昨日は幕張、花園。今日は朝から花見川団地、長作・作新台、こてはし台、西小中台・宮野木台と、この週末はとめどなく地域をまわりました。多くの方に激励とともにしんぶん赤旗読者にもなっていただきました。


コロナについてはもちろん、それ以上に共通して声が上がるのは河井前法務大臣と河井案里参院議員の逮捕について。あまりにもあからさまな選挙買収、それが安倍首相に直結していることにも「ひどいひどいとは思っていたが、ここまでひどい政治は見たことがない」と怒り心頭です。


「デパートの催事場で働いていたが3ヶ月間仕事がまったくなくなった。休業手当も出されず収入もゼロ。1億5000万円もらって何千万もばらまく人には絶対に気持ちはわからないでしょうね」という人もいました。


いま都知事選で勝利のために全力でがんばっている宇都宮健児さんは「政治は何のためにあるのか」と訴えています。


宇都宮さんはリーマンショックの時に派遣切りを受けた労働者のために年越し派遣村を立ち上げ、多重債務に苦しむサラ金被害者を守るために命を懸けて立ちはだかった人。肝の据わりかたが違います。こういう人にこそ政治をやってほしいと心から思える人です。


パフォーマンスや知名度ではなく、「本物の候補者」を選びましょう。やっぱり怒りをぶつけるのは選挙です。


IMG_20200621_233040