住民のみなさんから多くの要望が寄せられている公共交通の充実。人口減少・高齢化が進むなかで鉄道やバス路線の休廃止が相次ぎ、住民の移動の自由を保障するために新たな探求が求められています。


とりわけこの間の選挙でも争点となったデマンド(乗合)タクシーは千葉県内・花見川区内でも強い要求があります。地域の発展にも関わる切実な問題としてぜひ実現を図りたい。


そこで「あたらしい千葉・みんなの会」主催で学習会が開かれます。いまなぜデマンドタクシーの必要性が高まっているのか、全国の先駆的な事例はどんなものがあるのかなど、市民の立場に立った交通政策とはどうあるべきかなど、公共交通政策の専門家である可児紀夫さんからお話しいただきます。


8月29日(木)午後6時から千葉市民会館3階・特別会議室2です。資料代300円。ぜひご参加ください。


デマンドタクシー学習会チラシ