ついに東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に緊急事態宣言が出されました。全国では昨日新たな感染者が7000人を超え、今日は8000人に迫ろうとしています。千葉県でも455人となり全国とともに4日連続で過去最多を更新。


すでに爆発的な感染拡大に歯止めがかからないなかでの宣言。2月7日までの1ヶ月間でいいのか、1都3県だけでいいのか、外出自粛や飲食店への時短要請だけでいいのか。どこまで実効性があるのか疑問だと言わざるを得ません。


日本共産党の志位和夫委員長は①宣言の根拠を示して国民に説明すること、②十分な補償と検査の抜本的拡充、③第3次補正予算案のやり直し、の3点を求めました。


飲食店の営業は午後8時まで(酒類提供は午後7時まで)の短縮を要請するといいますが、1日6万円の協力金ではまったく話になりません。この間相談に乗っていたスナックは「8時までの営業では赤字になるだけ」とすでに今日から1ヶ月間の休業を決めました。


いったい誰が責任をとるのか。怒りは限界です。


DSC_1877
DSC_1876