神戸です。


前日泊まって今日は午前中、丸山慎一県議とともに日本共産党兵庫県議団から石炭火力発電所建設問題についてお話を伺いました。お忙しいところ対応していただいて本当にありがとうございました。


IMG_0847
日本共産党兵庫県議団と


兵庫県では関西電力による赤穂発電所の石油から石炭への燃料転換計画が進められていましたが、法の対象ではない事業者による自主的な環境影響評価(アセスメント)の手続きのなかで、「CO2排出量の削減策が示されていない」「住民とのコミュニケーションがはかられていない」などの知事意見が出され、今年2月、関西電力は計画を断念しました。


地元でも住民による学習会が行われていたことや漁協からも声が寄せられていたこと、兵庫県議団も議会で継続的に取り上げてきたことなどを聞き、問題の背景がよくわかりました。


IMG_0871
兵庫県の各担当課から


午後は千葉県議団の他のメンバーとも合流し、兵庫県の担当課から話を聞きました。石炭火力の問題とあわせて聞いたのは、今年3月に県レベルで初めて制定された太陽光発電施設の設置に関わる条例(太陽光発電施設等と地域環境との調和に関する条例)について。


事業区域の面積が5000㎡以上の施設(12月からはたつの市など4市町は1000㎡以上)が届け出の対象となりますが、①景観・緑地保全、②防災上の措置、③安全性の確保、④廃止後の措置、⑤その他という施設の設置基準が定められ、住民など近隣関係者への説明も義務付けられています。無秩序な太陽光発電施設の建設を抑制する役割が期待されています。


さらに若手社員の奨学金返済支援を行う中小企業への補助制度についても伺い、中小企業への人材定着のための姿勢に学びました。


IMG_0851
IMG_0855
阪神・淡路大震災記念「人と防災未来センター」


合間の時間には阪神淡路大震災を記念してつくられた「人と防災未来センター」にも行ってみました。震災の記憶を風化させないための様々な展示や映像、ボランティアの方の語り部活動などとても重要な施設だと感じました。


一日だけでしたが内容の濃い視察でした。関係者のみなさんには大変お世話になりました。千葉県での施策の前進に生かしたいと思います。