西日本を中心に台風21号によって大変な被害がもたらされています。心よりお見舞いを申し上げます。いまが強風のピークの関東地方も引き続き警戒が必要です。


さて今週の土曜日、日弁連人権大会のプレシンポジウム「子どもの見えない貧困」が千葉市内で開かれます。基調講演を行うのは現在放映中のテレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の原作者・柏木ハルコさん。原作のマンガやドラマでも生活保護世帯の実態をリアルに描いています。


安倍政権のもとで貧困と格差が広がっていますが、子どもの貧困は見えづらくさせられています。千葉県にも子どもの貧困対策推進計画がありますが、県内の子どもの貧困率もつかんでいません。当事者や専門家の方が話す今回のシンポジウムであらためて子どもの貧困の実態について考えたいと思います。


9月8日(土)13:00~16:00。会場は千葉県弁護士会館3階講堂。参加無料・申込み不要です。


人権集会プレシンポチラシ