寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2014年10月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

赤旗まつり前日、ハロウィーン!

なんだかハロウィーンで渋谷がすごいことになってます。ここまで盛り上がるイベントでしたっけ…。

IMG_2647
さつきが丘の朝市宣伝。天気のせいか今日は人出も少なめでした

そんな今日はハロウィーンとは全く関係なく、毎週金曜日のさつきが丘の朝市宣伝と地域での訪問活動、さらに夜は新検見川駅でもりた市議とお帰りなさい宣伝にもとりくみました。

IMG_2653
新検見川駅でのお帰りなさい宣伝。朝よりもゆったりとしていてチラシもよく受け取ってくれます

さつきが丘では途中で雨が降り出すハプニング。軒下で雨宿りしながら「うちの息子も一度仕事を辞めてからなかなか働けないのよ~」など地域の方といろいろとおしゃべりしていました。こういう時間が貴重だったりします。


沖縄では米軍新基地建設を許さない「オール沖縄」の願いがかかった県知事選挙が始まりました。新基地建設推進を掲げる現職陣営の巻き返しも激しくなっています。文字通り沖縄と日本の未来がかかったたたかいです。


そんななかで、いよいよ明日からは赤旗まつりです。天候が心配ですが2日目、3日目はどうやら晴れそうです。2日目午前の若者広場「青年議員・青年候補大集合」には私も出演します。政治を変える決意を固めあい、明日への英気を養う赤旗まつりを思い切り楽しみましょう~。

宣伝カーで演説-あたたかい反応に元気をもらいました

今日はもりた市議と宣伝カーで宮野木台、さつきが丘を演説してまわりましたが、とてもあたたかい反応に手ごたえを感じました。

IMG_2629

演説中に歩み寄ってきた女性は「いま共産党しかがんばれるところないわよ!陰ながら応援してるから」と飲み物を差し入れしてくれました。


さらに奨学金政策について話していると今度は男性が近寄ってきて、「いいこと言ってるなと思って。うちも大学生の子どもがいるから給付制奨学金はぜひやってほしい、がんばって!」と。わざわざ家から出てきてくれたのでした。


どちらも普段のつながりはないお宅です。自宅の窓や車から手を振ってくれる方もたくさんいて、とても元気をもらいました。

IMG_2642

午後の訪問活動でも、最初は「政治について思うことは特にないわねえ」と言っていた方が、消費税の話をきっかけに「そういえば3ヶ月たつと病院を追い出されるでしょ?あれおかしいと思うのよ」と話が止まらなくなり、医療や介護の問題について盛り上がりました。


本当にいまはがんばり時ですね。みんな政治に対して言いたいことがいっぱいあるんだなと感じます。そうした声なき声を届ける「代弁者」にならないといけないと、あらためて決意を新たにした一日でした。

「政治とカネ」をめぐる疑惑は徹底的に明らかにすることが必要です

安倍政権の「政治とカネ」をめぐる疑惑が止まりません。

2014102901_02_1


閣僚を辞任した小渕、松島両氏にとどまらず次から次へと出てきます。「(故人である)妻がやった」とか「秘書がやった」とか言い訳も非常に見苦しい。最後は「法的には問題ないと思っている」と言って勝手に幕引きをはかる。それを決めるのはあなたたちではないでしょうと言いたい。「政治とカネ」の問題は徹底的に明らかにすることが必要です。

法律に違反しているかどうかはもちろん重要ですが、最大の問題はお金によって政治の中身がゆがめられているということです。辞任した小渕氏は選挙区の有権者の観劇費用を負担していたと言われていますが、それではそのお金はどこからもってきたのかと言えば、企業・団体献金(パーティー券含む)と政党助成金です。

だいたい事実上の賄賂である企業・団体献金を禁止するためという名目で導入されたのが政党助成金です。それなのにあれこれと理由をつけて企業・団体献金はいっこうに禁止されず、政党を根元から腐らす政党助成金だけは受け取り続けています。「政治とカネ」が大問題になっているさなかの10月20日、日本共産党以外の各党が今年3回目の政党助成金・計80億358万円をしっかりと受け取りました。

2014102101_04_1


お金の流れを見るだけでその政治家、政党がどこを見て政治をやっているのかは一目瞭然です。企業・団体献金も政党助成金も受け取らず、財政的にも国民一人ひとりに依拠しているからこそ、お金や圧力に屈することなく国民のための政治を実現できる-日本共産党の最大の強みです。

