3・11東日本大震災と福島原発事故から9年。早いものです。


いまなお避難生活を続けている人は48000人。原発事故の避難指示が解除されても解除市町村の居住率は28%にすぎません。復興は道半ばどころか緒についたところです。原発事故の収束も目途がついていません。


10年間の「復興・創生期間」とはいったい何なんでしょうか。


津波の被害を受けた県内の被災地・旭市の仮設住宅でカビだらけの布団を干しながら「年寄りは早く死ねってことだね」と話していた被災者の言葉がいまでも忘れられません。


結局なかったことにしてしまうだけではないか。被災地の切り捨てと原発再稼働に突き進む安倍政権の姿を見れば、まさにあの被災者の言葉の通りです。


被災地の復興、被災者の生活と生業の再建に向けて最後まで力を尽くす決意とともに、このひどい政治を何としても変えなくてはならないと決意を新たにするのが3月11日です。