今日も長作地域での訪問活動を行いましたが、昨日に比べたら幾分楽でした。さらに袖ケ浦福祉センターについてのヒアリングも。問題点がさらに明らかになりました。


さてまもなく9月。自民党の総裁選挙が行われ、安倍首相はこれを契機に一気に改憲への動きを加速させようとしています。自民党麻生派から「来年の参院選前に改憲の国民投票を」という提言を受け取り、「基本的な考えは全く同じだ」と答えたそうです。冗談じゃありません。


安倍首相が国政選挙で改憲を正面から掲げてたたかったことは一度だってありません。選挙が終わったらさもすべて信任を得たかのように悪法を数の力で押し通してきたのがこの間の常とう手段です。


臨時国会での改憲発議を許さないために、いまは世論と運動を大きく広げるほかありません。市民アクション花見川では9月も連続して署名行動・スタンディングに取り組みます。力をあわせて安倍首相の改憲策動を打ち破りたいと思います。ぜひご参加ください。


1809市民アクションチラシ