花見川区民まつり、幕張・検見川健康まつりに参加しました

暖かい、というか汗ばむような陽気のなか花見川区民まつりと幕張・検見川健康まつりに参加しました。

IMG_2617
開会式のあとに小松県議、中村市議、もりた市議と

小松県議、中村・もりた両市議とともに区民まつり会場を歩いているとたくさんの方に声をかけていただきます。フリーマーケットに出店していた「さつきが丘9条の会」のお店では小鉢の食器を購入。お買い得でした。

IMG_2600
さつきが丘9条の会のみなさんのフリーマーケット。小松県議は藤沢周平関連の本をご購入

開会式のあとにはゆるキャラも登場。千葉県のマスコット「チーバくん」やレッサーパンダの「風太くん」はおなじみですね。加曽利貝塚をPRする「かそりーぬ」も初めて知りましたが、「モリ夫くん」や「めいすい」はもはや何のキャラクターなのかもわからず…。

IMG_2615
ゆるキャラたち。右から「チーバくん」「風太くん」「かそり―ぬ」「モリ夫くん」「めいすい」…?

その後は小松県議、中村市議とともに幕張小学校で行なわれている幕張・検見川健康まつりへ。30年ほど前、地域でお年寄りが餓死するという悲しい事件が起こったことをきっかけに、千葉健生病院、花園診療所など幕張・検見川地域の医療機関が協力して始まったおまつりです。体力測定や健康チェックなどに病院職員や健康友の会のみなさんが大活躍されていました。

IMG_2623
幕張・検見川健康まつり

ソーセージタコスやお団子など美味しいものをたくさんいただき、パワーをもらって午後の訪問活動に向かいました。

「オスプレイ反対!千葉県民集会」に参加しました!

「オスプレイはいらない!」の声が響き渡りました。

IMG_2586

集会で発言者の話を真剣に聞く(左から)中村きみえ市議、小松実県議、寺尾さとし

木更津市で行なわれた「オスプレイ反対!千葉県民集会」は500人を超える参加で大成功!NHKなどマスコミ各社も取材に来ていました。集会では日本共産党の田村智子参議院議員が国会情勢報告、さらに各派の市議会議員や地元地域のみなさんが次々と発言しました。

IMG_2588
会場の吾妻公園は木更津駐屯地のすぐ横でした

昨日、木更津へのオスプレイ整備拠点化について防衛省・北関東防衛局から千葉県への詳細説明があったそうです。県側からのオスプレイの安全性や試験飛行などについての質問に対して、防衛局側は「オスプレイの安全性は確認されている」「なるべく市街地の上を飛ばないように米軍に求めている」など何の保証もない「オスプレイ安全神話」をふりまきました。

IMG_2595
沿道の方から注目を集めたパレード、「オスプレイいらない、オスプレイ来るな」とリズミカルにコール

集会のあとパレードを行いましたが、わざわざ家から出てきて見に来る人もいるなど大きな注目を集めました。木更津駐屯地の周辺には保育園や小学校などもあります。子どもたちを(もちろん大人も)危険にさらすオスプレイの整備拠点化は絶対に許しません!

木更津がオスプレイの整備拠点に!?県民集会でノーの声をつきつけよう!

ついに懸念が現実のものになりました。

IMG_2561

昨日付けの千葉日報。防衛省北関東防衛局長らが木更津市と千葉県に対して、垂直離着陸機・オスプレイの定期整備拠点を自衛隊木更津駐屯地に誘致する方針を説明しました。

IMG_2562

沖縄・普天間基地に配備されている24機や今後自衛隊として調達する予定の17機など、オスプレイの定期整備を一手に引き受ける方針だといいます。


ことは木更津市だけの問題ではありません。重大事故を起こし続けるオスプレイが千葉県中の空を飛びまわることになります。そもそもオスプレイは長距離を高速で移動する大量輸送機であり、他国を侵略するための「殴りこみ」専用の兵器です。そのようなオスプレイの整備拠点化など絶対に阻止しなければいけません。

IMG_2476

いよいよ25日に開かれる県民集会が重要になってきました。午後2時から木更津市の吾妻公園で行われるこの集会でいっしょに声をあげましょう!

