台風が直撃している沖縄ですが県知事選挙はいよいよ明日が投票日。安全を確保しつつ、最後まで玉城デニー候補の支持を広げたい。沖縄にお知り合いがいらっしゃる方は一声、デニーさんへと呼びかけていただきたいと思います。


さて今日は九条の会・千葉地方議員ネットの総会でした。2005年に発足した地方議員ネットは全国でも珍しい憲法9条を守るという一点で結集し活動する超党派の地方議員ネットワークです。中村きみえ市議、もりた真弓市議とともに参加しました。


IMG_5624
九条の会・千葉地方議員ネットの総会


前半の総会では昨年度の活動を振り返りつつ、今年度の活動計画も提案されました。今年度はすでに6月に首都大学東京の木村草太教授を招いた大規模な講演会を行っていますが、統一地方選挙の前年でも活動を停滞させないように12月22日に「安保関連法に反対するママの会@ちば」などが開く講演会(ゲストは東京新聞記者の望月衣塑子さん)への参加など他団体との共同や支援も位置づけることを確認しました。


今回、地方議員ネットとして新たに全会員分ののぼりを作製し、街頭宣伝などで活用していくことも決めました。昨年に続いて来年も幕張メッセで「武器見本市」が計画され、改憲派と言われる人たちも市民集会を計画するなど情勢は激しくなっています。さらに地方議員ネットの活動を発展させないといけません。


IMG_5625
いつもお世話になっている島貫美穂子弁護士


後半は「安倍改憲の問題点と情勢」というテーマで千葉中央法律事務所の島貫美穂子弁護士による学習会でした。「必要な自衛の措置を取ることを妨げず…自衛隊を保持する」と憲法9条に自衛隊を明記する自民党改憲案ですが、最大の問題点は「必要な自衛の措置」にはどこまでの範囲が含まれるのかが極めてあいまいだということです。


「専守防衛・個別的自衛権」なのか、安保法制で認められている範囲の集団的自衛権なのか、それとも全面的な集団的自衛権なのか、憲法上はまったく明らかにされず、すべて「法律の定めるところにより」と法によって規定されます。


これだけでも憲法上、自衛隊の活動に対する制約がまったくなくなることは鮮明です。事実上の国会への白紙委任です。


島貫さんは、自衛隊が憲法に明記されることで軍事費のさらなる増大、徴兵制の合憲化、軍産学複合体の形成など国民生活への計り知れない影響がもたらされることも具体的に告発しました。


安倍改憲を許さないために、秋の臨時国会や来年の通常国会での改憲発議を許さず、参議院選挙で改憲派議員を3分の2以下に減らすことが決定的です。そのために野党共闘を発展させることの重要性も強調されました。相手側も決して当初の思惑通りには進んでいません。憲法を守る大きな共同の運動を急いでつくっていきたいと思います。


9条の会・千葉地方議員ネットのぼり
議員ネットで作製したのぼりのデザイン