とても2月とは思えない暖かさだった今日は、午前中は長作地域で訪問活動、午後は寺尾さとし勝手連「寺尾組」のオンライン県政学習会でした。


数年前に花見川区で行った「クローズアップ県政+(プラス)」で使ったパワーポイントを少し作り直し、ズームの画面共有機能を使っていまの千葉県政の問題点と打開の展望をお話しました。


久しぶりに県政についてまとまって話しましたが、話しているうちにどんどん熱が入ってきて当初の予定だった50分を大幅にオーバー。結局1時間半近くもしゃべり続けてしまいました。


それでも
「財政力指数全国4位の力がありながら、その金を巨大開発に注ぎ込んでるから、私たちの暮らしが良くならないというのがわかりました。3月の知事選で、なんとしても、この体制を変えないと!!との思いが強くなりました」
「千葉県は憲法、医療、福祉、教育、平和、労働、ジェンダー、…どれも酷くて、なんだかなぁと思いました。が…!千葉県の財政力が豊富にあると言うことは、知事が変われば、逆に県民に優しい県にも直ぐになれる、と言うことだよね」
「首長が変われば住みやすくなる可能性大なんだと分かって希望が持てました。酷すぎる現状には愕然としましたが…県知事選の大切さを改めて感じました」
などのありがたい感想が寄せられ、話した甲斐がありました。


その後は平松健二さんを支援する会の役員会があり、夕方は「幕張食材もってけ市」に向けて青年訪問も行いました。慌ただしくも充実した一日でした。