今日も昼間は会議でしたが夕方からは2件の生活相談。持続化給付金の申請についてともう1件は7月10日から申請受付が始まった「文化芸術活動の継続支援事業」です。


政府の第二次補正予算に盛り込まれた同事業は、新型コロナウイルスの影響によって活動自粛を余儀なくされた文化芸術関係者の活動の再開・継続に向けた様々な取り組みを補助するというものです。


音楽、演劇、舞踊、映画・アニメーション、伝統芸能、大衆芸能など幅広い分野のフリーランスを含む個人事業者もしくは文化芸術団体が対象となりますが、何しろわかりづらい。


個人事業者でも上限20万円の補助とより積極的な取り組みを行う人への150万円の2種類の補助があり、「①国内外の観客、参加者等の回復・開拓」「②活動の継続・再開のための公演・制作方法等の検討・準備・実施」「③雇用契約の明文化等の経営・ガバナンスの近代化」など補助の対象になる事業もあいまいです。


例示されているのは「過去の公演の動画配信」「活動実績をまとめた冊子の作成・配布」(以上①)、「技芸の研鑽のための自主稽古」「動画配信サイト等を通じた無観客等公演」(以上②)、「雇用契約案の作成・電子化」(以上③)などですが、それ以外の事業も対象になりうるとされており、どんな事業が対象になるのか、審査の基準は何なのか、「より積極的な取り組み」とは何なのか、よくわかりません。


またそれらとは別枠で「感染症対応のための研修会」など、新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに適した取組が補助対象となっています。


相談に乗ったミュージシャンの方はとにかく事業計画書を作成して申請することにしましたが、文化芸術関係者の方が読んでいて嫌になってしまわないか心配です。「がんばる人は応援するよ」的な発想ではなく、ドイツのように文化芸術に携わるすべての人に届く支援にすべきではないでしょうか。今までがあまりにもひどすぎたのですから。


明日は午前10時から午後4時まで寺尾事務所で「コロナ何でも相談会」を行ないます。直接お越しいただける方はもちろん、電話でも受け付けますのでぜひ何でもご相談ください。


寺尾事務所(043-305-4922)


文化芸術活動の継続支援事業