毎週金曜日は新検見川駅南口で中村きみえ市議と宣伝し、その後はさつきが丘で朝市宣伝というのが定番です。昨日から千葉市議会が開会したことでさつきが丘が地元のもりた真弓市議はお休みですが、今市議会で審議されるエアコン署名には相変わらず大きな反響がありました。


IMG_5509
さつきが丘で


9月定例千葉県議会も来週13日が開会日。今日は健康福祉部に関わる補正予算や議案のヒアリングをしましたが、9月5日には今年度初の千葉県国保運営協議会も開かれていたので資料をもらいました。


都道府県単位化初年度である今年度の県内54市町村の保険料(税)率も明らかになり、昨年度に比べて「変更なし」が32、「引き上げ」が2、「引き下げ」が9、「引き上げと引き下げが混在」が11という結果でした。


国は都道府県単位化にあたって3400億円の公費拡充(2015年度から1700億円、今年度からさらに1700億円)を行いましたから、当然その分保険料は下がるべきです。


しかし実際には医療費が年々上昇していることに加えて、国の公費拡充があったことで、それまで各市町村が一般会計から繰り入れて保険料軽減に充てていた分が削減・解消されたものと考えられます。


さらに都道府県単位化のもとでは、「市町村どうしが支えあう」仕組みとして所得水準が高く、より医療費がかかっている市町村ほど負担が重くなります。ただでさえ高い国保料がさらに引き上げられる市町村まであるというのは到底納得できるものではありません。


結局このままでは遅かれ早かれ、高齢化に伴って全市町村で保険料の引き上げということになってしまいます。国は社会保障制度としての国保運営に責任を持ち、抜本的に負担を増やすべきです。県もその立場に立って責任を果たさなければなりません。