もういいかげんにしてもらいたい。


今日のしんぶん赤旗1面を見て目を疑いました。防衛省は来年度予算の軍事費について過去最大の5.5兆円とするというのです。第二次安倍政権以降、軍事費は大膨張を続けてきましたが菅新政権はこの面でも安倍政治を引き継ぎ、実現すれば7年連続過去最大を更新することになります。


新型コロナ対策に予算を集中すべき時にオスプレイと並ぶ欠陥機・F35Bステルス戦闘機の導入やF35搭載のための「いずも」型護衛艦の改修、スタンドオフミサイルなどどう考えても不必要な軍備ばかり。しかもこれらは憲法違反の「敵基地攻撃能力」につながるものです。さらに住民の反対によって断念した「イージスアショア」の代替策まで検討しているというのですから開いた口がふさがりません。


第二次安倍政権発足前は年間の軍事費は4.7兆円程度でした。それでも多いですが5.5兆円ともなれば8000億円もの積み増しということになります。8000億円あれば医療や福祉がどれだけ充実できるか、コロナ対策がどれだけ進められるかということです。


今日も地域での訪問活動のなかで「菅さんも支持率が高いなんていうけど結局安倍さんと何も変わらないのよね。無駄なことにお金を使わないで私たちのくらしをよくしてほしいわよ」という声に出会いました。本当にこんなことをやっている場合ではありません。怒りの声を広げたいと思います。


9月25日赤旗1面