参議院選挙投票日まで残り5日。朝の京成八千代台駅から宣伝カーが出発するということでもりた真弓市議と8時から訴えました。その後のこてはし台でも訴え、夜は中村きみえ市議、小松実元県議らとともに幕張駅北口でお帰りなさい宣伝にも取り組みました。


IMG_9807
朝の京成八千代台駅で

20190717193435_p
夜の幕張駅北口で


宣伝とともに貴重な取り組みもありました。こてはし台ではある後援会員の娘さんと対話になり、選挙について聞いてみると「あまり関心はないですね~。親が入れるところに入れます」という感じ。年金や消費税などひとしきり話しますがあまり関心は示しません。政治に期待することも「特にありません」とのこと。


しかし仕事について聞いてみると「今日も夜から仕事です」といいます。さらによくよく聞いてみると小学生のお子さんを持つシングルマザーでした。子ども医療費や就学援助の拡充、義務教育無償化などでようやく話がかみ合い、「もっと子育てを応援してほしい」という要求がわかりました。最後は「共産党と浅野さんですね。わかりました」と話してくれました。やっぱり一方的に話してはいけない、相手の要求や実態を聞かなければと原点に帰りました。


午後は遅まきながら幕張、朝日ヶ丘で地元の方とともにコンビニ訪問に取り組みました。共産党の緊急提言とアンケートを持ってオーナーさんや店長さんを訪ねていきましたが、「オーナーは夜中にならないと来ません」という店もありました。


そんななか話ができたオーナーさんからは「24時間営業もロイヤリティーもわかっていたこと。いまさらという思いもある。一部の人が言っているだけでは?」という率直な声もありました。一方で「夜間の人の確保が大変」「ライバル社のコンビニが近くにどんどん出店してきて過剰競争になっている。出店を規制するルールをつくってほしい」という声もあり、やはり実態は深刻です。これもまたやってみなければつかめない声でした。


様々な人の声を受け止めつつ、何としても選挙勝利を。最終盤の19日(金)には志位和夫委員長が再び千葉に来ます。なんと「世界がもし100人の村だったら」で有名な翻訳家・池田香代子さんも応援演説をしてくれます。もちろんしいばかずゆき、浅野ふみ子両候補も渾身の訴えを行います。お昼12時からJR千葉駅前です。ぜひお越しください!