今日は比較的過ごしやすい陽気でした。お昼は花見川団地後援会・きさらぎ会の納涼会。もりた真弓市議とともに市政・県政について報告し、自衛隊木更津駐屯地でオスプレイの定期整備にとどまらず、暫定配備まで検討されていることについて訴えました。


IMG_0906


その後の交流では核兵器禁止条約の採択や民進党代表戦など様々な問題が話題に上がりましたが、特に口々に語られる戦争体験者の方のお話は胸に迫りました。南方に出征していた父親の艦船が砲撃によって沈められ200数十人中父親を含めて数名しか生き残らなかったこと、戦後の食糧難のなかでさつまいもの蔓(つる)の煮物ばかり食べていたこと(今日も出されていて初めて食べました)、不味いコッペパンと脱脂粉乳という戦後すぐの給食のことなど、「絶対にあんな時代は繰り返してはいけない」と語りあいました。


前後の時間では花園地域などで訪問活動に取り組みました。北朝鮮問題などで不安も出されましたが、「戦争だけは絶対にダメ」という声は誰もが共通していました。テレビの報道に流されず、平和の声を上げ続けていくことの大切さをあらためて実感しました。