6日の広島に続いて今日は長崎原爆の日。午前中は生活相談の対応のため11時2分に黙とうすることができませんでしたが、ニュースで平和祈念式典の様子を確認しました。


長崎市の田上市長や国連のグテーレス事務総長のメッセージでも核兵器禁止条約への批准を求めていたにも関わらず、安倍首相はあいさつの中でやはり核兵器禁止条約に触れず。長崎の被爆者団体からは「首相は(非核保有国と核保有国との)『橋渡し』というが何もしない」と厳しい批判の声が上がっています。被爆者からは1年前、首相に長崎原爆資料館を訪問することも求められていましたがその願いにも背を向けました。


8月6日、9日に合わせて各国が批准の手続きを進めたため、核兵器禁止条約の発効にはあと6ヵ国となったそうです。核兵器廃絶を目指す世界の流れに対する深刻な逆流となっている安倍政権。一刻も早く退場してもらうしかありません。


そして明日10日はオスプレイ配備撤回を求める宣伝行動が行われます。7月10日に木更津への1機目のオスプレイ配備が強行されたことを受けて、毎月10日は千葉県内いっせい宣伝が呼びかけられています。


花見川区では午前11時から花見川団地近くのコープみらい花見川店前で行います。花見川団地ではこの間、自衛隊機の騒音に対する苦情が寄せられていますが今度はこれがオスプレイになります。


私たちが生きる未来に戦争も核兵器もオスプレイもいりません。ぜひ宣伝行動にお力添えをお願いします。


オスプレイ宣伝チラシ