今年初のさんまをいただきました

秋の味覚!さんまー!やったー!

20141020_201958

念願の今年初のさんまを食べました。大根おろしを添えて一口食べれば、もうご飯が止まらない。おいしいー!


さて今日は日本共産党千葉県委員会主催の秋季議員研修会でした。千葉民医連事務局長の加藤久美さんを講師に介護保険制度について学びました。

 

あらためて介護保険制度の大改悪-①要支援1,2の方のヘルパーとデイサービスの切り捨て、②特養に入れる方は要介護3以上に限定、③「現役」並み所得者の利用料を2割負担に、④低所得者の施設からの締め出し、のひどさを痛感しました。

 

これでは「介護難民」がますます増えてしまいます。「自立・自助」の名のもとに弱者を切り捨てる政治はもうたくさんです。あたたかい政治の実現を!

11月1日~3日はぜひ赤旗まつりへ!

11月1日~3日はぜひ東京・夢の島公園へ!

41thmaturi-col-1-ll

日本共産党が開く第41回赤旗まつりがいよいよ間近に迫ってきました。政党がおまつりを開催するというのは不思議に感じる人もいるかもしれません。しかし赤旗まつりは毎回10万~20万人もの人が参加する日本最大規模のおまつりなのです。もちろんどなたでも参加していただけます。

41thmaturi-col-2-l

4年ぶりにひらかれる今回の赤旗まつりは「目玉」がたくさんあります。政治プログラムでは志位委員長の記念演説をはじめ、山下よしきさんと翻訳家の池田香代子さんの対談、小池あきらさんと経済アナリストの森永卓郎さんの対談など聞きごたえのあるプログラムが並びます。

文化プログラムでは歌手の矢代亜紀さん、沖縄民謡の古謝美佐子さん、ロックバンドのソウル・フラワー・ユニオンなど豪華で多彩なみなさんが出演します。さらに毎回おなじみの青空寄席では三遊亭円丈師匠など第一級の方が出演。落語好きの小松県議に言わせると青空寄席だけで充分にチケット代の元がとれるほどだそうです。

waka-fmf

そして今回大きく様変わりしそうなのは「若者広場」です。かばさわ洋平・緑区市議予定候補も出演するパパママ企画やダンスコンテスト、3日(祝)には野外フェス「JACK THE RED FRAG」まで行なわれます。

赤旗まつり名物の全国物産模擬店やふるさと味の店など、グルメやショッピングも大充実の赤旗まつり。3日間かけてもとてもまわりきれないほどの魅力いっぱいのおまつりです。

チケットは3日間共通で一般2500円、割引2000円(70歳以上と中・高・学生)、小学生以下は無料です。ローソンチケットやチケットぴあでもお買い求めできます。
 

花見川区では2日(日)のお昼に交流集会も行ないます。ぜひみなさん、お誘いあわせて赤旗まつりで会いましょう~!

jaf_front
 

さつきが丘でのアピールウォークと「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の千葉県大会に参加しました

今日はいい天気でしたね~。そんななか昨日につづいて2日連続でアピールウォーク。今日はもりた市議の地元・さつきが丘で行ないました。

IMG_2536
公園でのうったえ

IMG_2531
団地のなかを30数人が練り歩きます

「あらゆる分野で暴走する安倍政権は、国民の声にまったく聞く耳を持ちません。被爆者のみなさんから『戦争をやめて』とうったえられても『見解の相違』だと切り捨てる。沖縄で8割を超える県民が新基地建設反対をうったえ、県知事選で審判が下されたとしても『過去の問題』だと切り捨てる。こんな政権につける薬はありません。国民の共同の力で退陣に追い込みましょう!」とうったえました。「消費税増税はやめろー!」のシュプレヒコールにも沿道から注目が集まります。元気の出るアピールウォークでした。

IMG_2527
千葉土建本部で行なわれた「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の千葉県大会、あいさつの写真は撮り忘れました

また朝一番で「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の千葉県大会でごあいさつ。千葉市大会にも参加させていただきましたが、さすがに県大会はさらに多くの人が参加していました。11月には全国大会、さらには赤旗まつりでも囲碁・将棋のコーナーがあります。大いに盛り上がりそうです。

