今日から2月定例千葉県議会が開会しました。


森田知事はあいさつのなかで野田市の児童虐待死亡事件に触れましたが、行政トップとしての反省や謝罪の言葉もなし。「第三者検証委員会で検証する」というばかりで、私たちが先日の申し入れで求めた県独自の検証も明言しませんでした。


あいさつのなかで触れたのもほんの少し。「二度と起こさない」という姿勢は伝わってきませんでした。


日本共産党は2月18日(月)午前10時からみわ由美県議が代表質問に登壇します。来年度予算を県民本位に組み替える提案、公共事業のあり方、働き方改革、国民健康保険などとあわせて今回の児童虐待死亡事件についても取り上げます。チバテレビでの生中継もありますのでぜひご注目ください。


2月25日(月)~27日(水)の予算委員会では岡田幸子県議が質問に立ちます。介護・保育、教育、生活道路・県営住宅など多岐にわたるテーマで県の姿勢を質します。こちらもぜひご注目を。


この間の日本共産党県議団の実績などをお伝えする新しい県議会報告もお配りしています。何よりも命と暮らしを守る県政の実現がいよいよ問われます。統一地方選挙前最後の議会に全力を尽くします。


県議会報告1面
県議会報告2面