今朝は今年最後の駅頭宣伝。新検見川駅で中村きみえ市議とともに訴えましたが、とにかく寒かった。一日を通じて凍えるような寒さでした。それでも北国の人たちからすれば笑われるような話かもしれませんが。


IMG_6443 - コピー


毎週金曜日にさつきが丘で行っている朝市宣伝も今年最後。もりた真弓市議とともに訴えたあと、商店街をご挨拶してまわりました。あるお店では「消費税は上げても仕方がないのかもしれないけど税金の使い方が問題だと思うんだよね」という話から30分以上にも渡って対話になり、税と社会保障のあり方、ブラック企業、学費と奨学金など様々な分野に話が広がっていきました。


「共産党は反対ばかりじゃなくて、もっと積極的に提案した方がいいですよ」という声も。最近でも国保料の引き下げや教職員の多忙化解消などいろいろな提案をしていますが、もっとわかりやすく積極的に知らせる工夫が必要です。


午後は長作地域で訪問活動を行ないましたが、ここでも対話が弾みました。消費税増税の一方で軍備大増強を図る安倍政権に対して、「空母をつくってステルス戦闘機を載せるって?いったい何を考えてるの?」と怒りをぶつけてきた方もいました。全国4位の財政力を持っているのに医療・福祉は最下位クラスの千葉県の実態にも驚きの声が上がりました。


やはり地域での対話には学ばされることがたくさんです。年末に向けいよいよこれからが正念場。寒さに負けていられません。