IMG_2528
 開会式が終わっていよいよ対局です

花園地域でアピールウォーク!今日のしんぶん赤旗にも登場しました

今朝は幕張東小で行われた地域の運動会に小松県議、中村市議とともに参加。そして午後は花園地域で初めてのアピールウォーク。小松・寺尾事務所のまわりを約1時間かけて練り歩き、中村市議が「あげるな消費税!」「原発いらない!」「9条守ろう!」などパレードコール、私と小松県議が辻々でうったえました。地域のみなさんの反応も暖かかったですね。内容を改善させながら継続していきたいです。

IMG_2523
IMG_2512

今日のしんぶん赤旗日刊紙(首都圏版)には特集記事を載せていただきました。ここでもアピールウォークが紹介されています。小松県議が定数3で守りぬいてきた宝の議席。若者が安心して学び、働ける千葉県を実現するために何としても引き継がなければいけません。もっともっと地域のみなさんに「アピール」して風を吹かせたいですね。

IMG_2508
 

命を守る政治を-つどいと宣伝に駆け巡りました

金曜日です。いつものように新検見川駅南口の朝宣伝のあと、さつきが丘の朝市宣伝へ。さらにお昼からは幕張地域で行われたつどいに参加、その後は宣伝カーに乗って朝日ヶ丘地域で街頭演説でした。平日の割にはなかなかの日程ですね…。

IMG_2498
幕張地域でのつどい
 

健生病院友の会に関わるみなさんも多い幕張地域のつどいでは、最初に民医連作成のDVDを視聴しました。寒空の下、路上生活を送る方々への相談活動を行なう病院職員のみなさん。国保料を払えず必要な医療が受けられないなかで、生活保護を受給して入院したら全身にがんが転移して手遅れだったという深刻な実態も示されました。命を守るための社会保障が逆に命を奪っている現実に胸が苦しくなりました。

一方で全国には先進的な経験がたくさんあります。岩手県旧沢内村では1961年にいち早く乳児とお年寄りの医療費を無料化。国から「医療費無料化は国保法に反している」と妨害を受けても、「日本国憲法には違反していない」と突っぱねました。その精神は引き継がれ子どもやお年寄りの医療費無料化制度は全国に広がりました。東京都日の出町では18歳以下と75歳以上の医療費は無料、さらにがん医療まで無料(!)だそうです。

何よりも命を守る政治へ。千葉県は医療・福祉の制度がまだまだ遅れていますが、国の政治がひどいからこそ住民のみなさんと力をあわせて前進させたいと決意を新たにしました。


IMG_2502
 朝日ヶ丘では5ヶ所でうったえました

国会請願署名提出行動に参加しました

今日は日本共産党南関東ブロック(神奈川・千葉・山梨)合同の国会請願署名提出行動でした。千葉市から緑区のかばさわ洋平市議候補とともに参加しました。

IMG_2483
IMG_2491

集団的自衛権、消費税、原発など切実な願いが込められた署名は千葉県から12586筆、3県合計で23750筆でした。急遽国会からかけつけた小池晃副委員長、田村智子参議院議員にしっかりと手渡しました。小池さんからは12月に施行が狙われている秘密保護法について「他党とも共同して廃止法案を出したい」という報告もありました。世論と結んで何としても阻止したいですね。

IMG_2481

「政令市で唯一実現していない中学校給食を実現させたい」(横浜市議)、「県議会に共産党の議席がないもとで、『基地と共存していきたい』と言う知事の姿勢を変えたい」(藤沢市議・県議候補)など、神奈川、山梨からも来年のいっせい地方選挙の候補者のみなさんが参加して活動報告と決意表明を行いました。もちろん私とかばさわさんもしっかりとアピールしました。

IMG_2486
 

決意を固めあい、がんばりたい思いを新たにしました!

25日は木更津へ!-オスプレイ反対!県民集会

10月25日の土曜日はこれに行ってきます。「オスプレイ反対!千葉県民集会in木更津」です。午後2時から木更津市の吾妻公園で開かれます。

 IMG_2476


アメリカでは「未亡人製造機」と呼ばれ、死亡事故が相次いでいるオスプレイの整備拠点を自衛隊木更津駐屯地に誘致しようという日本政府。大きな反対の声が地元から上がり集会が開かれることになりました。すでにオスプレイが配備されている沖縄からの報告や、アピールパレードも行われます。

 

そもそもオスプレイは日本の防衛とは無関係の殴り込み専用の輸送機です。かつて自衛隊が海難救助用に導入しようとしましたが、あまりにも風圧(下降気流)がすさまじく断念したという経緯がありました。オートローテーション機能(エンジンが停止しても自動でプロペラが回転して墜落を防ぐ機能)が備わっていないことで、日本の航空法ではそもそも飛ぶこと自体が許されない欠陥機です。

 

戦争のための兵器は千葉県にも日本にもいりません。25日は木更津でいっしょに声をあげましょう!

