホントに大変よ。年金は削られるし、ゴミ袋も有料になるしいったい何なのよ!」と興奮気味にまくしたててきました。怒りはごもっとも、しゃべっているマイクを奪わんばかりの勢いです。

IMG_2964

お昼は小松事務所隣の花園診療所友の会が行なっている「反核カレー」(500円)をいただきました。利益は原水爆禁止世界大会への代表派遣費用など平和運動に使われます。美味しかった~。

IMG_2956

夕方は(写真はありませんが)新検見川駅でのお帰りなさい宣伝。チラシの受け取りもよく、会釈をしてくれる人、うなずきながら通り過ぎていく人も多いです。確実に起こっている変化、モノにするにはもうひとがんばりが必要ですね。明日もがんばります。

日本共産党の総選挙政策が発表されました

日本共産党の総選挙政策が発表されました。「安倍政権の暴走ストップ!国民の声が生きる新しい政治を」と題して、「消費税増税ストップ」「アベノミクスではなく暮らし第一の経済へ」「憲法9条を生かした平和外交へ」「原発再稼働ストップ」「沖縄の米軍新基地建設ストップ」という日本の政治の「5つの転換」を訴えています。

さらにもう一つ、「『消費税にたよらない別の道』―日本共産党の財源提案」も同時に発表されました。この間私も、「消費税増税は困るけど、増税しないで大丈夫なのか」「消費税に頼らない『別の道』というが、もっとわかりやすくうちだしてほしい」という声を多くの方から聞いていました。

安倍政権はもちろん、どの党も「先送り」は言っても結局は消費税に頼る立場です。日本共産党は、消費税は社会保障の財源としても財政再建にももっともふさわしくない税制だとして増税の「先送り」ではなく「きっぱりと中止する」ことを呼びかけています。この方向を思い切って多くのみなさんに語り広げたいです。

みなさん、ぜひご一読ください!

「消費税にたよらない別の道」―日本共産党の財源提案
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-624.html


日本共産党の総選挙政策
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/11/post-625.html

会議、訪問活動、後援会のつどいなどせわしない一日でした

なかなかせわしなくなってきました。会議や訪問活動にとりくみつつ、今日の午後はもりた市議とともに西小中台・宮野木台後援会「いずみの会」の決起集会へ。「毎日のように集まって対策を練っていった方がいいんじゃないか」「団地には若い人も増えている、どうやってはたらきかけていくか」など参加者から意欲的な発言が相次ぎました。「今回は勝つぞ」という熱意がみなぎっていますね。

IMG_2943

安倍首相は「雇用は100万人増えた」「賃金が2%上がった」などと言っていますが、実際は非正規雇用が123万人増えた一方で正規雇用は22万人減っています。「2%増」というのも連合が統計を取った314社だけ、全体のわずか0.008%です。実際には実質賃金は15ヶ月連続マイナスです。

自分たちに都合のいい数字だけを並べ立てて「アベノミクスは成功している」などというのは許されません。何より庶民の生活実感から言っても「景気がよくなっている」なんてとても言えません。これから安倍政権が「成長戦略」として狙っているのは、労働者派遣法の大改悪やTPP推進、原発輸出など「大企業栄えて国滅ぶ」というものばかりです。雇用のルール確立、社会保障の切り捨てから充実へなど「暮らし第一」への転換こそ必要です。

津田沼演説会の様子がYouTubeにアップされました

今日の午前中は宣伝カーで西小中台、朝日ヶ丘を街頭演説してまわりました。今日も街頭の雰囲気はあたたかいです。手振り、会釈、声かけがたくさんあります。

IMG_2938

午後は花見川団地で訪問活動。「共産党の言っていることは至極真っ当。もっとアピール力を身につけて」という方と長時間話した末にしんぶん赤旗日曜版を購読していただきました。さらに別の方はドアを開けるなり「今回は共産党よ。うちは2票あるから」と。「民主党もひどいし、集団的自衛権も原発もイヤ。本当にがんばって」と激励を受けました。「消去法で選んでも今回は共産党しかない」という方が多いみたいです。

昨日の津田沼駅前の街頭演説会がYouTubeにアップされています。志位さんはもちろん、小松さんをはじめ全小選挙区候補、はたの君枝さんのうったえも見られます。ぜひご覧ください!
 

