いよいよ沖縄県知事選挙が告示されました。マスコミでも翁長前知事の遺志を引き継ぐ「オール沖縄」の代表である玉城デニー候補と安倍政権丸抱えの佐喜真惇候補との「事実上の一騎打ち」と報道されています。


言うまでもなく最大の争点は辺野古への新基地建設の是非です。半永久的に米軍基地に苦しめられ続ける沖縄を選ぶのか、自立した沖縄の発展を目指すのかということでもあります。そして基地建設のためには手段を選ばない安倍政権の民主主義破壊、強権的・暴力的な政治手法を許していいのかも問われる選挙です。沖縄のみならず日本の未来がかかった選挙、玉城デニーさん勝利のために全国から支援を呼びかけます。


さて今日から9月定例千葉県議会も開会しました。週明けには本会議質問も始まります。日本共産党からは25日(火)に丸山慎一議員が代表質問に登壇します。今回は知事の政治姿勢をはじめ、オスプレイ、石炭火力、カジノと依存症対策、県立高校の施設整備とエアコン設置、道路問題、障害者福祉、鉄道駅の無人化、などなど幅広い項目について取り上げます。どの問題も切実な課題であり県の姿勢が鋭く問われているものばかりです。


27日(木)には岡田幸子議員が一般質問に登壇します。こちらは教員の多忙化や県立高校の統廃合計画など教育問題、農業支援などを取り上げます。どちらもインターネット中継があり、代表質問はチバテレビでも中継されます。もちろん県議会に直接傍聴にお越しいただくことも大歓迎です。傍聴の申込みは共産党県議団事務局(043-223-2544)まで。ぜひご注目ください。


SCN_0125