検見川地域の老人会・高砂会に参加しました

台風が近づいてきていますね…。関東にもっとも近づくのは夜中のようですが警戒が必要です。

そんななか今日は中村きみえ市議の地元、検見川地域の老人会の高砂会に参加をさせていただきました。中村市議からは千葉市が運営する合葬墓についてパンフレットにもとづいて説明をしました。墓石も必要なし、日常的なお手入れもいらないということでこうした合葬墓を希望する方も増えているようです。

IMG_2473
合葬墓について説明する中村きみえ市議

同様の合葬墓型の民間施設では使用料が82万円というところもあるなかで、市の合葬墓の使用料は7万円とのこと。すでに今年度の募集は締め切っていますが来年以降も募集があります。核家族化が進むなかでお墓の問題も切実です。

IMG_2475
急遽自己紹介の時間を設けていただきました

雨にもかかわらず多くの方が集っていました。市政や地域の問題で有益な情報をお伝えしたり、様々な要望をお聞きする場として貴重な機会ですね。私は突然お伺いしたにも関わらずあたたかく迎えていただき、自己紹介もさせていただきました。ありがとうございました。

「スポーツの秋」-地域の運動会に参加しました

「スポーツの秋」ということで、体育の日を明日に控えた今日は各地で自治会・町内会主催の運動会が行なわれました。小松県議、中村市議とともに花園、検見川、畑と3ヶ所の運動会に駆け足でお邪魔をさせていただきました。

IMG_2468

花園地区での開会式の様子。小松県議、中村市議をはじめ来賓のみなさんが並んでいます。

各会場でこの間お会いした自治会長さんや役員のみなさんともご挨拶。あたたかく迎えていただきありがとうございました。検見川では焼きそばまでいただいてしまいました。

ラジオ体操1
ラジオ体操の様子。しっかりやると結構汗をかきます。

久しぶりにラジオ体操もしましたが身体が固くてまったく思うように動きません。日頃の運動不足がたたっています。中村市議から「もう少しストレッチしたほうがいいよ」と厳しいご指摘も受けました。

そんな状況にもかかわらず、無謀にも畑地区では「バットでぐるぐる」という競技にも参加してしまいました。バットを額につけて5回転したあと全速力でゴールをめざすというアレです。小松県議、中村市議とともに出場しましたが、結果は7人中3人とも4位以下の「着外」。それでも参加賞のボックスティッシュをいただきました。転倒しなかっただけ良しとしましょう。

IMG_2471
検見川地区で競技に参加するみなさん。地域の団結力の強さを感じました。

子どもたちやお父さん、お母さん、先生もたくさん参加していました。準備・運営も含めて地域のみなさんでやっておられるのには本当に頭が下がります。次回はぜひ万全の準備で参加しようと決意を固め、午後の訪問活動に向かいました。

花見川区後援会主催の日本共産党本部見学ツアーに参加しました!

今日は花見川区後援会主催の日本共産党本部見学バスツアーでした!中村市議地域、もりた市議地域からそれぞれバスを出して参加。小松県議とともに行きは先発組の中村バス、帰りは後発組のもりたバスに乗ってきました。

IMG_2433

 

現在の日本共産党本部ビルは2005年に完成しましたが、建設費用の半分近くの40億円あまりを党員や支持者のみなさんからの寄付によってまかなったそうです。耐震化とともに地域の防災拠点にもなり、屋上緑化など環境にも配慮した作りになっています。

IMG_2435

あかつき印刷の工場で説明を受けました

人数が多いので10人前後の班に分かれて見学開始。党本部隣のASビルにはしんぶん赤旗を印刷しているあかつき印刷の工場と赤旗編集局が入っています。地下にある巨大な輪転機や編集局の様子を見ながら、様々な努力や苦労を経てしんぶん赤旗が手元に届くのだなあと頭が下がる思いでした。日曜版編集部には「ブラック企業」追及で日本ジャーナリスト会議からJCJ賞をもらった賞状も。