千葉全県の候補一同に訴え
http://youtu.be/w0APooiU0nE

はたの君枝さん
http://youtu.be/gFfbTp13l0s

志位和夫委員長の訴え
http://youtu.be/mmI3ZA5LWmc

津田沼駅頭演説会と「青年トーク集会」に参加しました

今日は津田沼駅頭で志位委員長を迎えての演説会がありました。急な呼びかけにもかかわらず2000人を超える参加者のみなさんで津田沼駅デッキはいっぱいに。小松実県議(衆議院千葉2区予定候補)をはじめ県内13小選挙区候補、比例候補のはたの君枝さん、志位さんが力のこもったうったえを行ないました。

IMG_2922
聴衆の拍手にこたえる(右から)はたのさん、志位さん、さいとう和子千葉4区予定候補(比例重複)

IMG_2888
私学助成拡充、子ども医療費無料化、自然エネルギーの普及など県政での実績をふまえて「今度は国政へ」とうったえる小松県議

志位さんは「国民の世論に追いつめられての解散、国民の力で政治を変える絶好のチャンスです」とよびかけ、「消費税増税ストップ」「アベノミクスからくらし第一へ」「原発再稼働ストップ」「戦争する国づくりをやめ9条を生かした外交へ」「沖縄新基地建設中止」など政治をおおもとから変える「5つの転換」を力強くうったえました。「日本共産党がのびれば政治は変わります!」といううったえに「そうだー!」と大きな声をあげました。

IMG_2881
デッキや階段からたくさんの人が声援を送っていました

夜は1区の吉田まさよし、3区のかばさわ洋平、両小選挙区予定候補をゲストに「青年トーク集会」。私は司会を務めました。

IMG_2924
「青年トーク集会」で日本共産党の青年政策についてうったえる椎葉・千葉県委員会書記長

「たたかえば変えられる。働く青年の実態を解決したい」という吉田さん、「サーフィンが趣味で政治に興味がなかった自分が3・11を機に変わった。放射能被ばくの運動にとりくんだことをきっかけに住民の立場に立つ議員を増やしたいと思った」というかばさわさんの決意を受けて、参加者からも「原発がなくてもやっていけるといううったえに力を入れてほしい」「介護保険の改悪が不安」「障がい者や性的マイノリティーについて共産党はいい政策を出している、もっとアピールしては?」など様々な意見や要望が出されました。最後は「ちばデモ」でおなじみ、ブルーGの歌とウクレレでエンディングでした。

IMG_2925
(右から)かばさわさん、吉田さん、佐々木ゆうき千葉市議、寺尾さとし

昨日の「ちばデモ」で企画を知り、初めてこうした催しに参加した青年も「もっと時間があればよかった。話したいことがいっぱいあった」と話していました。ぜひまたやりたいですね。

衆議院解散-早くも選挙本番モードです!

衆議院が解散されました。12月14日の投票日に向けて激動の3週間になりそうです。

IMG_2869
IMG_2872

すでに花見川区は選挙本番モード。今日はさつきが丘の朝市宣伝に小松県議(衆議院千葉2区候補)も参加してうったえました。ひとしきり訴えたあとも商店街をまわってごあいさつ。さすが知名度抜群の小松さん、行く先々で握手や激励を受けます。

IMG_2876

午後は宣伝カーでさつきが丘と西小中台をまわりました。ベランダに出てきて何人も手を振ってくれたり、車から激励をしてくれたりと明らかに反応が変わってきています。

IMG_2878

夕方は再び小松さんも参加して新検見川駅でうったえ。毎日新聞、千葉日報も取材に来るなど注目度も高まっています。明日は午後1時からJR津田沼駅前で大街頭演説会をおこないます。志位和夫委員長と全小選挙区候補がうったえます。ぜひみなさん、明日は津田沼にお越しください!

