テレビをつければ自民党総裁選の話題ばかり。どこの派閥が誰でまとまったとかまとまらないとか、この人は誰を支援するだとか、国民にとってはどうしようもない話です。


だいたい菅首相は「コロナ対策に専念するため」に総裁選に出馬しないと言っていたのに、いまだに国会も開かず、新たな対策も何も打ち出していません。それなのに麻生財務相兼副総理は「コロナはまがりなりにも収束」と発言。緊急事態宣言も解除できず、いまなお連日1万人を超える新たな感染者が生まれ、重症者も増えているのにいったい何を考えているのか。自民党のなかでいくら首を挿げ替えても何も変わらないことははっきりしています。野党の動きをきちんと伝えるなどマスコミも国民の立場に立った報道をすべきです。


IMG_5379
村上地域での街頭宣伝


今日は飯川英樹市議とともに訴えた朝の八千代緑が丘駅から終日、八千代市内で街頭宣伝。住宅街でも「応援してます」「うちは3票あるよ」と声がかかるなど街頭の反応は手ごたえがあります。野党が明確な選択肢を示すことが求められています。


FB_IMG_1631019334238


明後日9日(木)にはいよいよ日本共産党千葉県オンライン演説会開催です。行き詰まった自公政権に代わる新しい政治の展望を大きく打ち出す演説会になりそうです。私も少しの時間ですが訴えます。ぜひYouTubeやお近くの党事務所など視聴会場でご覧ください。