総選挙後も引き続き広がる市民と野党の共闘!


今日は千葉2区市民連合としての「安倍改憲NO!」3000万人署名宣伝行動でした。衆議院千葉2区を構成する習志野市、八千代市、花見川区それぞれからの参加者がJR津田沼駅南口に集まり、署名やシールアンケートを呼びかけました。


IMG_2577
立憲民主党の生方幸夫衆院議員


野党各党の代表も参加。立憲民主党からは生方幸夫衆院議員(県連代表)が駆けつけ、「野党共闘をしっかり進め、憲法を守るために全力をあげる」と訴えました。立憲民主党からは総選挙で千葉2区から立候補した樋口ひろやすさんも参加していました。


IMG_2582
訴える寺尾さとし


日本共産党を代表して私も訴え。海外派兵型の大軍拡予算や自衛隊習志野演習場のパラシュート降下訓練始めへの米軍の参加、木更津駐屯地でのオスプレイ定期整備拠点化など憲法9条改悪を先取りする動きがすでに県内で進んでいることを告発しました。


IMG_2585
新社会党の宮川幸男さん

IMG_2588
市民ネットワーク千葉県のまきけいこさん


さらに新社会党の宮川幸男さん、市民ネットワーク千葉県のまきけいこさんなどが続けて訴えました。社民党、自由党は都合のため欠席でした。


通りかかった人からも「これはどこがやっているんですか?」と聞かれましたが、「市民のみなさんと政党がいっしょに憲法9条を守るために行動しているんですよ」と話すと「そうなんですか?がんばってください」と署名に応じてくれました。


IMG_2590
津田沼駅南口にのぼりがはためきました


1時間余りの宣伝には31人が参加、47筆の署名が寄せられました。予備校生だという19歳の女性は、「安倍首相は人の話を聞かないイメージ。民主主義なのに。でもまわりのみんなも選挙に行かないんですよね」と話してくれました。やはり共闘によって「政治は変わる」という希望を広げていくことが求められています。


千葉2区市民連合では3月に花見川区、5月にも八千代市で合同の宣伝行動が計画されています。さらなる共同の前進に向けて力を尽くします。