日本共産党花見川区後援会主催のグラウンドゴルフ大会に参加しました

今日の午前中は日本共産党花見川区後援会主催のグラウンドゴルフ大会でした。小松実県議(衆議院千葉2区予定候補)、中村きみえ市議と行なった幕張駅での朝の宣伝から会場の花島公園に直行しました。まさか総選挙になるとは思わずこの日程を組みましたが、総選挙をがんばる決意を込めてそれはそれで楽しもうと予定通り決行しました。

IMG_2857

グラウンドゴルフは1982年に鳥取県で誕生した生涯スポーツです。私も初めて体験しましたが、これが意外に(失礼)面白く、適度な運動にもなってはまってしまいました。8ホールを2ラウンドしても1時間半程度で楽しめます。小松県議は初めてのグラウンドゴルフの1打目でホールインワンを達成したそうですが、そんなラッキーはなく20数人の参加者のなかで下から4番目でした(泣)。みなさん、本当に上手い!次回は必ずリベンジします。

IMG_2861
IMG_2860

午後は花見川団地で訪問活動。「50年も年金をかけ続けて夫婦で月16万円。とても暮らしていけない」「みんなの党は解散するし他の党は全然ダメ、がんばって」など多くの期待の声を受けました。生活が苦しいなかでも「選挙だから応援しますよ」としんぶん赤旗も購読してくださいました。うれしいですね~。

千葉県の13小選挙区候補が勢ぞろい-日本共産党の躍進でアベノミクスに厳しい審判を!

千葉駅前に日本共産党の県内13小選挙区候補が勢ぞろいしました。

IMG_2822


1区(千葉市中央区・稲毛区・美浜区)の吉田まさよし予定候補は27歳、民青同盟中部地区委員長です。ブラック企業で苦しんでいた青年が「自分と同じように苦しむ青年を救うために政治を変えたい」と国政に挑戦する姿は感動的です。青年の代表としてぜひがんばってほしい。

IMG_2851


そしてわれらが小松実県議は2区(千葉市花見川区・八千代市・習志野市)から立候補です。子どもの医療費無料化の拡大、私学助成の拡充、自然エネルギーの普及など県民と力をあわせて県議会を一歩一歩動かしてきた小松さん。満を持しての国政挑戦、今度はピカイチの論戦力を何としても国会で発揮してほしいです。

さらに3区(千葉市緑区・市原市)のかばさわ洋平さんをはじめ、個性豊かな13人の小選挙区予定候補者を先頭に総選挙での躍進をめざします。

2014111901_03_1

安倍首相は消費税増税を先送りしたうえで「アベノミクスの信を問う」などと言っていますが、アベノミクスの破たんはもう明らかです。今日の赤旗ではアベノミクスの2年間を数字で振り返っています。労働者の実質賃金は15ヶ月連続で減り続けています。正規雇用は22万人減、非正規雇用は123万人増。年収200万円以下のワーキングプアは30万人増。貯蓄なし世帯の割合は30,4%と4.4ポイント増。

その一方で資本金10億円以上の大企業の経常利益は11兆円と4兆円以上増。100万ドル以上の富を持つ富裕層も272万人と9万人以上増です。

何のことはない。円安と株高で一部の大企業、資産家・投資家を優遇し、社会全体には貧困と格差を広げただけです。GDPが2期連続のマイナス成長という結果が示す通り、アベノミクスで景気がよくなるはずがありません。「信を問う」というならきっぱりとノーの審判を下しましょう。「消費税に頼らない道」を提案している日本共産党の頑張りどころです。

安倍首相がついに解散を表明-歴史的な総選挙のスタートです

安倍首相がついに衆議院解散を表明しました。21日に解散し、12月2日公示、12月14日投票で総選挙が行われます。

IMG_2807

さっそく今日の夕方、新検見川駅で20名近くの方が集まって緊急に街頭宣伝。もちろん小松県議・衆議院千葉2区予定候補、中村きみえ市議、もりた真弓市議と私も参加して「安倍政権の暴走政治に日本共産党の躍進でストップをかけよう!」とうったえました。

IMG_2794

午前中には中部地区委員会としての会議があり、小松さんとともに千葉市・市原市に関係する小選挙区候補が決意表明しました。私からも何としても小松さんを国政に送り出し、総選挙で躍進をかちとる決意を発言しました。千葉県の13小選挙区すべての候補者は明日の記者会見で正式に発表されます。午後3時半からはすべての小選挙区候補が勢ぞろいして千葉駅前で街頭宣伝を行ないます。みなさん、ぜひお越しください。

