今朝は新検見川駅北口でもりた真弓市議と宣伝。訴えの中心はやはり経済の深刻な落ち込みです。


昨日発表された今年4月から6月期のGDPは、年率換算でマイナス27.8%とリーマンショック時(09年1~3月期・マイナス17.8%)を超えて戦後最悪の下落幅となりました。


もちろん最大の要因は新型コロナウイルスですが、同時に新型コロナの影響が出る前からそもそも2期連続でマイナス成長となっていました。昨年10月の消費税増税による大打撃に新型コロナが追い打ちをかけた形です。


今日のしんぶん赤旗ではドイツ、イギリス、韓国などで日本の消費税にあたる付加価値税の減税に踏み出していることを紹介しています。日本でも「リーマンショック級の出来事が起これば増税しない」と言ってきたのですから、それをはるかに上回る事態が明らかになった以上、消費税減税を決断すべきです。


いずれにしても国会の開催が急務です。NHKの世論調査でも72%の人が臨時国会を開くべきだと回答しています。民主主義国家であればすぐにこの声にこたえるべきです。


61104