今日は治安維持法国賠同盟千葉県本部理事会、寺尾事務所の法律相談、市政懇談会などいろいろありました。


国賠同盟ではこの間普及を進めてきた「飯島喜美の不屈の青春」の出版を記念しての講演会を行います。著者の玉川寛治さんはもちろん、日本共産党中央委員会副委員長の広井暢子さんを招いて千葉県が誇る戦前の女性活動家・飯島喜美の功績を学びます。詳細はまたお知らせしますが11月4日です。


IMG_0295
千葉市議団主催の市政懇談会で質問に答える中村きみえ市議


法律相談のあとに日本共産党千葉市議団主催の市政懇談会にも参加しました。懇談会では基調報告を野本信正市議団長、保育についてあぐい初美市議、高齢者交通支援についてかばさわ洋平市議、国民健康保険についてもりた真弓市議、市立病院問題について中村きみえ市議、環境問題についてふくなが洋市議と各市議がそれぞれ報告し、参加者からの質疑応答・意見交換を行いました。


質疑応答でも様々な質問が出され勉強になりました。高齢者の移動支援では堺市の経験が詳しく紹介されました。堺市では交通不便地域でデマンドタクシーを運用するとともに、「おでかけ応援バス」として高齢者は100円でバスに乗ることができる制度を実施しています。100円でどこでもおでかけができるということで、6億円の経費に対して利用者の外出増加による経済波及効果が約8.8倍の55.7億円に上っています。地域からも強い要望が寄せられています。ぜひ千葉市でも実現させたい。


その他にも災害問題、ゴミ問題、病院問題など途切れることなく質問が続きました。市議団では千葉市の来年度予算編成に向けての市政要望アンケートにも取り組んでいます。市民の声を市政に反映させるために奮闘する市議団と引き続き力をあわせます。