8月最後の日曜日。今日も暑い一日でしたがうれしいことがありました。


西小中台地域でこの間お世話になっていた女性が日本共産党への入党を決意してくれました。


まだ知り合って数ヶ月というところですが、しんぶん赤旗日刊紙を購読し募金にも協力してくださり、「私にできることは何でもします」と言ってくださっていたこの方に支部のみなさんと「ぜひお仲間に」と呼びかけると、「若い頃からお世話になっていた弁護士さんに呼び掛けられて応援してきたが共産党は真面目だし地域でも評判がいい。藤井聡太さんの記事など赤旗も楽しく読んでます。学もないけど生きている限りはみなさんのお役にたてることをしたい」と申込書に記入してくれました。


総選挙をたたかう力を大きくしていこうといういま、仲間が増えるのは本当にうれしいことです。支部のみなさんとも驚きつつ喜びを分かち合いました。


国民のなかに奥深い変化が起きていることを確信に8月も最後までがんばります。