先日の台風24号の被害ですが、日がたつにつれ千葉県内でも大きな被害が広がっていることが明らかになってきました。


大きな被害を受けているのが農林水産業です。大根、キャベツ、人参、ねぎなど農作物被害は13.4億円、ビニールハウスなどの農業施設等が3.6億円と用排水施設、水産業施設等も含めて被害総額は17億円を超えています。


県は昨日の農林水産常任委員会で今回の台風被害に財政支援を行うことを表明しました。県の「農業災害対策資金」を活用し、経営再建にかかる運転資金や設備資金の借り入れに対し、金利負担の一部、または全額を市町村を通じて補助するといいます。こうした支援は重要ですが、借り入れだけでなく直接的な支援を行うなどさらに拡充させる必要があります。


来週にもまた台風の接近が予想されています。くれぐれも備えを万全にしたいものです。