本日付しんぶん赤旗では後期高齢者医療制度の月額保険料が全国平均で1.2%(72円)増の5857円になることが報道されていました。2012~13年度から一貫して上がり続け4期連続の引き上げです。


千葉県は73円増の6050円。全国平均を上回るとともに、前期に比べて上がったのは首都圏1都3県のなかで千葉県だけです。神奈川県や埼玉県では県が管理している財政安定化基金を取り崩して保険料を引き下げています。66億円をため込んでいる千葉県でも取り崩すべきですが2025年まで一切手をつけないつもりです。


年金額は据え置きなのに世帯によっては年間1万円、月に800円以上も上がる世帯もあります。介護保険料や利用料の値上げとあわせて高齢者世帯をいじめぬく安倍政権の姿勢が表れています。長生きすることを申し訳なく思わせるような政治ではいけません。


2018040201_04_1

2018040201_04_1b