数十年に一度といわれる西日本一帯の豪雨によって死者46人、70人以上が安否不明と大変な被害になっています。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


日本共産党も対策本部を設置し、各地の議員が対応に奮闘しています。いまなお救助を求めている人もいます。これ以上の被害を食い止めるために全力を尽くしてほしい。千葉県からも求められている救援・支援を行いたいと思います。


そうかと思えば先ほど千葉県では最大震度5弱の地震が発生。突然緊急地震速報が鳴り、それと同時に長い横揺れが続きました。花見川区は震度3で我が家も被害はありませんでしたが、念のため引き続き警戒する必要がありそうです。


それにしても、これで東海第二原発の再稼働など狂気の沙汰としか言いようがありません。災害への備えという意味でもまず真っ先に行なうことは廃炉を決定することでしょう。


日本共産党千葉県委員会と党県議団は昨日、東海第二原発の再稼働中止を求める声明を発表しました。今年11月で稼働期限40年を迎える老朽原発がもしも過酷事故を起こしたら千葉県にも計り知れない被害をもたらすことになります。


災害対策にも逆行する原発再稼働はきっぱりと断念を-千葉県で大きな世論にしていきたいと思います。


DSC_0347