ついに危惧していたことが現実になりました。


昨日、原田防衛副大臣が木更津市を訪れ、今年度末までに陸上自衛隊オスプレイを自衛隊木更津駐屯地に「暫定配備」することを要請しました。


「暫定」とはいうものの、当初の配備予定先である佐賀県の佐賀空港の配備の目途はたっていません。当初言われていた長崎県佐世保市・相浦駐屯地の水陸機動団との一体的運用や、南西諸島などの「島嶼防衛」という目的も完全に破たんしています。


木更津市の渡辺芳邦市長は「受け入れの可否を検討する」と即答を避け、議会や住民への説明を求めたそうですが、昨年4月に私たちと懇談した時には「暫定配備というが、佐賀県がどうなるのかはっきりしていないのに暫定になるかどうかもわからない」「恒久配備はまったく想定していない。配備はないということを条件に定期整備も受け入れてきた」とはっきり話していました。この言葉に照らしても受け入れる条件はまったくありません。


オスプレイが配備されれば木更津だけでなく、県内でも習志野演習場で訓練を行うことが想定されています。いつ墜落するかもわからないオスプレイが日常的に千葉県をはじめとする首都圏上空を飛び回ることになります。


どこからどう考えても木更津への暫定配備など許されません。オスプレイの配備方針そのものを根本的に見直すべきです。木更津市とともに、この間も報道が相次いでいたのに「防衛省からは何も聞いていない」と明言を避けてきた千葉県の姿勢も問われます。


赤旗オスプレイ記事
本日付けしんぶん赤旗