IMG_2818

今日のしんぶん赤旗には16日に行なった花見川団地での宣伝行動・アピールウォークの様子が掲載されています。短期決戦、しかし文字通り日本の未来がかかった歴史的な総選挙です。消費税増税、原発再稼働、海外で戦争する国づくり-何としてもこの暴走政治をストップさせなければいけません。全力で走りぬきます。

沖縄県知事選挙-民意にしたがって新基地建設はきっぱりと断念すべきです

一夜明けても興奮冷めやらず。

IMG_2788

沖縄県知事選挙では翁長雄志さん、那覇市長選挙では城間幹子さんが、新基地建設反対をつらぬく「オール沖縄」の声を代表して見事に当選しました。今朝の駅頭宣伝では選挙結果を伝えるしんぶん赤旗を掲げました。「おめでとうございます!よかったですね~」と声をかけてくれる人、興味深そうに紙面を覗き込みながら通り過ぎていく人が何人もいました。

「辺野古への新基地建設反対」の民意が明確に示された以上、安倍政権はきっぱりと計画を撤回すべきです。仲井真知事が辺野古の埋め立て承認をしたことをもって「過去の問題」などということは許されません。

IMG_2789

沖縄防衛局が現在、辺野古新基地で4件の設計変更を申請しているように、変更申請にはその都度知事の承認が必要です。同時に公有水面埋立法は知事の許認可権を認める一方、許認可しなかった場合の手続きについては特に定めていません。つまり法律上は許認可の取り消し=埋め立て承認そのものを撤回させることは可能です。民意を力に、翁長さんにぜひがんばってほしいですね。

花見川区革新懇学習会「いま歴史と教科書を考える」に参加しました

沖縄県知事選挙でオナガ雄志さんが勝利しました!やった~!!米軍新基地建設を許さないたたかいに大きな一歩です。

今日の午前中は花見川区革新懇主催の学習会「いま歴史と教科書を考える」でした。中村きみえ市議の開会あいさつに続いてお話ししたのは、千葉工業高校の角谷信一先生。「歴史を学ぶことは未来をつくる一員になること」という信念で行なっている教育実践について感動的な報告をしてくださいました。さらに県立高校の教科書採択への県の介入をめぐる問題について小松県議が報告しました。

IMG_2769

それにしても自民党県議の質問に端を発した県による教科書採択への不当な介入は本当にひどいものです。だいたい国の検定に合格した教科書について、特定の教科書の特定の箇所をあげて、「指導に留意せよ」だの「この教科書を使うのなら選定理由を述べよ」などという通知をする県教育委員会は本当に異常です。小松県議も話していましたが、攻撃が加えられている個々の箇所について科学的に詰めた議論をすると、県教委も当の自民党県議もまったく反論できないのです。こんなことを絶対に許すわけにはいきません。24日には「教科書と教育を考える千葉県民の会」の設立集会が開かれます。ぜひ大成功させたいです。

IMG_2771

今回のお話には直接関係ありませんが、角谷先生は授業のなかで労働法・労働組合についても実践的に学んでいます。新たに「ブラック企業に負けない!学校で労働法・労働組合を学ぶ」という本も出されました(共著)。さっそく読んでみたいと思います。

IMG_2787

さらに午後は小松県議、もりた市議とともに花見川団地でアピールウォーク。今日も37名が参加して大成功でした。

IMG_2776
IMG_2775

 

つどいにアピールウォーク、訪問活動とフル回転の一日でした

フル回転の一日でした。午前中は中村市議と幕張本郷地域で訪問活動。そして午後は小松県議も合流して小松・寺尾事務所でのつどい「井戸端会議」と幕張地域でのアピールウォークでした。

IMG_2760
「井戸端会議」では冒頭、小松県議が総選挙勝利の決意を発言

「井戸端会議」では「千葉市あんしんケアセンター花園」の職員さんが現場の実態と介護保険制度改悪について告発。介護認定の遅れ、使いづらいサービスなど今でも矛盾がいっぱいの介護保険制度。さらに6月成立の「医療・介護総合法」で「要支援」の方の訪問介護・通所介護が介護保険から外され、現場の苦労は限界に達しています。参加者から生の実態が次々と出され話が尽きませんでした。

