多くの県民の反対にも関わらず今日から3日間の日程で開催が強行された幕張メッセでの武器見本「DSEIJAPAN」。お昼に行われた大抗議アピールにもりた真弓市議や地区委員会のメンバーとともに参加しました。


20191118130200_IMG_4062
斉藤和子前衆院議員、三輪由美県議、丸山慎一前県議らとともに横断幕を持つ寺尾さとし


6月に行われた「マストアジア」に比べても今回は明らかに規模が大きく会場前も物々しい雰囲気。しかし抗議アピールの参加者も前回の230人から今回は400人以上と大きく増えました。


IMG_1426
主催者あいさつをおこなうママの会の金光りえさん


主催者代表としてあいさつした安保関連法に反対するママの会@ちばの金光りえさんは「開催されてしまったのは悔しいが二度とこんな武器見本市が行なわれないように声をあげましょう」と呼びかけました。


IMG_1431
NAJATの杉原さん


一足先に会場内を見てきたNAJAT(武器取引反対ネットワーク)の杉原さんも報告を兼ねてあいさつ。「いままでで一番露骨に武器や戦闘機、弾薬などが展示されている。武器見本市は憲法や非核平和千葉県宣言と両立しない」として、「私たちにもできることがある。銀行に武器産業から資金を引き揚げるように迫ろう、安倍首相・森田知事に武器見本市の中止を迫ろう、それができないなら彼らを取り換えよう」と訴えました。


IMG_1438
井上さとし参院議員


今回は日本共産党の井上さとし参院議員も参加しました。「かつて武器輸出三原則のもとで日本は防衛産業を振興しないことを誇っていたが、いまは辞任した菅原前経産相が『防衛産業は成長戦略の一丁目一番地』などと言っている。こんな国を誰が望むか」と安倍政権の姿勢を強く批判しました。他にも立憲民主党の宮川伸衆院議員、日本共産党の小池晃書記局長などからメッセージが送られました。


参加者のリレートークでは韓国からの発言もありました。韓国でも武器博覧会に反対する運動が行われているそうです。「平和運動には連帯が必要。私たちの力を集めて武器博覧会をやめさせましょう」という訴えに大きな拍手を送りました。


IMG_1456
参加者でダイイン(die-in)を行いました


その後、みんなで人間の鎖をつくり、前回に続いて抗議の意思を示す「ダイイン」も行われました。最後に再度「武器はいらない」とコールして抗議の行動を締めくくりました。明日以降も午前10時から海浜幕張駅前で抗議行動が行なわれます。


20191118130525_IMG_4068
最後にあらためてコール


今回の行動は前回より多くのマスコミからも注目を集めました。すでに来年のマストアジアは幕張メッセではなく東京都内で開かれることが決まっていますが、二度と武器見本市をやらせないために「千葉を武器取引のメッカにするな」「日本から武器見本市はいらない」という声を上げていきたいと思います。参加されたみなさん、お疲れさまでした。そしてママの会をはじめ準備されたみなさん、ありがとうございました。引き続きがんばりましょう。