今日は成人の日。毎年恒例の千葉市成人を祝う会に参加し、開会前にはしいば寿幸参院比例候補、千葉市議団とともに新成人のみなさんにお祝いの宣伝を行いました。


IMG_2367
訴えるしいば寿幸参院比例候補と千葉市議団、寺尾さとし


今日新成人を迎えたのは全国123万人、千葉県62988人、千葉市9757人です。宣伝では「新成人意識調査」というシールアンケートも行いましたが、「憲法9条変えないで平和な日本を続けたい」という声が意外と多かったことにびっくり。日本の平和を真剣に考えています。


IMG_2373
シールアンケートの結果


「大学の学費を10年間で半額に。給付制奨学金を70万人に支給」「最低賃金を時給1500円以上に。ブラックな働き方をなくして月の残業時間は45時間以内に」などの訴えに対しても、対話になったある男の子が「自分も大学進学したかったけど学費が高すぎてあきらめました。こういう政策はいいと思います」と共感し、安倍9条改憲ノーの署名にも応じてくれました。


式典ではパラトライアスロン選手の秦由加子選手、千葉ロッテマリーンズの有吉優樹選手、千葉ジェッツの伊藤俊亮選手からビデオメッセージが寄せられ、「二十歳の決意」として千葉市出身の女優・飯豊まりえさんの決意表明もありました。これも毎年恒例の「2分の1成人」として新宿小学校4年生からのお祝いメッセージも。最近の小学生は本当にしっかりしてます。


IMG_2380
「二十歳の決意」を表明する飯豊まりえさん

IMG_2386
「2分の1成人」としてお祝いのメッセージを送る新宿小学校4年生のみなさん


いまの政治は最初の入口のところで若者の夢や希望を奪っています。こんな社会に未来はありません。日本共産党が若者の願いに応える政策を持っていることに自信を持って、「力をあわせて政治を変えよう」という訴えを広げていきたいと思います。新成人のみなさん、おめでとうございました!