寺尾さとしのブログ

日本共産党千葉県議会議員・寺尾さとしのブログです。日々の出来事、出会った人の声、感じたことなど発信していきます。お気軽にお付き合いください。

2014年09月

<プロフィール>
1976年静岡県静岡市生まれ。民青同盟千葉県委員会勤務を経て、現在日本共産党千葉県議会議員。県民の声が届く政治を実現するために日々奔走中です!

御嶽山噴火―火山国に見合った対策強化が必要です

御嶽山の噴火による被害が大きく広がっていることは本当に痛ましい限りです。引き続き捜査・救出に全力をあげる必要があります。

IMG_2390
 

昨日付のしんぶん赤旗「主張」(社説にあたります)では、「火山国に見合った対策強化を」とよびかけています。
 

気象庁は過去1万年以内に噴火を起こした火山など110を「活火山」と指定し、そのうち御嶽山や富士山など47火山を24時間監視する体制をとっています。しかし、それぞれの火山の特質や歴史は異なっており、噴火の予測は大変難しいとのこと。
 

2011年の宮崎県の新燃岳(しんもえだけ)の噴火のときも事前予知はできませんでした。火山の多さに比べて、研究者や専門家が少ないことが指摘されています。観測体制を強化するための予算の確保や人員の配置が不可欠です。


日本は世界にある火山の約1割が集中する有数の火山国。火山の観測・監視体制のあり方、避難計画をはじめとする噴火災害への備えをあらためて点検・検証し、必要な仕組みを強めることが急務です。
 

そう考えると、火山被害が懸念されている鹿児島・川内原発の再稼働や火山地帯を貫通するリニア新幹線計画などはまさに「自殺行為」です。絶対にこのまま進めるわけにはいきません。

県議会代表質問を傍聴しました

9月定例県議会。日本共産党県議団を代表して、加藤英雄県議が代表質問に立ちました。諸々の事情で今日はテレビでの傍聴になりましたが、臨場感は十分に伝わってきました。

IMG_2389
 

加藤県議は、知事の政治姿勢について、重度障害者の医療費助成制度について、公共事業のあり方について、建設労働者の待遇改善について、つくばエキスプレスの安全対策や下請け・労働問題について、県教育庁による特定教科書への攻撃についてなど、多岐にわたって県民の命と安全を守る立場で質問を行ないました。
 

その中身はとても書ききれませんが印象に残ったことをいくつか。森田知事は相変わらずの棒読み答弁で、特に消費税増税や集団的自衛権など重大な国政問題については「国の方で適切に判断がされるものと思われます」の一点張り。「空飛ぶ棺桶」と呼ばれる欠陥機・オスプレイの整備拠点化が木更津基地に狙われている問題でも、「国から説明があるはず」と人ごとのような答弁でした。
 

そして一番怒りが沸いたのが重度障害者の方への医療費助成制度について。今まではいったん窓口で払っていたのをあとで返還するという方式でした。それを現物給付=「窓口負担ゼロ」が実現することとあわせて、入院一日、通院一回につきそれぞれ300円の自己負担を導入するというのです。完全に制度の後退です。加藤県議も具体的に実態をあげていましたが、重度障害者の方の多くは定職につけず住民税非課税世帯です。
 

生存権を保障する制度であるにも関わらず、県がくりかえし行なった答弁は「制度を受けない方との公平性」と「受益者負担の観点」にたって自己負担をお願いしたというもの。重度障害者の方がこの制度を受けることの、どこが「利益」なのか。まったく説明がつきません。
 

無駄な八ツ場ダムの建設に固執する一方で、土砂災害対策などは後回しという姿勢にしても、いまの県政には県民の命と安全を守る姿勢があまりにも欠けています。根本的な転換が必要です。

9月最後の日曜日は盛りだくさんでした

IMG_2358
IMG_2354

9月最後の日曜日は盛りだくさんの一日。朝一番で千葉土建まつりにかけつけ、小松県議、千葉市議団とともに壇上に上がらせてもらいました。オープニングは「花見川鼓連」のみなさんによる勇壮な太鼓の演奏でした。

IMG_2363


さらにそのあとはもりた市議と急いで移動して花見川団地でアピールウォーク。今日は43人と多くの方が参加してくださいました。集合場所に向かう途中、団地商店街でお買い物をしていた年輩の女性から、「共産党がんばってよ。私は戦争の時に銃弾が飛び交うなかで逃げ回ったの。安倍さんは全然戦争知らないくせに戦争をやろうとしてる。憲法9条守ってよ!」と話しかけられました。思わずがっちり握手です。

