3月最後の日曜日。午前中は花見川団地で訪問活動、青年の会議を挟んで夕方は西小中台で訪問活動と地域をまわりました。


訪問活動のなかでは様々な声が寄せられました。知事選・市長選の結果についても「もう少しいけるかと思ったけど残念だったね」「(知事選で当選した)熊谷氏は取りすぎだ。期待した以上の票が出てるんじゃないか」「自民党はもうがたがただね」などなど。


「知事は最初から決まっているようなものだったから投票にも行く気にならなかったよ」という声もありました。もちろん私たちも努力が足りませんが、こうした空気が蔓延していたのはマスコミの責任も大きいと言わざるを得ません。知名度だけで判断するのではなく、政策的な争点を明らかにし有権者に判断材料を提供する。そうした報道がやはり少ないのではないかと思います。


ところで桜が満開の千葉市。今日もたくさん見かけましたがすでに散り始めており、4月にはなくなってしまうのではないかと心配になります。いっしょに訪問活動を行った方とも「そのうち正月に桜が咲くようになるかもね」と話していました。やっぱり地球温暖化ですね。