今日から4月。ですが、新型コロナウイルスの影響によって先の見通しがまったく立たない新年度のスタートです。


政府は自粛要請の一方で相変わらず補償には後ろ向き。これでは自粛に踏み出したくてもできません。今日もそうした声をたくさん聞きました。


さらに。千葉県は社会保障推進千葉県協議会から出されていた新型コロナウイルスに係る要望について回答を出しましたが、国民健康保険の資格証明書交付世帯への短期保険証の交付についても、窓口一部負担金の減免についても、保険料の減免についても、すべて「市町村が判断すること」と県として主体的に判断しようという姿勢がありません。


国も県も、本気で感染拡大に歯止めをかけ、住民の命と健康を守る姿勢があるのか疑わしいと言わざるを得ません。ついでに言えば、千葉市も資格証明書交付世帯への短期保険証の交付については拒否をしています。


いまが感染拡大に歯止めをかける重大局面だというのであれば、それにふさわしい本気度を行政も見せるべきです。現場は本当に限界です。


#自粛と給付はセットだろ