IMG_2380

そしてお昼休みには、浪花町にある千葉朝鮮初中級学校のバザーにお邪魔しました。多くの人で賑わう会場は美味しそうな食べ物がいっぱい、焼肉やトッポギ、チジミなどを売るテントが並んでいます。ステージでは生徒たちによる民族舞踊や楽器演奏が披露されていました。その完成度のすごさにびっくり。校長先生ともご挨拶させていただきましたが、様々な苦労があるなかで地域でこうした催しをされていることは素晴らしいことだと思います。友好と連帯の輪が広がるといいですね。

IMG_2382
 

歴史の偽造は許されない―日本軍「慰安婦」をめぐって

今日のしんぶん赤旗日刊紙は重要です。今日は一日訪問活動でしたが、この話をするなかで日刊紙を初めて購読してくださる方もいました。

IMG_2345
 

日本軍「慰安婦」の問題をめぐって、いわゆる「吉田証言」が虚偽だったという朝日新聞の訂正記事をきっかけに、猛烈な朝日新聞バッシングと「慰安婦の強制連行はなかった。『河野談話』を取り消すべきだ」という一部マスコミなどでの大キャンペーンが行われています。こうした動きに正面から反論する日本共産党の見解を発表しました。

IMG_2346
 

このなかで、そもそも「河野談話」は「吉田証言」を根拠につくられたものではなかったことを当時「河野談話」作成に直接かかわった当事者の証言も引きながら明らかにしています。


そのうえで「河野談話」を攻撃する勢力が、もっぱら女性たちが「慰安婦」になる過程で強制連行があったかなかっただけに焦点をあて、それを裏付ける証拠がないということだけを声高に言うことで、「慰安婦」問題の本質を覆い隠そうとしていることを厳しく批判しています。

 

しかし仮に本人の意思で来たにせよ、「慰安所」での生活が自由のない強制使役の下に置かれたことは明らかです。このことは日本の司法の場でも詳細に事実認定されています。だからこそ政府も「河野談話検証チーム」までつくったにも関わらず、結局「河野談話の継承」を表明せざるを得ませんでした。

 

日本軍「慰安婦」というものが、たとえ強制連行がなかったとしても、どの国もやっていたとしても、当時としても絶対に許されない最悪の国家的戦争犯罪だということは明らかです。

IMG_2344
 

昨日付の読売新聞には、朝日新聞と「河野談話」をこれでもかと攻撃する週刊誌の広告が掲載されています。見出しを見るだけでも気分が悪くなりそうです。日本の良識が世界から問われています。

エアコンの設置も、お金の心配なく学べることも、どちらも大事です

IMG_2342

夏が戻ってきたかのような一日でした。暑かったですね。夕方になって急に涼しくなりましたが…。

IMG_2341

今日もさつきが丘の朝市宣伝、さらに午後は宣伝カーでこてはし台、横戸台をまわりました。


横戸台の公園では数人の小学生から「がんばってください~!」となぜか熱烈な歓迎。「今年の夏は暑かった?」と聞くと、「暑かった~。人が多いと暑いんだよ。しかも扇風機が壊れた」と、なんともかわいそうな答え。「いま小学校にエアコンつけるためにがんばってるんだよ。東京とか横浜はみんなついてるよ」と話すと、「え~!そうなの?絶対やってほしい!」と大興奮。家族に書いてもらうと言ってそれぞれ署名用紙を持ち帰りました。


今日のしんぶん赤旗では、大学や短大を中退・休学する理由として、「学費を払えない」など経済的理由を挙げる学生が増え2割を超えたという文科省の調査結果が報じられています。7割以上の学校が、授業料減免や分納などを相談する学生が増加していると回答しているそうです。


子どもたちに最適な教育環境を保障すること、お金の心配なく学べる環境をつくること、どちらも大切です。根本の原因である、対GDP比でOECD諸国平均を大幅に下回っている教育予算を抜本的に増額することこそ求められています。

 教育予算の国際比較(GDP比)

宣伝カーで幕張地域をまわり街頭演説

今日の午前中は幕張地域を宣伝カーでまわりました。雨が降るか降らないかという微妙な天気でしたが何とかもちこたえました。
 
IMG_2339

 