IMG_2445
日本ジャーナリスト会議から日曜版編集部が受賞した賞状

その後党本部ビルに戻り、国民運動委員会、党建設委員会、「国民の声」室など説明を受けながら各部署を見学させていただきました。民青時代にお世話になった懐かしいみなさんとも久しぶりに顔をあわせました。

IMG_2451
屋上にはいろいろな植物を植えて緑化されています

食堂で食事をしたあと先発組、後発組が合流して全体で決起集会。党本部の大会議室を借りて行った決起集会には田村智子参議院議員も参加して激励のあいさつをしてくれました。


IMG_2458
IMG_2463

最後は全体で記念撮影。本部の人もこれだけの規模の見学ツアーはそうそうないと話していました。来年の県議・市議選挙勝利の決意を固め合った素晴らしいバスツアーになりました。参加されたみなさん、お疲れさまでした!

IMG_2464

 左から中村市議、小松県議、私、田村参議院議員、もりた市議

宣伝カーで街頭宣伝―ちょっとした人気者の気分を味わいました

毎週金曜日は街頭宣伝デーです。早朝の新検見川駅宣伝から始まって、さつきが丘の朝市宣伝、花見川団地での訪問活動を挟んで、午後は宣伝カーでみ春野地域に行きました。

IMG_2424
演説を聞きながらチラシを食い入るように見つめる小学生たち

み春野では秋休み中の小学生3人が芝生に座りこんで演説を聞いてくれました。この地域では全戸に小中学校へのエアコン設置を求める署名用紙つきチラシを配布して協力をいただきましたが、そのことを話すと「うちにも入ってた!」と反応。さらに「東京、横浜、川崎、さいたま…首都圏の大都市・政令指定都市で小中学校にエアコンが設置されていない、計画もないのは千葉市だけです!」と話すと「そうなの!?暑いよ~!」とまた反応。
 

さらに「み春野地域には小学校がありません。国道を超えて40分~50分もかけてこてはし台まで通学しないといけません。安全のために通学路の歩道にガードレールを設置しましたが、より安全を確保するためにスクールバスが必要ではないでしょうか」とうったえると「よく知ってるね!大変なんだよね」とさらに反応。いちいちリアクションしてくれるので非常に張り合いがあります。演説が終わっても自転車で走って追いかけてきてくれたり、ちょっとした人気者の気分でした。
 

奨学金制度の改革や子どもの医療費無料化についても話しましたが、子どもたちを大切にする政治をしないといけないなとあらためて感じた一日でした。

IMG_2416
さつきが丘での朝市宣伝
 

法人税減税、カジノ推進ではなく最低賃金引上げこそ必要です

今日も宣伝カーで区内を街頭演説。朝の駅頭宣伝でもうったえましたが、昨日紹介した「学生が安心して使える奨学金に」という政策実現のために、今日のしんぶん赤旗にはさっそく署名用紙が掲載されていました。これは集めまくりたいですね。
IMG_2409


奨学金署名

 

さらに今日のしんぶん赤旗には昨日の大門みきし参議院議員の質問の様子も。法人税減税やカジノ推進を「成長戦略」として位置づける安倍政権を厳しく批判しました。同時に「いまやるべきは消費税増税を中止し賃金を引き上げること、特に低所得者層の賃金の底上げだ」として最低賃金の引き上げを求めたのは重要です。

2014100902_01_1b
  

アメリカでは2006年に比べて最低賃金を2倍近く引き上げ10.10ドルに。そのために2007年から5年間で8800億円かけて中小企業支援をおこないました。その一方で日本の最低賃金の伸びはとてもゆるやか。同じ時期に日本が最賃引き上げのためにおこなった中小企業支援はわずか30億円です。この差が歴然と表れています。
 

アメリカでも当初は、最低賃金引き上げに対して経済界や中小企業団体から心配の声があったそうですが、結果として540万人の賃上げになって消費も拡大したとのこと。株価や大企業の目先の利益だけを追いかけるのではなく、先を見通して手を打っていくことが求められています。何よりも国民のくらしの実態が求めている方向です。