DSCN2740
沿道から注目を集めたアピールウォーク

その後は幕張に移動してアピールウォーク。総選挙の候補者としていち早く始動している小松県議を取材しようと、地元紙「千葉日報」の記者さんが密着取材していました。30数人が参加して「原発いらない」「増税反対」とコールしながら歩きました。幕張銀座商店街ではお店に入って次々と握手。「いよいよ総選挙ですね!」と小松さんに熱い激励が寄せられます。

DSC_0059
アピールウォークの合間にうったえ、「がんばれー」という激励も受けました

さらにアピールウォーク終了後は長作地域に移動して訪問活動。ここでも「共産党は今回はのびるでしょ、というかのびなきゃだめよ!消費税10%なんてとんでもないもの。他の党はぐらぐらしてるし一本筋が通っている共産党ががんばらないと!」と熱い激励を受けました。いよいよ選挙ということで多くの方にしんぶん赤旗も購読していただきました。

みなさんの期待をひしひしと感じた一日でした。そして明日は沖縄県知事選挙と松戸市議選挙の投票日です。必ず勝利を!

小松県議を何としても国会へ-朝の新検見川駅頭でうったえました

今朝は今シーズン一番の冷え込み。新検見川駅頭も寒かったですが、寒さを吹きとばす熱いうったえをしていたのは小松実県議会議員(衆議院千葉2区予定候補)です。

DSC00476
朝の新検見川駅頭宣伝。(左から)中村きみえ市議、小松実県議、寺尾さとし

消費税、原発、集団的自衛権、沖縄新基地建設など、安倍政権が進もうとしている方向はどの問題でも国民多数が反対しています。こうした世論に包囲され追いつめられるなかで「解散するなら今しかない」というのが安倍首相の本音でしょう。

「消費税増税先送り」という報道もされていますが、先送りではなくきっぱりと中止することこそ必要です。10%への増税などできるはずがないというのは明らかですが、それはすなわちアベノミクスの失敗ということです。増税を少し先延ばしにしたところで景気が上向くはずはありません。「増税するなら大企業・大資産家に」「大企業の内部留保の一部を活用して、賃上げと安定した雇用の拡大で国民の所得を増やす」というたしかな対案を持つ日本共産党の出番です。

安倍政権を徹底的に追いつめて何としても増税ストップを。そのためにも小松さんには国会に行ってもらわないといけません。

解散・総選挙の流れが広がるなか街頭宣伝と訪問活動にとりくみました

朝の駅頭宣伝の雰囲気も変わってきました。解散・総選挙に向かう流れは止まりそうにありません。午前中は宣伝カーで長作地域をまわりましたが、街頭の反応はあたたかく激励の声かけや手振りもたくさんいただきました。

IMG_2744

午後の花見川団地の訪問活動では、「長くお世話になってきた小松県議が衆議院に立候補します。年内の解散・総選挙が色濃くなってきたなかで、小松さんを国政に送り出し4月の県議選で何としても議席を引き継がせてください」とうったえると、多くの方から「どうやら選挙になるみたいね。とにかく今の生活を少しでも楽にして」とうったえられました。

一方で「もうどこがやっても同じでしょ。どうせ変わらないわよ」「生活は悪くなるばかりだし、しょうがない」というあきらめの声も。思わず「あきらめたらおしまいです!政治に関心のなかった多くの若い世代がたちあがっているんです。共産党がのびれば政治は絶対に変わりますよ。総選挙はチャンスです」と、うったえに力が入ってしまいました。ある方は「わかった。あなたのことは忘れないわよ、がんばって」とがっちり握手してくれました。「政治はどうせ変わらない」というあきらめは最大の敵ですね。多くのみなさんと手を携えていっしょに政治を変えていきたいです。

幕張本郷地域のつどいとお帰りなさい宣伝に参加しました

情勢が急展開しています。突如吹き始めた衆議院の解散風。総選挙の可能性が一気に高まってきました。

任期を2年も残しての突然の解散には何の大義もありませんが、安倍政権が国民多数の声をふみにじってあらゆる分野で暴走しているのは疑いようのない事実です。現実に解散ということになれば安倍政権打倒のために全力をつくし、日本共産党の躍進を必ずかちとる決意です。