安倍政権はさっそくアメリカのシリア空爆に支持を表明したようです。岸田外務大臣は日本としても約28億円の支援を行なうことも明らかにしました。「これ以上の事態の深刻化をくいとめる」と言いますが、空爆によって「イスラム国」に拘束されている日本人男性が無事に解放される見込みはあるのか根拠は示せません。
 

国際的なテロ集団を抑え込むためにはもっと緻密な戦略が必要です。求められているのは国際的な協力と外交努力です。

米のシリア空爆、戦争でテロはなくせない

アメリカがテロ組織「イスラム国」を標的にシリアへの空爆を開始しました。
 
IMG_2329
 

今日の毎日新聞に「対イスラム国 泥沼化も」という見出しで特集されています。現在、シリアで最も強力な軍事力を持つのは内戦で多数の市民を殺害し、米欧などが退陣を要求してきたアサド氏のシリア政府軍。米軍はシリア反体制派に軍事訓練を行ってイスラム国、政府軍双方に当たらせる構想だとのこと。


しかし訓練完了まで1年近くかかり、訓練可能な要員は年5000人。推計31500人の戦闘員を擁するイスラム国に対抗する勢力に育て上げるのは容易ではないといいます。元米軍幹部からはオバマ大統領が否定する米軍地上部隊投入の必要性を指摘する声も上がる―。


どう考えても泥沼化の方向です。


そもそも一応形式的には政府からの要請があったイラクへの空爆とは違い、シリア政府から要請がないのに他国に軍事介入するのは国際法違反という可能性があることも指摘されています。アメリカはイスラム国が米国人2人を殺害し、脅威が迫っているとして個別的自衛権で対応可能ということですが、どう考えても無理があります。


そしてアメリカが「自衛権」を根拠にこうした空爆を行なうのなら、集団的自衛権を発動した日本に協力要請が来たらどうするのか。考えるだけでも末恐ろしいことになります。


多くの犠牲者を出して泥沼化したイラク戦争、アフガン戦争の悪夢が蘇ります。そそもそも「武力=戦争でテロはなくせない」という確固とした教訓をこそ、あの戦争から導くべきではないでしょうか。日本の進むべき道が問われています。

ブラックバイト対策は急務です!

地域を訪問するなかで若い方がいるお宅には、「ブラック企業・ブラックバイトアンケート」をお願いしています。

なかなか本人には会えませんが、親御さんから息子さん、娘さんの深刻な実態をうかがうこともあります。先日も「スーパーで働いていた娘はパートなのに一日7.5時間、週6日勤務だった。本来なら正社員にすべきなのにしてもらえず、社会保険も有休もなかった。それなのに経験はあるからと、部門責任者としてアルバイトのシフト管理までさせられていた」という話を聞きました。まさにブラックバイトの典型です。

各地でこうした実態を集めて調査結果にまとめ、行政や議会に対策を求めるとりくみが広がっています。民主青年新聞9月8日付によれば、北海道では民青の青年たちが集めたブラックバイトの実態をもとに、日本共産党の真下紀子道議が議会でとりあげ対策を求めました。北海道はその後、すでに作成していた働く若者ルールブックに続いて、今年5月に学生向けのリーフレットを独自に作成し大学や専門学校に配布しました。

北海道働く若者ルールブック

北海道のホームページにも掲載されているこのリーフレット、「会社に無理にシフトを入れられたらどうするか?都合が悪ければあいまいな応えはせずにはっきり断りましょう」「皿を割る、レジの金額が合わないといった理由で一方的に給与から天引きすることはできません。労働者に落ち度がある場合に減給するときは、あらかじめ就業規則に定めておくことが必要です」など、ブラックバイトの実態にあわせて働くルールを学べるものになっています。

北海道学生向けリーフ

東京では学生たちの労働組合「首都圏学生ユニオン」も結成されています。世界一高い学費に加えて貧困と格差が広がるなか、ブラックバイトから学生・青年を守ることは社会全体の課題です。千葉県としても独自のリーフレットの作成・配布をはじめ、ブラックバイト対策を強く求めていきたいと思います。

「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会に参加しました

今日は「しんぶん赤旗」囲碁・将棋大会の千葉市・市原市大会でした。上位で勝ち抜くと次が県大会、さらに県大会も勝ち抜くと11月には全国大会(赤旗名人戦)があります。全国の頂点「赤旗名人」は将棋のプロ公式戦・新人王戦(しんぶん赤旗主催)に出場でき、囲碁の新人王に挑戦できます。第51回という歴史あるこの大会でごあいさつさせていただきました。

