今日は会議の一日でしたが合間に三角町・千種町で訪問活動を行ないました。普段なかなか訪問していない地域でしたが行く先々であたたかい激励を受けました。


会議のなかでは興味深い話を聞きました。安倍政権が閣議決定だけで強行した中東への自衛隊派兵について、海運関係者でつくる「海運九条の会」が「断固抗議し、中止を求める声明」を発表したというものです。


政府が派兵の理由としている「日本関係船舶の安全確保のための調査・研究」について、「百害あって一利なし。かえって民間船舶の航行安全を阻害する危険な決定であり、憲法に反する愚策」と断じています。


もしも紛争に発展する事態になれば、最も現実的な選択肢は自衛隊に守ってもらうのではなく、「紛争地域からの速やかな離脱」だといいます。直接の当事者である海運関係者の声だけに説得力があります。


中東地域の緊張を高め、船舶も自衛隊員も危険にさらす自衛隊派兵はやはり今すぐ中止すべきです。野党結束して派兵中止を求めていきます。



 https://www.rengo-news-agency.com/2020/01/24/%E8%88%B9%E5%93%A1%E3%81%AE%E5%91%BD%E3%82%92%E8%84%85%E3%81%8B%E3%81%99%E6%84%9A%E7%AD%96%E3%81%A0-%E6%B5%B7%E9%81%8B%E4%B9%9D%E6%9D%A1%E3%81%AE%E4%BC%9A-%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E6%B4%BE%E9%81%A3%E3%81%A7%E5%A3%B0%E6%98%8E/#