IMG_2723
中村事務所で行なわれた幕張本郷地域のつどい

今日の昼間は幕張本郷地域のみなさんとのつどい。中村きみえ市議とともに参加しました。花見川区内でも住民に占める若い世代の比率がとりわけ高いこの地域。私からは赤旗まつりの報告とともに奨学金についての新しい政策と街頭からの反応についてお話しました。中村市議からの市政報告のあと、「ブラック企業アンケートやお帰りなさい宣伝にもとりくみたいたいね」「保育所の整備は?」など若い世代にどうはたらきかけていくのか活発な議論になりました。同時に「近所で孤独死があった」「特養ホームも求められているのでは」「相続税についての相談会を開いたらどうか」など幅広く実態や要求が出されました。

IMG_2729
新検見川駅でのお帰りなさい宣伝

夜はもりた市議とともに新検見川駅でお帰りなさい宣伝。今日も多くの方がチラシやリーフを受け取ってくれました。声かけや激励も多く励まされます。攻勢的にこうした宣伝・対話やつどいを広げていきたいですね。

”ブラック企業”アンケート調査にご協力をお願いします

日本共産党千葉県委員会として「あなたの職場は大丈夫?」”ブラック企業”アンケート調査にとりくんでいます。

IMG_2721
”ブラック企業”アンケート用紙。右下のQRコードを読み取ることでウェブにもアクセスできます

昨年の参議院選挙で「ブラック企業」根絶を掲げた日本共産党が躍進し、参議院で獲得した議案提案権を使って最初に提出した法案が「ブラック企業規制法案」でした。この法案が他党や労働組合にも大きな反響を呼び、厚生労働省が様々な対策に乗り出しました。

こうした流れをつくることができた最大の要因は働く青年の「実態の告発」です。ワタミ、ユニクロ、すき家…労働組合や民青同盟と協力して国会でも選挙のなかでも「ブラック企業」の実態を広く社会に告発したことが、「ブラック企業は許されない」という世論をつくる大きな力になりました。


アンケートページ

日本共産党千葉県委員会のページ

アンケートページ2
アンケート回答ページ

まだまだ多くの実態が隠されています。より身近な青年の実態を集めて議会や行政に届け改善を求めていきたいと思います。アンケート用紙もありますがウェブ上でもアンケートに回答できます。日本共産党千葉県委員会のページにぜひアクセスしてください。

 

URLはこちら↓
http://jcp-chiba.web5.jp/


11月22日(土)は青年トーク集会(仮)です!

11月22日土曜日、午後6時半から「青年トーク集会(仮)」をおこないます!

IMG_2718

日本共産党中部地区委員会と民青同盟中部地区委員会の主催です。ゲストは衆議院比例候補としても発表された藤野やすふみさん(日本共産党原発・エネルギー問題対策委員会事務局長)、かばさわ洋平さん、佐々木ゆうき市議、私寺尾さとしです。

集団的自衛権、原発、消費税、ブラック企業…若い世代にとって見過ごせない問題がいっぱいのいまの社会。日本共産党がこれらの問題をどう解決しようとしているのか、そして若い世代の代表として立候補しようとしている青年議員・候補者がどんな思いで政治にはたらきかけようとしているのか、その思いを聞きながらいっしょに考えてみませんか?


多くのみなさんの参加をお待ちしています。ベテラン世代の方も若者を誘ってぜひいっしょに参加してください!



★青年トーク集会(仮)
とき:11月22日(土)午後6時半スタート
ところ:千葉市民会館・特別会議室(3階)

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 千葉県議会予算委員会3日目-教育予算を抜本的に拡充し誰もが安心して学べる千葉県に!
  • 千葉県議会予算委員会3日目-教育予算を抜本的に拡充し誰もが安心して学べる千葉県に!
  • 青年のみなさんによる県政学習会に参加しました
  • 九条の会・千葉地方議員ネットの学習会を行いました
  • 九条の会・千葉地方議員ネットの学習会を行いました
  • 千葉県議会予算委員会2日目-官製ワーキングプアを許さず労働者にまともな賃金を!
  • 千葉県議会予算委員会2日目-官製ワーキングプアを許さず労働者にまともな賃金を!
  • 千葉県議会予算委員会1日目-県民の立場で歳入歳出の転換を!
  • 千葉県議会予算委員会1日目-県民の立場で歳入歳出の転換を!