船橋市議会議員選挙も投票日まであと2日。今日は電話かけとともに支部のみなさんとハンドマイク宣伝にも取り組み、前原西地域で11ヶ所ほどで訴えました。声援も数多くありました。


最終盤に来てますます力が入る金光りえ候補の訴えにも大きな反響が寄せられています。


今日は夕方、金光事務所にある男性が飛び込んできました。元教員というその男性は怒り心頭で「ぜひ話を聞いてもらいたい」と言います。


聞けば「教員を再任用になって国民健康保険になったが、国保料がこんなに高いと思わなかった。年間で51万円とは常識の範囲を超えている。物事には限度がある!」とのこと。


日本共産党は全国知事会や市長会も求めている1兆円の国庫負担増を行い、協会けんぽ並みに保険料を引き下げることを求めていると話すと、「そんなことは知らなかった。新聞にも載っていない」と驚いていました。


いろいろ話して「ぜひがんばってくれ」と意気投合しましたが、そもそもなぜ金光事務所に来たかと言えば金光さんが国保料引き下げを大きなテーマに街頭で訴えていたからだといいます。


訴えが届けばいまの政治への怒りに火をつけ、支持や共感が大きく広がる面白い情勢になってきました。ゴミ袋代大幅値上げ問題も然りです。


最後まで政治を変える展望と政策を訴え抜いて、何としても金光さんを押し上げます。


IMG_8164
津田沼駅北口でのお帰りなさい宣伝