「学生が安心して使える奨学金に」-日本共産党が政策を発表しました

今日の赤旗です。これはホントに実現したい。
IMG_2407

日本共産党が政策「学生が安心して使える奨学金に」を発表しました。(政策全文は日本共産党のウェブサイトで見られます)
 

「世界一高い学費」のもとで奨学金利用者は増え続け、いまや学生の2人に1人が利用しています。しかし、はっきりいって日本の奨学金は「奨学金」じゃありません。貸与額の75%は有利子奨学金で最大年利3%の利子負担がつく。返済が滞れば容赦なく延滞金が課され、3ヶ月以上延滞が続けば金融機関の「ブラックリスト」にも載せられます。実態は「ローン」なのに「奨学金」として学生に貸すことで重い負担を強いていることが余計に問題です。
 

大学・短大を卒業した30~50代の3分の1以上が年収300万円以下の賃金で働いているもとで、300万から1000万にも上ろうという奨学金を返済できるわけがありません。いまでも奨学金を借りた人の8人に1人が滞納や返済猶予になっており、滞納者の8割が年収300万円以下です。もともと経済的に大変だから奨学金を利用しているわけで、どう考えても制度そのものに無理があります。
 

①まず有利子奨学金をやめて無利子にすること。これは年間1000億円あればできます。
 

②いま借りている人の返済方法を改善する。年収300万円に満たない人は返済を猶予し返済期間が一定期間経過したら残額を免除する、延滞金・連帯保証人を廃止する、所得に応じた返済制度にする。これすぐにでもやるべきです。
 

③決定的なのは給付制奨学金の創設。そもそも先進国(OECD諸国)で大学の学費が有料で返済不要の給付制奨学金もないのは日本だけです。

学生生活実態調査

どれも切実かつ緊急にやるべき中身です。自分自身もこの間、多くの学生たちと一緒に「お金の心配なく学べる大学を」と声を上げてきました。かつて県内200人の学生から実態アンケートを集めたときも、「片道3時間かけて通っている」「生活費をバイトで稼ぐために勉強が手につかない」などの声を財務省・文科省に届けました。借金地獄で苦しめ、多くの学生をブラックバイトに放り込むいまの高学費は限界です。この政策の実現のために全力でがんばります。
 

検見川、幕張で区画整理事業について要望を聞き取りました

台風が近づいていますが…。今日の午前中、中村きみえ市議とともに検見川・稲毛地区と東幕張地区で進行中の土地区画整理事業について地域のみなさんの要望を聞いてまわりました。

検見川稲毛区画整理区域図
検見川・稲毛地区の整備方針概要図

幕張区画整理区域図
東幕張地区の区域図



区画整理事業というのは大変長い期間がかかります。家を建て替えたり、土地を提供したりと対象地域に住む住民にとっては大きな負担にもなります。それだけに住民本位で進められることが必要ですが、現実には様々な矛盾や困難がたくさんあります。お話をうかがって非常に勉強になりました。

検見川町・若葉自治会の会長さんは「とにかく事業がなかなか進まない。東幕張に比べて予算も少ないし区画整理事務所の人員も少ない。どうしたらいいか」と率直な悩みを話していました。

同時に「自治会のなかで一番困っているのはごみ問題」とのこと。「ごみ袋が有料化されたがごみの量が減っていくとは思えない。不燃ごみ・有害ごみの出し方も改善してほしい」と要望が寄せられました。ごみ問題についての要望はどこでも共通して出されました。
 

幕張地域でも「当初の説明から計画が変わり区画整理から取り残されている人たちもいる。地域の高齢化が進むなか2階建ての仮設住宅に住むのも大変だ」「駅前の郵便局や銀行まで行く道をちゃんと確保してほしい」など多くの要望が出されました。
 

こうした声が生かされるようにしないといけません。検見川・稲毛地区では区画整理事業とあわせて住民のみなさんから多目的ホール建設の要望も出されています。住民参加のまちづくりの前進のために力をつくしたいと思います。

livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 国保広域化に向けての仮試算結果-市町村ごとの公表を求め広く県民的な議論を
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 花園中学校の運動会や社保協のシンポジウム&総会に参加しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会代表質問-日本共産党から丸山慎一議員が登壇しました
  • 千葉県議会は今日から本会議-7月21日に行なわれる日本共産党街頭演説にぜひご参加ください
  • 6月定例千葉県議会-代表質問と予算委員会にご注目を