IMG_2315

最初に小松県議が主催者あいさつ。囲碁や将棋を安心して楽しめるようにするためにも安倍政権の戦争に向かう国づくりを何としてもストップさせなければならないと熱を込めました。特に危険な欠陥機オスプレイを木更津駐屯地に配備しようという動きに警鐘を鳴らし、千葉県弁護士会など幅広い人たちが声を上げているなかで共同を広げようとうったえました。

IMG_2317


続いて私があいさつ。実は小学生の頃は将棋クラブに所属していましたが腕前はさっぱりでした。さらにマンガ「ヒカルの碁」のブームなど若者のなかに囲碁人気が広がりましたが、若者の働き方をまともにしないとこういう場にも来られない、そのためにも選挙を勝ち抜くとうったえました。

囲碁、将棋それぞれの審判長があいさつをされたのち、さっそく組み合わせ抽選をして対局が始まりました。一瞬、将棋の初心者の部に出てみたいなとも思いましたが、とても相手にならないのですぐにあきらめ会場を後にしました。

そのあとは花見川団地、幕張地域、西小仲台団地で訪問活動。よく歩いた一日でありました。

信号機の改善が実現します!

一つ、地域のみなさんの要望が実現します。

DSCN2333

以前、地元の方といっしょに県警交渉を行った際、「イトーヨーカドー幕張店前の、国道14号線を横断する交差点の歩行者用信号に時間表示をしてほしい」という要望を伝えていました。国道の道幅が広く、横断歩道を渡り切れないことが多くて危険なためです。


IMG_2311

その要望にそって改善がはかられることになりました。写真のように青の時は上段に残り時間が、赤の時は下段に待ち時間が目盛り表示されることになります。

IMG_2312

さっそく今日の夕方、小松県議、中村市議といっしょに現場を確認してきました。ちょうどその時も中学生が渡り切れずに信号が赤に変わってしまい、慌てて走って渡っていました。非常に危険です。

小さなことかもしれませんが声を上げて実現した貴重な成果です。引き続き安全・安心な町づくりのためにがんばります。

朝の駅頭宣伝、朝市宣伝、宣伝カーで演説…街頭からうったえた一日

今日は街頭宣伝の一日。定例の新検見川駅での朝宣伝に続いて、さつきが丘団地商店街で開かれている毎週金曜日の朝市で宣伝。普段はそこまで人通りの多くない商店街ですが金曜日は賑わっています。

IMG_2302

「4~6月期のGDPの確定値は年率換算でマイナス7,1%です。こうしたみなさんの日々のお買い物、個人消費が大きく冷え込んでいるからです。そのうえ消費税増税などとんでもありません。株価が上がればあとは野となれ山となれのアベノミクスに厳しい審判を下しましょう」とうったえると、こちらをふりかえったりベンチでじっと聞いてくれる方がいます。宣伝効果抜群です。

IMG_2303

そして午後は宣伝カーに乗って朝日ヶ丘地域で街頭演説。演説がひとしきり終わると公園で遊ぶ小学生からあたたかい拍手を受け、工事現場で働くみなさんが手を振って激励してくれました。

 
IMG_2306

県弁護士会主催「憲法違反は許しません!集会&パレード」に参加しました!

千葉県弁護士会が主催する「9・17 憲法違反は許しません!市民集会&パレード」に小松県議、もりた市議らとともに参加してきました!

IMG_2297

集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回と秘密保護法廃止を求めて開かれた集会とパレード。会場の千葉市中央公園は配られた色とりどりの風船を持った人たちでいっぱいでした。日本共産党県議団を代表して小松県議のメッセージも代読されました。本人が会場にいても代読というのは弁護士会側の配慮だとのことです。


IMG_2292

千葉県弁護士会としては初めてのとりくみ。弁護士は必ずどこかの弁護士会に所属しなければなりませんが、そうした意味で様々な立場の方がいる弁護士会としてこうした集会とパレードを行なうというのはとても大きな意義があります。途中で通った千葉県弁護士会館にはしっかりと「集団的自衛権行使容認に反対!」「特定秘密保護法は廃止に!」の横断幕がありました。

IMG_1846

お昼休みの中心街、沿道の多くの人から注目を集めるなか「憲法破壊を許すな」「人権を守れ」とまさに当たり前の要求を思い切り叫んできました。

CIMG1072

夕方には幕張本郷リブレ京成前で地元の後援会のみなさんとハンドマイク宣伝。さっそくこの集会・パレードについても報告し、閣議決定撤回の署名をよびかけました。

アメリカの軍需産業を救済するためにオスプレイを購入!?

