いまこそ市民と野党の共闘で安倍政治の転換を!


JR津田沼駅南口デッキで千葉2区市民連合による署名宣伝行動が行われ、立憲野党の代表と市民がともに訴えました。


私も来る総選挙で野党連合政権を実現し安倍政治に終止符をと訴えました。野党からは他に新社会党の宮川敏一さん、立憲民主党の黒田ゆうさん、れいわ新選組の三井よしふみさん、市民ネットワーク千葉県の吉沢弘志さんがそれぞれ訴えました。


DSC_1726
最後に5人の野党代表がそろって記念撮影


台風接近のなか途中で猛烈な雨が降るアクシデントもありましたが、「野党共闘で政権交代を」という宣伝はインパクトがありました。


次期自民党総裁・首相になることが確実視される菅官房長官は「安倍政治の継承」を公言し、森友・加計問題の再調査や消費税の減税も拒否しています。こうした人物が首相になっても私たちが望む政治にはまったく変わりません。


マスコミの報道はこうした点には触れず、「誰がやっても同じ」「どうせ変わらない」という方向に国民を誘導しているかのようです。安倍政治に代わる野党連合政権構想を明らかにし、「政治は変えられる」という希望を示していくことが不可欠です。


その他、新日本婦人の会、生活と健康を守る会からもあいさつがありました。雨のなか集まってくださったみなさん、準備してくださった市民連合のみなさん、ありがとうございました。引き続きともにがんばりましょう!


DSC_0636
DSC_1712
DSCPDC_0001_BURST20200906103017382_COVER
DSCPDC_0001_BURST20200906105116175_COVER
DSC_1721
訴える各野党・会派の代表

DSC_1717
途中でゲリラ豪雨のような猛烈な雨が降りましたがちょうど終わりごろに止みました