今日の千葉2区市民連合の宣伝行動は雨天のため中止に。残念ですが仕方ありません。


午後、西小中台地域で訪問活動を行った後、夕方は八千代へ。


毎年この時期に行われてきた国民平和大行進。核兵器廃絶と恒久平和を求めて全国から広島と長崎を目指して歩く行進ですが、今年は新型コロナに配慮して行進はなし。千葉市から八千代市に向けて歩く幹線コースも行進の代わりに各駅でのスタンディングということになりました。


いつもなら近くの公園で八千代市への引き継ぎ式を行う京成八千代台駅前でスタンディングが行われ、もりた真弓市議とともに駆けつけました。八千代市からも伊原忠市議、植田進市議が参加していました。


国連で核兵器禁止条約が採択されたのが3年前の7月7日。条約の批准国は7月15日にボツワナが批准書を提出し40ヵ国に。50ヵ国に達すれば条約が発効します。


すでに署名国は81ヵ国に上っていることから発効は時間の問題ですが、唯一の戦争被爆国でありながらいまだに核兵器禁止条約から背を向け続けている日本政府の姿勢は許しがたいものです。


スタンディング中に一人の男性が「俺も広島だよ」と声をかけていきました。詳しく聞くと「3歳の時、3月に福山に疎開して自分は助かったが父親は被爆した」ということでした。条約への日本政府の批准を求める署名に黙って応じながら「がんばってな」と一言。こういう方がたくさんいるのかもしれません。


行進できなかったのは少しさみしいですが駅前でのアピールは大いに効果がありました。参加されたみなさん、お疲れさまでした。


IMG_2807
IMG_2805