防衛省が自衛隊への配備を狙う垂直離着陸機オスプレイ、その目的は米軍需企業の救済にあった-。

IMG_2275

昨日の赤旗1面に見過ごせない記事がありました。防衛省は「欠陥機」オスプレイ17機を導入し、2019年度までの佐賀空港への配備を狙っています。一方アメリカ国防総省は17年度までは年間19機のペースでオスプレイを調達(購入)しますが、18年度以降は年間4機に落ち込む見通しです。背景にはイラク・アフガン戦争での財政悪化による軍事費の強制削減があります。



ロイター通信によれば、ボーイング社とともにオスプレイを製造しているベル・ヘリコプター社は12年、労働者1200人を解雇。同社のCEOは「追加受注がない限り、さらなる人員削減が必要になる」と述べています。

アメリカで売れる見込みがないなら外国へということで、米政府はオスプレイを海外に売り込むことで活路を見出そうとしています。イスラエルにはすでに6機売却するめどがたち、さらに世界各国に売り込みをはかっているとのこと。


アメリカにとって17機も買ってくれようかという日本は最大の「お得意様」です。そのオスプレイの整備拠点化が狙われているのがわが千葉県の木更津基地です。米軍需産業の救済のために血税を注ぎ込み国民を危険にさらす-こんな政治に未来はありません。何としてもストップさせなければ。

検見川フェスタ・やあびなに参加しました!

今日は検見川小学校で行われた「検見川フェスタ・やあびな」に参加しました。

10626496_720943851318753_5664488221629662603_n
地元の中村きみえ市議は第一回目の実行委員会から参加しているというこのお祭り、商店街や子ども会など地域のみなさんが手作りで運営しています。
 10370894_720943834652088_8196263957084337586_n

会場は子どもたちでいっぱい、ダブルダッチなど身体を動かすコーナーもありました。中村市議に案内してもらいながら、小松県議といっしょにみなさんとご挨拶もさせていただきました。
 10698566_720943874652084_8789015692444604805_n

地元の人たちで作り上げるあたたかいお祭り、大切にしていきたいですね。駄菓子を買いつつ、午後の訪問活動に向かいました。

小松・寺尾事務所開設です!

多くのみなさんにご協力をいただきついに昨日、小松・寺尾事務所が開設しました!
IMG_2256IMG_2251


小松県議、私の挨拶に続いて、花園診療所、健生病院、千葉西民商、新婦人、地元の後援会などそれぞれのみなさんから熱のこもったご挨拶もいただきました。お忙しいなか地元の自治会長さんはじめ多くの方にお越しいただき本当にありがとうございました。
IMG_2265
さっそく小松県議、中村・もりた両市議と記念撮影。小松さんからのバトンタッチを何としてもやりとげて小松さんを国政に送り出し、中村さん、もりたさんを引き続き市議会に送るために決意を固めあいました。

事務所の看板には大きく「安倍政権退場!暮らしと平和守る政治へ」の文字。文字通り,この事務所を安倍暴走政治への国民的反撃の拠点として、そして地域のみなさんにひらかれた地域要求のよりどころとして、何よりもいっせい地方選挙勝利のために要の役割を果たす事務所としてフル回転させていきたいと思います。

IMG_2273
みなさん、ぜひお気軽にお立ち寄りください!

ブログ開設しました!

紆余曲折ありましたが、ようやくブログを開設しました!

日々の活動やできごと、気になる新聞記事などfacebookの投稿を中心にブログを更新していきます。

みなさん、末永くよろしくお願いいたします。 
livedoor プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • 千葉県議会予算委員会3日目-教育予算を抜本的に拡充し誰もが安心して学べる千葉県に!
  • 千葉県議会予算委員会3日目-教育予算を抜本的に拡充し誰もが安心して学べる千葉県に!
  • 青年のみなさんによる県政学習会に参加しました
  • 九条の会・千葉地方議員ネットの学習会を行いました
  • 九条の会・千葉地方議員ネットの学習会を行いました
  • 千葉県議会予算委員会2日目-官製ワーキングプアを許さず労働者にまともな賃金を!
  • 千葉県議会予算委員会2日目-官製ワーキングプアを許さず労働者にまともな賃金を!
  • 千葉県議会予算委員会1日目-県民の立場で歳入歳出の転換を!
  • 千葉県議会予算委員会1日目-県民の立場で歳入歳出の転換を!