第3回千葉市病院事業のあり方検討委員会が開かれ傍聴してきました。


傍聴は初めてですが傍聴者用の席は38席分確保されたとのことで前回よりは増えたようです。先日の申し入れが配慮されたでしょうか。


今日の議題は「医療提供体制について」。海浜病院をはじめ今後の市立病院のあり方を左右する中心点です。大きく「1.検討にあたっての基本的な考え方」「2.病院の体制と規模」「3.新病院の建設候補地」「4.経営形態」の柱で資料が示され審議が行なわれました。


まずこの間の議論を踏まえて、救急医療の充実や小児・周産期など政策医療の確保を考慮すれば老朽化した海浜病院に代わる新病院の整備が必要という方向性が出されました。


そのうえで新病院の整備のあり方については、A、B、B´という3つのパターンが示されました。Aは青葉、海浜という現状の2病院の病床規模を2030年以降もそのまま維持するパターン、Bは両病院を統合するパターン、B´は新病院を現状の海浜病院と同じ300床程度で稼働させ、2030年以降に機能分担を図り新病院に救急医療など急性期機能を集約したうえで、青葉病院は回復期・慢性期機能を主に担う病院として縮小再編成するというものです。


委員からは「花見川区、美浜区など千葉市西部は急性期病床が不足している。あの地域で救急医療を担うしっかりとした病院が必要」「海浜病院のハードの状況を見れば建て替えは急務」などの意見が出され、速やかな海浜病院の建て替えを市が責任を持って行うべきというのは大多数の意見であったと思います。

一方で新たに整備する病院については現状の機能をそのまま担うのではなく、青葉病院の機能を一部集約すべきだという意見もかなりありました。資料にも書かれていたように、機能を集約すれば「効率的な経営が可能」「経営改善の可能性が高まる」というのが最大の理由です。国もその方向を強く打ち出しています。


しかし青葉病院も現状で年間4000人を超える救急患者を受け入れており、救急医療・急性期機能を新病院に集約するというのも現実的ではありません。どちらの病院も拡充が求められています。この辺りは委員のなかでも意見が分かれていました。


また海浜病院の建て替えについても、市は現在の医療機能をベースに考えれば現在地での建て替えは可能としましたが、委員からは「現実的でない」「代替地を確保すべき」という意見が大勢を占めました。BやB´であれば病院の規模を拡大しなければならず、計画の長期化や経営への影響が大きくなります。


また経営形態の見直しについても、「当面は建て替えを優先し、現状(地方公営企業法全部適用)を維持すべき」という意見が出される一方で、「地方独立行政法人化(独法化)すれば人件費は安くなる。経営改善という点ではそこしかない」などの意見もあり、今後の方向性がはっきりとしませんでした。

独法化すれば病院の権限が強まり柔軟な運営が可能になる一方で経営改善の努力はより強く求められます。職員は公務員としての身分を失うため待遇悪化が懸念されます。予算の議決も必要なくなるなど議会の関与も弱まります。これだけでも独法化は問題です。


次回の検討委員会ではいよいよ答申原案が出されます。引き続き運動を広げ、市民の立場で市立病院が果たすべき役割を求めていきたいと思います。